投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

GI初騎乗「藤田菜七子」に怨嗟の声…若手男性騎手も「女贔屓」に鬱憤

115

1: 2019/02/17(日) 11:34:54.82
 勝負の世界は結果がすべてとはいえ、ファンファーレが鳴る前から怨嗟の声が聞こえてくる。 JRA(日本中央競馬会)唯一の女性騎手・藤田菜七子(21)が、初のGIレースに騎乗することが決まった。

馬主であるDr.コパ氏(71)の寵愛を受けた彼女は、斯界からの妬みを振り切れるだろうか。
すでに昨年6月に通算31勝を達成した彼女は、GIレースへの騎乗資格を満たすジョッキーとなっていた。ゆえに満を持しての出走、と思うなかれ。

「あくまで権利を有するだけ。GIは時期尚早です」  と、解説するのはさるベテランの競馬記者だ。

「藤田の同期は彼女を含めて6名いましてね。通算勝利数が100で最も多い荻野極(きわむ)騎手はGI経験がありますが、87勝の木幡(こわた)巧也騎手なんてGIIIに1勝するなど活躍しているのに、GIに乗ったことがない。 ちなみに、藤田の勝利数は49ですが、彼女を上回る51勝の森裕太朗騎手なんて、GIはおろか重賞さえ走らせて貰えていません」

 だからというわけか、取材現場では往々にしてこんな声が聞こえてくるそうだ。

「デビュー当時から、実力は藤田より優れているのに、メディアは彼女しか取り上げてくれない。 もっと俺のことも注目して欲しいという男性騎手の鬱憤を感じることはありますね」(同)

 先の記者はこうも言う。
「コパさんは、自分の馬を勝たせるより、“女性初のGIは自分の馬”という称号を得たかったと言われても仕方ない。 今回のレースは1600メートルですが、コパさんの馬は1400メートルまでの短距離に強いので騎手の技量がモノを言う。 藤田は重賞で人気馬に騎乗したことすらありませんから、経験不足は否めません」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00556736-shincho-horse

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【日本ダービー】サートゥルナーリア、キャロット秋田代表「凱旋門は断念」
【菊花賞】7番人気フィエールマンがハナ差制しG1初制覇!関東馬17年ぶりのV!
【競馬】豪コックスプレートの招待馬にマカヒキとネオリアリズムが選出
【競馬】 キタサンブラック全弟、武幸四郎厩舎へ
noimage
noimage
柏木集保「武豊騎手は周囲に無言のプレッシャーをかけてしまうあたりが…」
リスグラシュー初年度の配合相手レイデオロが最有力候補
【有馬記念】アーモンドアイ 蹄鉄変更フルパワー解禁!
noimage
【NHKマイルC】ケイアイノーテック激戦制す!鞍上ともにG1初制覇!
アルアイン、香港ヴァーズ回避 年内は休養へ
noimage
打倒ウィンクス!豪G1コックスプレートの招待状が日本馬4頭に届く
【チャンピオンズC】ケイティブレイブ福永「展開は何も決めてない」
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP