投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】上野翔騎手、1年間の休養を避けるため大きな決断をしていた

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/03/07(木) 13:45:29.85 ID:CMzb1hI70.net

1つの大きな決断を実行に移し、乗り続けるジョッキー。その決断とは? そして現在の心境とは?
https://news.yahoo.co.jp/byline/satoshihiramatsu/20190307-00117134/
《一部抜粋》
14年の秋の事だった。阪神競馬場の障害戦で落馬した上野は左手中指を脱臼骨折した。約3カ月で実戦に復帰すると、それなりに勝つ日もあった。しかし、1年経ち、1年半が過ぎると患部の違和感は徐々に大きくなっていった。  
 
「病院で診てもらうと軟骨がすり減っていると言われました」  

徐々に曲がらなくなっていた指に関しても、次のように宣告された。  

「このまま乗り続けていたら一生、曲がらなくなる」  

商売柄、それは避けなければならなかった。医者に助けを求めると「1年間、休んで治療に専念しないと無理」と言われた。自分の立ち位置を考えると、1年間の休養は死刑宣告されたようなものだと感じた上野は、藁にもすがる思いで「他に手はありませんか?」と聞いた。すると、思わぬ返事が返ってきた。「『あとは指を切断するしかありません』と言われました。ただ、同時に『親御さんも悲しむでしょうし、それは薦められません』とも言われました」 

しかし、話を聞いたその瞬間から上野の心は決まっていた。

「その二択なら、迷わず切断する事を決めました」  

16年5月22日のレースに騎乗した後、手術を決行。上野の左手から中指が消えた。  約1カ月半後の7月2日、戦線に戻った上野に待っていたのは厳しい現実だった。  

「復帰初戦でいきなり落馬して、病院にユーターンしました」
ほんとにすごい 応援したくなったわ



続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【競馬】ディープインパクトの後継種牡馬
noimage
【競馬】キキキキンという謎馬名が登録される
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP