投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【オーシャンSの有力馬診断(後篇)】~[ナックビーナス]G1でもOP特別でも0.1秒差負けが定位置&芝千二で馬群内の競馬なら国内準パーフェクト(国内13戦12好走)の“相手なりキャラ”~

☆オーシャンSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【オーシャンSの有力馬診断(後篇)~[ナックビーナス]G1でもOP特別でも0.1秒差負けが定位置&芝千二で馬群内の競馬なら過去パーフェクト(国内13戦12好走)の“相手なりキャラ”~】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
tjyui
★ダノンスマッシュ牡5川田56安田隆(栗東)
5走前シルクロードSの他上位勢は外枠からスムーズな競馬をできた馬ばかり…その中で馬場バイアス的に有利ではなかった最内枠から、直線でスムーズにならない所もありながらも一瞬の脚を使って且つ余力の脚十分で勝利したダノンスマッシュは正に力の違いの競馬でした。
4走前高松宮記念では不得手左回りの分もあって、チグハグなレース振りでの4着…一気に戴冠とはなりませんでしたが、それでも十分に当路線での力を示した形ではありました。
3走前キーンランドCはより嵌まる競馬だったタワーオブロンドン・リナーテを最後まで寄せ付けずの勝利は力の違いだと言って良いはず。
2走前スプリンターズSは詰まる所もありましたし、能力はタワーオブロンドンの方が・適性はモズスーパーフレアの方が僅かに上回っていた分の惜敗でした。
やはり左回り高松宮記念を除けば常にトップクラスのパフォーマンスの連続で、やはり右回りでさえあれば路線最上級馬に位置づけられる馬で…斤量面でも有利な右回り戦のココこそ走るべき馬で当然重視。


―グランドボヌール牡6○○56鈴木孝(栗東)
芝では右回りだとモタれる面があってコントールも利かないし・粘りも足りない…左回りが何よりの前提条件となる馬(ダートだと行き脚足りない分で、逆にコントロールできてたのが3走前でしたが…)。
芝での4走前までの4走も左回り激走⇔右回り大敗の連続で、それ以前も左回りに限れば大分安定した結果を残してきています。
その鬼門としている右回り芝では厳しい。


★ナックビーナス牝7横山典54杉浦(美浦)
まずは7走前カーバンクルS後の次走チェック馬見解を参照↓
『毎度書いています様に、コノ馬は非内(非イン)の競馬をするとすぐ気を抜きがちで力を出し切るコトが難しくて、それ故に“芝1200にて内(イン)で競馬をすれば過去パーフェクト成績(9の9)”になっています。
2走前スプリンターズSは外の競馬で不完全燃焼…前走はダートで度外視級敗戦…今回は大外枠からの競馬で最後は頭が上がって前を捉えられずの2着。
いい感じで人気を落とす近況になっていると思いますが、それらは全て本領発揮の競馬ではありませんので…(昨年は対抗評価止まりでしたが)今年も高松宮記念で穴で買えるのが楽しみです。』

・・・
昨年オーシャンSは外目枠順でしたが、過去パーフェクト好走パターンの内に付ける競馬ができましたので…例の如くの好走惜敗走を見せてくれました。

5走前高松宮記念では中枠発走から内前に行けずに、道中接触不利もあって外競馬になってしまえば集中できずに投げ出すというは受け入れるしかない負けパターン。

3走前キーンランドCは絶好最内枠からの前年同様の逃げ競馬でしたが、展開不利とバイアス不利があった分だけ粘れず5着という結果。
2走前はあまりに楽な逃げでの勝利、前走は逃げ切り寸前も全くラチ外からやってきた追い込み馬に足を掬われる形のやむを得ない敗戦

3走前で“芝1200にて内(イン)で競馬をすれば過去パーフェクト成績(9の9)”は崩れてしまいましたが、それでもそれも含めてインで競馬できれば必ず強い競馬はしているには変わりありません。

今回は強敵相手との戦いとなりますが、例の如く内枠を引くなどしてイン競馬が叶えば一歩も引かぬ戦いはできるはずです。


―ティーハーフ牡10国分優56西浦(栗東)
近2走は得意とする京都且つタフ馬場でも全く動けず…常識的には高齢10歳馬の衰えと見るべきか。
2回前の休み明け初戦は9人気3着激走、その前の間隔が空いていた場面では18年鞍馬S12人1着・17年高松宮記念16人4着など、休み明けローテでの鉄砲駆けも目立っていた馬で…実際に休み明け初戦よりも叩いてパフォーマンスを上昇させた例はこれまでほぼ無いという馬ですので。


―ナインテイルズ牡9野中56長谷川(栗東)
まずは2走前アイビスSD時の有力馬診断見解を参照↓
『脚を溜めて一瞬の脚で差すのが本領発揮の形。
3走前オーシャンSなんかはHラップ好位競馬は自分の競馬ではなかったはず。
近2走は下位騎手騎乗でチグハグなレース振り。
その前の4走前はバイアス不利で悲観要らぬ敗戦で、5走前6走前はキチンと好走。直千コースでは過去4戦2好走で、敗れた2戦は渋化馬場をHペースで前に行って失速したモノで、好走した2戦は外枠から道中も上手く溜める形で最後まで脚を残したモノ。
今回も直千コースなら手腕期待できる戸崎騎手に鞍上強化で、外枠を引ければ変わり身も。』

・・・
そのアイビスSDでは[不利な内枠]から[直千向かい風時に於いて不利な自力先行競馬]をして、道中までは手応え良く進むも[一瞬の脚を使い切ってからは急失速]というナインテイルズらしい負け方でした。
前走北九州記念は外枠からHペース外先行で全く脚が溜まらずの敗戦。
近走はまるで理想的な競馬が叶っておらず…再び直千コースで外枠を引いたタイミングこそが狙い時と見ています(さすがに周回コースの重賞では足りませんが…)。


★○○○○○○(←オーシャンSの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
4走前までは8走連続二桁着順負けと散々でしたが、3走前京阪杯では外有利馬場で最内枠先行から9着という復調窺える内容。
その後の2走前と前走は共に道中接触不利あって、揉まれ弱さも秘めるコノ馬にとっては厳しい競馬になった分での敗戦でした。
近3走の京都とは異なる、前残り馬場でスンナリ積極策ならばソコソコやれてもおかしくない状態にある可能性も十分ですが…ただし、先週ウインブライトの騎乗もそうでしたが、差し追い込み競馬では絶望的な上にかと言って先行意識も薄いミナリク騎手でその競馬をしてくれるかという懸念は拭い切れないワケですが…。

--------------------
☆オーシャンSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
スワーヴリチャード安田記念へ
noimage
12月29日(土)大井7~12R(後半)全レース予想【東京大賞典(G1)】
noimage
noimage
今日の細江純子さん
noimage
【阪急杯の有力馬診断(後篇)】~[マイスタイル]〇×戦績はオカルトではなく…田中勝Jが操縦可能な馬の精神状態であるか否かが最たるポイントで(ex,前走が逃げ好走なら次走は制御難傾向)~
noimage
noimage
noimage
【悲報】共同通信杯想定7頭
FX Duel transfer port with bridge high and low power side
1月25日(木)園田競馬 全レース予想
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP