投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【安田記念 2019 出走予定馬(登録馬)】アーモンドアイ、ダノンプレミアムなど

安田記念2019の出走予定馬などに関するページです。

6月2日(日)に東京競馬場で行われる安田記念2019(GI)。

春のマイル王を決める一戦です!


【安田記念】2強に迫る超穴馬は必見!絞りに絞った3頭を公開!

★安田記念★皐月賞も馬連950円的中!馬主関係者の1点無料!


春の東京競馬場5週連続GI開催もこの安田記念で最終週。

今年の安田記念はアーモンドアイ、ダノンプレミアムなどの参戦で近年にないハイレベル。

レース展開次第では先日のヴィクトリアマイルで記録された日本レコード更新なんてこともありそうです。


===========

いつも訪問ありがとうございます!

LINE&Twitter&Facebookもやっていますのでよろしければ登録よろしくお願い致します!

逆説の危険馬などを配信中
↓↓↓
LINE

逆説の激走馬などを配信中
↓↓↓
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報などを配信中
↓↓↓
⇒公式Facebookはコチラ

===========

◇安田記念 2019(GI、芝1,600m、東京)出走予定馬(登録馬)
※騎手は随時追加します

アエロリット 56.0 戸崎
アーモンドアイ 56.0 C・ルメール
インディチャンプ 58.0 福永
エントシャイデン 58.0 田辺
グァンチャーレ 58.0 松岡正

ケイアイノーテック 58.0 幸
サクラアンプルール 58.0 横山典
サングレーザー 58.0 岩田康
ステルヴィオ 58.0 D・レーン
スマートオーディン 58.0 池添

ダノンプレミアム 58.0 川田
タワーオブロンドン 58.0
フィアーノロマーノ 58.0 北村友
ペルシアンナイト 58.0 M・デムーロ
モズアスコット 58.0 坂井瑠

ロジクライ 58.0 武豊
ロードクエスト 58.0 石川裕


アーモンドアイは今季初戦となったドバイターフを快勝!初の海外遠征でしたがそれをものともせず相変わらずの強さを見せてくれました。

今年は凱旋門賞へ向かうものと思われていましたが、前走後に陣営は凱旋門賞へ参戦しないことを表明。帰国後の初戦にこの安田記念が選ばれました。

桜花賞以来となるマイル戦ですが、スピードのある馬なので対応はできそう。前走のドバイターフが1,800mだったのもいい方向に出そうです。

ダノンプレミアム、アエロリットと先行勢が揃っているのでレースもしやすそう。先行勢を見ながら東京の長い直線でこの馬の末脚を如何なく発揮できれば驚異的なタイムがまた見られるかもしれません!


ダノンプレミアムは長期休養明けとなった金鯱賞に続き、前走のマイラーズCも快勝!世代屈指の実力馬が4歳となりますますその強さに磨きをかけています。

最大のライバルとなるアーモンドアイとは今回が初対戦。正直どちかが強いのかは難しいところですが、マイル戦ならダノンプレミアムにも十分にチャンスがありそう。

先行できる脚質も今の東京競馬場ではアドバンテージ。アエロリットを行かせて2番手から早めに抜け出す競馬ができれば、アーモンドアイの末脚を封じるシーンも!


アエロリットは前走のヴィクトリアマイルで5着。アメリカ遠征帰りでしたが持ち味のスピードを存分に生かすレースぶりで日本レコード1:30.5の立役者となりました。

さすがにヴィクトリアマイルでは最後に脚が上がりましたが、ひと叩きされて今回は馬も変わってくるはず。昨年も2着に入っているレースですし、とにかく東京は得意な馬。

今回はヴィクトリアマイルほどのハイペースでは行かないでしょうし、マイペースで行けば今年もうるさい存在となりそうです。


連覇を目指すモズアスコットは近走が不振。前走のマイラーズCでもまったく見せ場がありませんでした。

もともと勝ち切れない馬ではありましたが、それでも大崩れは少なかった馬。そんな馬が大敗続きなのは気になるところ。

昨年に比べると大幅に相手が強化され、楽なレースにはなりませんが、今回は気楽な立場で出走できますし、坂井瑠騎手の思い切った騎乗に期待しましょう!


ステルヴィオは目下絶好調のD・レーン騎手とのコンビ。前走の大阪杯は大敗しましたが、もともとマイル前後が合う馬。

このところは後方一気だけではなく、好位からの競馬もできているのは収穫。今の東京競馬場で直線一気は厳しいだけに今回もある程度の位置で競馬がしたいところ。

D・レーン騎手がどのようにエスコートするのか。ハマればすごい末脚を見せるだけに軽視していると痛い目に遭うかもしれません。


インディチャンプも本来はもっと注目される馬ですが、何せ今回は豪華メンバー。この馬がわき役になってしまうところが豪華さを物語っています(笑)。

前走で連勝が止まったものの、前哨戦としては悪くない内容。大一番に向けて今回はしっかり調整してくるはず。

あとはアーモンドアイやダノンプレミアムとの力関係がどうか。時計もかなり速くなることが予想されますし、なかなか厳しい戦いにはなりますが、無欲の競馬でどこまで通用するか。


サングレーザーは昨年5着。時計勝負には対応できるだけに一発もありそう。


この豪華メンバーに香港のビューティージェネレーションまで加われば空前の盛り上がりとなったわけですが、残念ながらビューティージェネレーションは回避。海外遠征は封印し、今後は地元で連勝記録の更新に挑むようです。

来日しないのは残念ですが、暮れの香港マイルで日本勢との対戦が今から楽しみです。


今後の注目レースや有力馬たちの次走は!?/2019年JRA重賞日程&主な出走予定馬


☆昨年のレース結果&映像

◇安田記念 2018(GI、芝1,600m、東京) 結果

1着 10.モズアスコット
2着 4.アエロリット
3着 1.スワーヴリチャード
4着 2.サトノアレス
5着 15.サングレーザー
・・・・・・・・・・・・・・・・

◇払戻金
単勝:10 1,570円 9番人気
馬連:4-10 7,370円 31番人気
馬単:10-4 15,290円 62番人気
3連複:1-4-10 6,560円 19番人気
3連単:10-4-1 63,280円 218番人気

全着順などは主催者HPでご確認ください。



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
【エプソムカップ 2019 出走予定馬(枠順)】ミッキースワローは5枠8番、ソウルスターリングは6枠10番
noimage
【ダイヤモンドステークス 2019 出走予定馬】ウインテンダネス、ユーキャンスマイルなど
【サウジカップ2020 出走予定馬/テレビ放送/発走時刻】クリソベリルは10番枠
【ホープフルステークス 2019 出走予定馬(枠順)/過去結果】コントレイルは2枠2番、ワーケアは5枠7番!
noimage
【阪急杯 2019 出走予定馬】レッツゴードンキ、ダイアナヘイローなど
【マイルチャンピオンシップ 2019 出走予定馬(枠順)/過去結果】ダノンキングリー1枠1番、ダノンプレミアムは7枠14番!
noimage
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP