投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】 ウォーエンブレムが死亡 21歳

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/03/12(木) 01:35:00.98 ID:cNEgUqXl0
ウォーエンブレム

2002年のケンタッキーダービー(米G1)勝ち馬で、日本で種牡馬として活躍したウォーエンブレムが死亡したことがわかった。21歳。けい養先であるアメリカの功労馬施設、オールドフレンズが現地時間11日、発表した。放牧中の事故と見られるが、詳細は調査中とのこと。

ウォーエンブレムは父Our Emblem、母Sweetest Lady、その父Lord at Warという血統。

アメリカのF.スプリンガー厩舎の管理馬としてデビュー。2002年のイリノイダービー(米G2)で重賞初制覇した後に馬主が替わり、B.バファート厩舎へ転厩。同年のケンタッキーダービー、プリークネスS(米G1)、ハスケル招待S(米G1)を制し、米最優秀3歳牡馬に選ばれた。

2003年から日本の社台スタリオンステーションで種牡馬入り。特定の牝馬にしか興味を示さないなど種付けに消極的ながらも、少ない産駒の中からオールブラッシュ、キングスエンブレム、シビルウォー、ブラックエンブレム、ローブティサージュなどの活躍馬を送り出す。

しかし2013年以降は生産頭数が0となり、2015年にアメリカへ帰国。輸入の際、伝染性子宮炎罹患の有無を調べるために義務付けられている種付けも拒否したために去勢された上で、オールドフレンズで余生を過ごしていた。
https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=168378



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【競馬】 アーモンドアイ、次走はヴィクトリアマイル
「サトノ」ディープ産1.8億馬、英厩舎預託計画
【競馬】 ダノンスマッシュ、レーン騎手と初コンビで京王杯SCに参戦
【悲報】デイリー危険な人気馬、タワーオブロンドンとレシステンシアを指名
サートゥルナーリア 次走は『有馬記念』
中内田厩舎のノーブルスピリットから規制薬物検出 過怠金30万円
蛯名戸崎内田がトーク、司会の徳光「この3騎手でストップルメールお願いします」
【高松宮記念】アイラブテーラー 鞍上は引き続き”武豊”
石橋脩「ドゥラメンテの共同通信杯、前の日は緊張して眠れなかった」
【競馬】 ヴォルシェーヴ、次走目黒記念、鞍上戸崎
ルヴァンスレーヴ戦列復帰!吉田代表「ダート界から年度代表馬になれれば最高です」
ブレイブスマッシュが豪移籍後2度目のG1制覇
【ベルモントS/米】無敗馬「ジャスティファイ」3冠なるか!
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP