投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【天皇賞春2020の有力馬診断(後篇)】~関西遠征競馬(阪神京都小倉)では成績急落“平地通算94戦1連対”の菊沢厩舎所属ミッキースワロー~

☆天皇賞春の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在10位台)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
完全版DMMオンラインサロンについて、コロナによる開催休止リスクを考慮して4月6日より募集一時休止としていましたが、そのリスクは相当低くなっている情勢ですので…明日5月1日より募集再開致します。最初の10日間は無料でお試し頂けますので、是非ご検討頂けますと幸いですm(__)m
--------------------
【天皇賞春の有力馬診断(後篇)~関西遠征競馬(阪神京都小倉)では成績急落“平地通算94戦1連対”の菊沢厩舎所属ミッキースワロー~】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
80p98
―シルヴァンシャー牡5Mデムー58池江寿(栗東)

動きたがるデムーロ騎手は我慢が大事な長距離(特に内有利コース)では信頼ならず。過去の好走例は少頭数立てか外有利馬場のイレギュラー状況での嵌まりでしたが、今回の内有利傾向強い天皇賞春では同戦法は低確率戦法と言えます。
馬も長欠明け初戦でワケ有り感が読み取れる坂路調教オンリー(特に長丁場戦に挑むにもかかわらず)。過去の同調教パターン時は1人4着と人気を裏切っていました。


―スティッフェリオ牡6北村友58音無(栗東)
まずは前走日経賞時の予想見解を参照↓
『3走前天皇賞秋は超G1級ペースに付いて行った分の大敗。
2走前有馬記念もHペース2番手競馬では何があっても無理という競馬での大敗。
それら超G1レースから自己条件ともいえる並G2レースに戻った前走AJCCは巻き返すべき番でしたが、さすがにG1で2度も続けて厳しい競馬をした反動からか調教時計を出せていなかった臨戦過程で見せ場なくの敗戦でした。
そこから一息入れた今回、最終追い切りこそ案外でしたが、それでも中間も含めれば前走時よりも格段に調教をやれていますので…ワケ有り3連続凡走からG2に本調子で挑めるならば巻き返せると見ます。』

・・・
OP昇級以降、G1ではまるで良い所無しの戦績ですが、G2G3では前走まで4戦3勝だったという馬。
2走前AJCCの敗因は上記の通りで、やはり本来のデキで自己条件レースに出走できればこれ位は走れて当然だったというコトでしょう。

今回のG1級ではやや力不足感があるのと、距離不安と同厩ダンビュライトの存在もあるのか、音無師から中団で溜める競馬の指示が出ている点が懸念材料。
1000万下でも1600万したでもOPクラスでも溜める競馬では足りずに、積極策に出た場面で激走してきたキャラだけに…その戦闘力半減の差す形のスティッフェリオに魅力はあまりありません。


★フィエールマン牡5ルメール58手塚(美浦)
見解は完全版(メルマガ/DMMオンラインサロン)限定提供とさせて頂きますm(__)m


▽モズベッロ牡4池添58森田(栗東)
まずは2走前日経新春杯後の回顧文を参照↓
『今回は素質開花の激走か。3戦目若葉Sに騎乗した和田騎手は「長い目で見たい。走ってくる。素質はピカイチ」と振り返っていましたが、その後も格上挑戦を繰り返されていた様に当所から大きな舞台でやれる何かを見せていた馬でした。今回は軽ハンデ52も味方した勝利でしたが、京都下り坂で俊敏に動けて内有利馬場を外差しでブッコ抜いた競馬はキチンと強い競馬でした。まだまだ成長中の身だけに、この先に斤量を背負うことになってもそれ以上に走れる馬になってくる可能性が高いと見ます。』
・・・
前走日経賞でもモタれ気味の走りで完成はまだ先に思えますが、それでも斤量増やコース替わりも乗り越える急進化が窺える好走。
今回は京都コース替わりはプラスでしょうが、ただし器用な立ち回りが問われる天皇賞春となると…もう少し自在性を身に着けてからという感もありますが・・・。


―メロディーレーン牝4岩田望56森田(栗東)
菊花賞組からは勝ち馬ワールドプレミアが有馬記念でも通用しましたが、それ以外の次走出走馬は14頭中12頭が馬券外に沈んでいます(その半数以上は条件クラス戦でも足りずの結果)。
メロディーレーンの前後の着順の馬も「ヴェロックス・ディバインフォース・レッドジェニアル」と古馬重賞には返り討ちに遭っている馬ばかりでした。
それがベスト戦績というメロディーレーンも、現状での上級レベル戦での通用は見込み辛いです。


▽ミッキースワロー牡6横山典58菊沢(美浦)
まずは前走日経賞後の回顧文を参照↓
『他馬を気にする面がある馬で、菊沢騎手騎乗時には安易な後方競馬ばかりでしたが、横山典騎手騎乗時にはキチンと位置を取りに行く姿勢は見せつつも内枠などが要因で不本意な位置取りの競馬になっているという近況があります。
前走AJCCは正にそれで、内枠の分だけ前に行けずに、結果的にスムーズさを欠く競馬で着順を落としたという結末でした。
今回は馬の特徴的にも外差し馬場の状況的にも大外枠を引けたのが◎で、あとは馬場も読んで控える形となりましたが、終始スムーズに嫌気を差させずに運べたのが勝因。
次走以降も外枠〇と間隔空きローテ〇の目線で取捨したい一頭です。』

・・・
一番の懸念材料は、基本的に立ち回り優先の天皇賞春というレースに於いて、他馬を気にする面から自在な立ち回りができないタイプという点。思い切った先行策が打てれば話は変わりますが、内枠なら揉まれ懸念・外枠なら立ち回り不利が見込まれてどっちに転んでも楽な戦いは見込めません。
その上で、前哨戦激走後の中4週ローテはコノ馬には良いとは思えませんし、例の“G2の横山典騎手”で勝ち上がった馬のG1レースというのも期待値が低いですし、菊沢厩舎の関西遠征競馬実績も以下ツイートの通りで…横山典Jの想定外の神騎乗でもない限りはナシの一頭と見ます。


★○○○○○○(←天皇賞春の◎候補馬)
の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
18年は国内5戦2好走。唯一勝利したAJCCはスンナリ2番手競馬からの快勝で、それ以外の4戦は全て内枠から窮屈な競馬を強いられた分だけ不完全燃焼ある敗戦でした。
それも踏まえてより積極的な競馬に転向した昨年京都記念以降は、全て中外枠を引いたのもありますがスンナリ先行競馬での1着9着2着14着…この戦法でさえあれば高確率で走るというワケです。
前走ジャパンCはその直後に去勢手術を行った通り、放馬寸前の事象もあったなど気性面での問題あってのワケ有り敗戦。
この距離と同型不在のココならば高確率でスンナリ逃げ番手が叶うはずで…その形であれば通用してもおかしくない一頭です。

--------------------
☆天皇賞春の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在10位台)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版DMMオンラインサロン※コロナによる開催休止リスク後退を鑑みて、明日5月1日(金)から約1ヶ月振りに募集再開[10日間無料お試しOK]
ytiou9
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
【完全版オンラインサロン】に入会希望(10日間無料お試しOK)の方は
コチラから

~~~~~~

【完全版メルマガ】を中長期単位(約10~12週単位)で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します(※Gメールアドレスでの登録は不可※)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【FX】豪ドル円の最強レンジとデイトレ戦略に重要な水平線について【#すばるライン】
noimage
noimage
noimage
【京王杯スプリングカップ2018の大穴予想】
小倉芝1800m/騎手・種牡馬データ(2018小倉大賞典)
noimage
noimage
noimage
noimage
3月6日(水)大井1~6R(前半)全レース予想
【悲報】坂口元調教師、ゴールドシップの名前が出ない
的中率メーターがぶっ飛んだ!!コスパ最強の競馬データ!
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP