投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【エプソムC有力馬診断(後篇)】~[ミッキースワロー]セントライト好走反動で菊花凡走…AJCC好走反動で大阪杯凡走…JC善戦反動で有馬惨敗→重賞好走後連戦ローテで果たして?~

☆エプソムCの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------

【エプソムカップの有力馬診断(後篇)~[ミッキースワロー]セントライト好走反動で菊花凡走…AJCC好走反動で大阪杯凡走…JC善戦反動で有馬惨敗→重賞好走後連戦ローテで果たして?~】
rehhhhhyuio
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

△プロディガルサン牡6レーン56国枝(美浦)
過去にも重賞好走歴3度もあるが、ソラを使う癖のせいで条件戦を勝ちあぐねて、再OP昇級まで相当時間が掛かったという経緯。
その後もOP特別ばかり使われて4戦2着3回の例の如くの惜敗続きで、また唯一の5着にしても大外枠大外追走で集中力を掻き立てられずの0.1秒差。
OP特別連続2着という馬ですが、それがフル能力ではなく、相手強化の重賞相手関係でも相対的にパフォーマンスを上げて好走に持ち込める姿は容易に想像できます。

ただし、過去の重賞挑戦時には17年金鯱賞&マイラーズCを折り合い欠いて自滅したり、前走谷川岳Sでも最後方競馬をさせている通り、末を引き出すには道中の繊細な運びがポイントとなる馬です。
もちろんレーンJというのは鞍上強化にはなるワケですが、高い次元の話で言えばそういう競馬はレーンJのお得意分野ではないだけに…。


▽ミッキースワロー牡5横山典56菊沢(美浦)
虚弱体質馬。
17年:菊花賞の敗因はその前のセントライト記念激走の疲労(調教緩めて凡走)。
18年春:大阪杯の敗因はその前のAJCC激走の疲労(調教緩めて凡走)。
18年秋:有馬記念の敗因もその前のジャパンCの反動。
ちなみに18年秋シーズンの始動戦がジャパンCまでズレ込んだのも『洋芝と久々の競馬を使ったことで疲れが長引き』との話。

ようは1度も連戦ローテが成功していないというここまでの経緯です。
休み明けでの重賞好走後からの中5週ローテで連続好走ができるのか…まだまだ馬が未完成故に順調にレースも使えないし-調教負荷も思う様に掛けられないままで…例の如く調教緩めている今回調整過程を見る限りでは大分懐疑的に見られます。


▽サラキア牝4丸山54池添学(栗東)
2走前京都金杯の週の京都芝は開幕週良馬場でも馬場差Dという異例の低速馬場で、それの煽りを受けた一つにディープ産駒がありました。ディープ産駒でも軽量牝馬のサラキアにとっては特に有難くない馬場状況で、それに加えて最内枠から捌ききれないレース振りでの小差競馬は悪くはありませんでした。
前走阪神牝馬Sも同じく最内枠からのイン追い込み競馬で捌ききれずの敗戦…とはいえども騎手や陣営もそれを敗因にしておらず伸びきれなかったとの表現をしている通り、力負けの側面もある敗戦でした。

ただし、それ以前の重賞好走歴にフローラS4着・ローズS2着・秋華賞4着は全て主役不在の低レベル戦での実績で、確かにそこにはプリモシーンやラッキーライラックなどの後の出世馬は含まれますがそれらは自滅しており、自身が下したのは今もOPクラス未満で燻っている馬ばかりですので。


△カラビナ牡6武藤56藤岡健(栗東)
1000万下勝利は不良馬場での圧勝劇、1600万下勝利は稍重馬場での逃げ切り完勝劇…全て良馬場からの道悪条件替わりでパフォーマンスを上げているという経歴の持ち主です。
OP昇級後は2戦して共に良馬場ながらも連続好走…今回見込まれる渋化馬場ならば更にパフォーマンスを上げてくる計算で、侮れぬ一頭と見ます。


▽ストーンウェア牡7中谷56吉田(栗東)
OP昇級後のベストパフォーマンスは昨年メイSで、左回りで瞬発力を生かすという自身の持ち場の競馬での2着好走。
本年メイSもそれと同じくの競馬での4着善戦。
それらみたく左回りで上がり速い競馬に良績集中という馬で、また重賞格よりもOP特別格のヌルいレースの方がベターという馬で、同じ舞台条件でもOP特別メイSよりもタフな戦いとなりそうなエプソムCでそれ以上とは?


―レイエンダ牡4ルメール56藤沢和(美浦)
ソウルスターリングは父フランケル由来のプッツン危惧馬ですが、コチラは母系由来のプッツン危惧馬です。

兄ティソーナについて、かつて『母母はデビュー5連勝、母もデビューから8連続連帯、母弟(叔父)も中央転入初戦500万下勝利から僅か4ヶ月で重賞勝利まで駆け上がった馬。当馬もデビュー2戦目からはオール連対で底を見せておらず、この勢いは長く続いて一線級まで届くという血統傾向である。』と書きましたが、そのティソーナもNHKマイルCまでは5連続連対だったのがその後は急失速戦績になっている通り、勢い続くけど途切れるとモロい血統背景と言えるでしょう。

コノ馬もデビューから4連続激走からの3連続凡走中という近況…このプッツン危惧母系を踏まえればもう信頼ならない馬だと見るしかありません。

★○○○○○○(←エプソムCの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
折り合いを欠く面と抜け出してからソラを使う面があって出世が遅れた馬。
4走前キャピタルSは超スローペースで折り合いを欠いて惨敗を喫したが、その後は並のペースならば折り合いを付けられる成長を見せている。
前々走六甲Sも直線では馬なりの余裕脚色で、あとはソラを使う面に気を払った分だけの辛勝。前走都大路Sでも抜け出してからソラを使っていながらも0.3秒差の圧勝。
ソラ癖は相変らずありそうな点で勝利には一工夫要るはずだが、まともなペースで折り合いさえ付けられれば能力的には最上位級の評価ができるだけに。

--------------------
☆エプソムCの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※次回案内6月中旬予定※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

デイリー記者「提言したいことがある。」G1騎乗に関する騎乗停止処分の救済ルール
1月24日(木)笠松競馬 全レース予想【ゴールドジュニア3歳(重賞)】
新潟10R 阿賀野川特別 予想:本命05キークラッカー
【結果更新】 有馬記念 ギャン速 逆転目指して2万円勝負
noimage
重賞回顧 週末の重賞7戦6勝の好成績
noimage

中山金杯8   来る きっと来る

noimage
noimage
京都芝2200m・外/騎手・種牡馬データ(2019京都記念)
【次走報】シュヴァルグラン 大阪杯から天皇賞・春へ 天皇賞はボウマン
noimage
7月25日(木)浦和競馬 全レース予想 結果
noimage

浦和、名古屋1~6レース

noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP