競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ All Rights Reserved.

"> 競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ All Rights Reserved.

">
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

2020牝系血統分析記事(シルクロードS)

いつも競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログをご覧いただきありがとうございます!

現在、牝系血統(ファミリーナンバー)分析記事並びに予想記事は、その週の中で最も牝系血統傾向が効果的な重賞1つに絞って記事をUPしています。※GⅠがある場合は原則GⅠを分析・予想していきます。
→今週は「シルクロードS」を分析します。

今週の重賞牝系血統分析

では、今週の牝系血統分析記事(シルクロードS)の分析データです。
(過去6年分のデータを抽出して牝系血統3分類の全出走数から各々3着内にきた割合(%)を分析しています)

シルクロードS分析

このレースは過去6年の馬券圏内数は全出走馬割合でみると、バランス系(19.4%)と極軽系(20.0%)でそこそこ優位な状況です。また地力系は14.8%でやや苦戦しています。

次に1着頭数でみるとこちらは極軽系が過去14年で7頭で最も優勢となっています。(地力系は3頭、バランス系は4頭)

以上からこのレースは極軽系>バランス系>地力系の優先順位で狙う、というのが牝系血統的にはよさそうです。

※今回の出走予定のうち人気予想上位4頭をみてみると

モズスーパーフレア(14号族)→バランス系
レッドアンシェル(9号族)→バランス系
ディアンドル(4号族)→バランス系
アウィルアウェイ(3号族)→極軽系

となっており、現時点ではアウィルアウェイ>モスズーパーフレア、レッドアンシェル、ディアンドルの順位付けとなります。

今回は「日経新春杯、AJCC」のように牝系血統の傾向が強く出ているレースではありませんので、極軽系を中心にしながらもその他のデータも同列に扱ってトータルで馬券検討していこうと考えています。

ちゃとらん
以上これら牝系血統情報をベースに「過去データ」や更には「スピード指数」・「騎手データ」なども加味して総合的に予想を立てていきます。

Copyright © 2020 競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ All Rights Reserved.

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬予想】[2]第37回中山牝馬ステークス(G3) /2019
【PR】(最新)“有馬記念予想”土曜日の中山結果を反映した究極のデータ~うまコラボ~
NHKマイルCの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
レース回顧と予想結果(府中牝馬S:○-◎-無印、秋華賞:◎-△-▲)
【競馬予想】[1]第15回ヴィクトリアマイル(G1) /2020
2018新潟大賞典予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
【競馬予想】[2]第22回エルムステークス(G3)
【競馬予想】[2]第60回 きさらぎ賞(G3) /2020
noimage
今週の重賞データ分析まとめ(安田記念,鳴尾記念)
【競馬予想】[2]第66回ラジオNIKKEI賞(G3)
noimage
noimage
レース回顧と予想結果(ターコイズS:×-◎-無印、朝日杯FS:△-○-◎)
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP