投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【天皇賞春 2020 出走予定馬(想定)/過去結果】キセキなど

天皇賞春2020の出走予定馬などに関するページです。過去の結果やレース映像も!

5月3日(祝日)に京都競馬場で行われる天皇賞・春2020(GI)。

淀の2マイルにスタミナ自慢のステイヤーが集う春の長距離王決定戦です。


近年は3,200mという特異な距離が嫌煙され、有力馬の出走が減ってきている春天。

一応、大阪杯⇒天皇賞春⇒宝塚記念が春の古馬王道ローテではあるのですが。。。

果たして今年の天皇賞春にはどのようなメンバーが集まるのでしょうか!?


===========

いつも訪問ありがとうございます!
LINE&Twitter&Facebookなどもやっていますのでよろしければ登録よろしくお願い致します!

逆説の危険馬などを配信中
↓↓↓
友だち追加

重賞出走予定&逆説の地雷馬などを更新中
↓↓↓
⇒(外部サイト)競馬予想ルーム

逆説の激走馬などを配信中
↓↓↓
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報や最新ニュースなどを更新!
↓↓↓
⇒(外部サイト)逆説の競馬予想広報部はコチラ

⇒公式Facebookはコチラ

===========

◇天皇賞春(GI、芝3,200m、京都)出走予定馬(想定)
※予定馬&騎手は随時追加します

・キセキ
・ミッキースワロー
・タガノディアマンテ


京都競馬場が改修工事に入るので恐らく今年の天皇賞春を最後にしばし京都での開催ではなくなる天皇賞春。近年は3,200mという距離が嫌われ以前のように豪華メンバーが集まることもなくなりつつあります。

今年も多くの有力馬が春はドバイ、香港、大阪杯を目標にしており、天皇賞春への参戦はあまり期待できない状態。少し寂しい気もしますがこれも時代の流れなんでしょう。


ドバイシーマクラシックに選出されていたキセキですが、ドバイ遠征はせずに春は国内に専念。しかも阪神大賞典⇒天皇賞春という長距離路線を歩む予定であることが管理する角居調教師から発表されました。

これは何とも意外なローテーション。17年の菊花賞馬ではありますが、最近はあまり主に中距離路線を歩んできていたキセキ。

その中距離では善戦はしてもなかなかGIでは勝てないレースが続いているので長距離戦に活路を見出そうという判断でしょうか。

大阪杯のGI昇格後は阪神大賞典⇒天皇賞春というかつての王道ローテを選ぶ有力馬が激減。この2レースはレースレベルもやや落ちてきているだけに逆に言えば狙いどころとも言えるレース。

近年の天皇賞春は先行馬が有利ですし、高速馬場にも対抗できるキセキには合っているのは間違いなし。キセキ陣営のこの判断が久々のGI制覇をもたらすのでしょうか。


ミッキースワローはAJCCで4着。得意の中山2,200mが舞台ということで期待を集めましたが、4角で故障した馬の影響もあり消化不良のレースとなってしまいました。

前走後に春の目標は天皇賞と陣営が明言。大阪杯は相手が強力になることが予想されるので、少しでも相手関係が楽になる天皇賞春ということでしょうか。

間に一戦挟むかはまだ未定。もし一度叩くとすれば得意の中山で行われる日経賞でしょうか。長距離戦は菊花賞の6着があるだけで正直適性は未知数。

京都も3歳時に2回走っただけで5着、6着と結果は出ていません。正直、天皇賞春に出てきても人気になることはなさそうですが、人気薄の横山典騎手ほど怖い騎手もおらず、ノリマジックでアッと言わせるシーンがあるかもしれません。


万葉Sを勝ったタガノディアマンテも天皇賞春への参戦を表明。万葉Sが強い内容でしたし、長距離適性は相当高そう。

天皇賞春の前にダイヤモンドSをひと叩きしてから本番に向かうローテーションを予定しています。


昨年の覇者であるフィエールマンはドバイ遠征が有力か。昨年はAJCCを取りこぼしたためにドバイ遠征を断念し、天皇賞春への参戦という流れになりましたが、今年は素直にドバイへ向かいそう。


あとは昨年菊花賞を勝ったワールドプレミアの動向が気になるところ。今のところドバイを目指すという話は聞かないので少なくとも春は国内に専念しそうな雰囲気。

そうなると2,000mの大阪杯よりは3,200mの天皇賞春のほうが勝算があるのは間違いなく、天皇賞春への参戦が期待できそうです。


※出走予定馬は随時追加していきます。


◇天皇賞春 過去の結果

【2019年】
◇天皇賞春(GI、芝3,200m、京都) 結果

1着 ◎ 10.フィエールマン 3:15.0
2着 7.グローリーヴェイズ
3着 ☆ 8.パフォーマプロミス
4着 ○ 2.エタリオウ
5着 9.ユーキャンスマイル
・・・・・・・・・・・・・・・・
7着 △ 6.カフジプリンス
中止 ▲ 4.ヴォージュ

◇払戻金
単勝:10 280円 1番人気
馬連:7-10 1,780円 8番人気
馬単:10-7 2,470円 8番人気
3連複:7-8-10 16,410円 49番人気
3連単:10-7-8 49,110円 138番人気

全着順などは主催者HPでご確認ください。

【2018年】
◇天皇賞春(GI、芝3,200m、京都) 結果

1着 12.レインボーライン 3:16.2
2着 ◎ 11.シュヴァルグラン
3着 ☆ 8.クリンチャー
4着 ○ 1.ミッキーロケット
5着 2.チェスナットコート
・・・・・・・・・・・・・・・・
10着 △ 5.ヤマカツライデン
14着 ▲ 6.ガンコ
16着 △ 4.カレンミロティック

◇払戻金
単勝:12 600円 2番人気
馬連:11-12 1,030円 1番人気
馬単:12-11 2,510円 6番人気
3連複:8-11-12 2,060円 1番人気 
3連単:12-11-8 11,650円 8番人気

全着順などは主催者HPでご確認ください。

【2017年】
◇天皇賞春(GI、芝3,200m、京都) 結果

1着 ◎ 3.キタサンブラック 3:12.5 R
2着 × 6.シュヴァルグラン
3着 ▲ 15.サトノダイヤモンド
4着 △ 10.アドマイヤデウス
5着 7.アルバート
・・・・・・・・・・・・・・・・
6着 × 9.ディーマジェスティ
12着 ○ 16.レインボーライン

◇払戻金
単勝:11 2,240円 9番人気
馬連:7-11 8,710円 31番人気
馬単:11-7 20,720円 67番人気
3連複:7-10-11 176,030円 306番人気
3連単:11-7-10 1,064,360円 1646番人気

全着順などは主催者HPでご確認ください。

【2016年】
1着 1.キタサンブラック
2着 3.カレンミロティック
3着 8.シュヴァルグラン

【2015年】
1着 1.ゴールドシップ
2着 14.フェイムゲーム
3着 2.カレンミロティック

【2014年】
1着 7.フェノーメノ
2着 12.ウインバリアシオン
3着 6.ホッコーブレーヴ

【2013年】
1着 6.フェノーメノ
2着 1.トーセンラー
3着 13.レッドカドー

【2012年】
1着 1.ビートブラック
2着 16.トーセンジョーダン
3着 11.ウインバリアシオン

【2011年】
1着 2.ヒルノダムール
2着 15.エイシンフラッシュ
3着 3.ナムラクレセント

【2010年】
1着 12.ジャガーメイル
2着 16.マイネルキッツ
3着 4.メイショウドンタク

【2009年】
1着 2.マイネルキッツ
2着 4.アルナスライン
3着 12.ドリームジャーニー

【2008年】
1着 14.アドマイヤジュピタ
2着 8.メイショウサムソン
3着 13.アサクサキングス


◇天皇賞春 2019のレース映像



◇天皇賞春 2018のレース映像



◇天皇賞春 2017のレース映像



『逆説の危険馬』などを配信中
LINE
友だち追加

今後の注目レースや有力馬たちの次走は!?/2020年JRA重賞日程&主な出走予定馬

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
【オーシャンステークス 2020 出走予定馬/過去結果】タワーオブロンドンなど
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP