投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【ドバイシーマクラシック 2019 出走予定馬/事前オッズ】レイデオロ、スワーヴリチャード、シュヴァルグランなど

3月30日(土)にドバイ・メイダン競馬場で行われるドバイシーマクラシック2019(GI)。

今年のドバイWCデーには日本から80頭が予備登録を行い、多くの日本馬が遠征を予定しています。

ドバイシーマクラシックにはレイデオロ、スワーヴリチャード、シュヴァルグランが出走予定。

レイデオロとシュヴァルグランはドバイSCへ直行、スワーヴリチャードは中山記念をひと叩きしての参戦が予定されています。


69万、59万、重賞で万馬券連発!毎週10鞍『利益直結馬』を無料配信!

無料予想の数が半端ない!毎週『重賞を含む厳選10鞍』を無料公開!


過去の成績を見ても日本勢と好相性のドバイシーマクラシック。

今年もGI馬が3頭出走となれば注目のレースとなるのは間違いありません。

また、今年もドバイワールドカップデーは日本でも馬券の発売が確実。

時差はありますが今年も日本馬が出走するレースを中心に盛り上がりを見せそうです。


===========

いつも訪問ありがとうございます!

LINE&Twitter&Facebookもやっていますのでよろしければ登録よろしくお願い致します!

逆説の危険馬などを配信中
LINE

逆説の激走馬などを配信中
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報などを配信中
⇒公式Facebookはコチラ

===========

◇ドバイシーマクラシック2019(GI、芝2,410m、首メイダン)出走予定馬(招待受諾馬)
※騎手は随時追加します

・レイデオロ C・ルメール
・シュヴァルグラン H・ボウマン
・スワーヴリチャード J・モレイラ
・マジカル
・ウィッサヒコン

・マジックワンド
・クロスカウンター
・オールドパーシャン
・プリンスオブアラン
・デザートエンカウンター


レイデオロは今年もドバイシーマクラシックへ出走。昨年は4着に敗れたこのレースですが、今年は2度目の遠征でリベンジを狙います。

昨秋はオールカマー、天皇賞秋と連勝したものの、有馬記念では3歳馬ブラストワンピースに屈して2着。最後は斤量差の分だけ捕えられなかったと見るのが妥当でしょう。

結果的には鞍上の関係でジャパンカップではなく、有馬記念へ回ることになったのも少なからず影響した格好に。やはりこの馬には左回りの2,400mがベストと言えるでしょう!

そういう意味ではドバイ・メイダン競馬場の芝2,410mはもってこいの舞台。昨年は超スローペースに泣かされる結果となりましたが、昨年の経験を生かし、今年はそれ以上の走りを見せてくれるでしょう!


昨年、大阪杯を勝ったスワーヴリチャード。今年は大阪杯の連覇ではなくドバイ遠征を選択しました。

当初はドバイターフが第1希望と伝えられていましたが、結局第2希望だったドバイシーマクラシックの招待状が届き、関係者が招待を受諾。ドバイシーマクラシックへ出走することとなりました。

ドバイターフにはアーモンドアイが出走予定ですし、距離適性を考えればドバイシーマクラシックのほうが勝算は高いでしょう。左回りのほうが良いのは明らかですし、ダービー、ジャパンカップ、アルゼンチン共和国杯の走りを見ても距離もまったく問題ないでしょう。

仮に昨年のようなスローペースになってもこの馬は自ら動ける自在性を兼ね備えていることも強み。上がりだけの勝負になると分が悪い面もあるので息の長い末脚で持久力勝負に持ち込むような流れに持ち込めればチャンスは十分ありそうです。

始動戦となった中山記念は4着に敗れたものの、距離とコースを考えれば悪くない内容。左回りに替わり、距離も伸びるドバイシーマクラシックではさらに良い走りを見せてくれそうです!

当初はM・デムーロ騎手が乗ると思われていましたが、鞍上はJ・モレイラ騎手に決定。マジックマンがどのような手綱さばきを見せてくれるのか今から楽しみです。


これまで春は天皇賞を大目標にすることが多かったシュヴァルグラン。しかし今年はドバイ遠征を選択。昨年現役引退の撤回を発表した際に、佐々木オーナーが来年は海外へ挑戦していくと宣言した通り、ドバイを今年の初戦に選んできました。

オーナーがヴィブロスでドバイターフを制するなどドバイとは好相性なのは頼もしい限り。シュヴァルグラン自身は初の海外遠征ではありますが、いきなり好結果を出す可能性は十分ありそうです。

ジャパンカップを勝っているように左回りの2,410mはまったく問題なし。国内では詰めが甘くなかなか勝ち切れないところがあるシュヴァルグランですが、海外に出た途端に勝負弱さが解消するのは良くある話。

引き続きH・ボウマン騎手が手綱を取るのも好材料。年齢的な衰えの心配はありますが、海外で一発やってくれる可能性はおおいにありそうです。


海外勢はまだ情報が少ない状態。当初は遠征が予定されていた香港のエグザルタントもドバイシーマクラシックの回避が決定。昨年の香港ヴァーズでがリスグラシューとの叩き合いを制したあの馬と言えば思い出す方も多いはず。

ドバイへは遠征せずに香港に残るようでクイーンエリザベス2世Cを目標に調整されるようです。このレースには日本からリスグラシューが参戦予定なので香港ヴァーズの再戦が香港でまた見られそうです。


お馴染みオブライエン勢はマジカル、マジックワンドあたりがぶっつけ本番での出走を予定。マジカルは昨年のブリーダーズカップターフでエネイブルの2着に入った馬、マジックワンドはアエロリットも参戦したペガサスワールドカップターフの2着馬。

ただ、どちらの馬も例年のオブライエン勢と比べるとやや小粒な印象は拭えません。どちらかというと怖いのはやはり地元のゴドルフィン勢。前哨戦のドバイシティーオブゴールドに出てくるゴドルフィン勢の走りにまずは注目でしょう。


クロスカウンターは昨年のメルボルンCの勝ち馬。ハンデ戦で斤量の恩恵があったとはいえ直線他馬をゴボウ抜きした末脚には見応えがありました。

ただ、今回は定量戦ですし、距離も2,410mに短縮。メイダンの芝は直線が長い割には追い込み馬に有利とは言えず、いろいろと克服すべき課題は多そうです。


オールドパーシャン、プリンスオブアラン、デザートエンカウンターなどは前哨戦となる9日のドバイシティオブゴールド(GII)に出走予定。このレースが終われば今年のドバイターフの勢力図もはっきりしてくるでしょう!


他の出走予定馬についてはわかり次第、随時追加していきます。


◇ドバイシーマクラシック事前オッズ(上位馬のみ)
※オッズはウィリアムヒルを参照
※2019年3月6日現在

レイデオロ 4.50

マジカル 6.00

エグザルタント 7.00

シュヴァルグラン 8.00

スワーヴリチャード 8.00

ウィッサヒコン 8.00

マジックワンド 9.00

Loxley 11.00

オールドパーシャン 15.00

カプリ 17.00


事前オッズではレイデオロが堂々の首位。昨年4着の実績も考慮され、高い評価を得ています。

昨年のBCターフの2着馬マジカルが2番手評価。ただそこまでの大物という感じではない馬なだけにこの馬が2番手評価ということは今のところ海外勢は手薄なのかもしれません。

シュヴァルグラン、スワーヴリチャードは4番人気タイ。海外での実績がないのでこの評価。逆に言えばこの2頭でこの単勝オッズはおいしいとも言えそうです。

前哨戦が終われば地元のゴドルフィン勢など前哨戦の上位馬が掲載されてくると思われます。


今後の注目レースや有力馬たちの次走は!?/2019年JRA重賞日程&主な出走予定馬

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

10/7(日)第97回凱旋門賞 日本時間23:05発送予定 Part2
noimage
【悲報】凱旋門賞当日の降水確率69%
【アメリカ3冠】 2017ベルモントステークス(G1)の勝馬投票券発売決定! 【6月10日19:30発売開始】
noimage
JRAがドバイG1・3競走の馬券発売を決定
noimage
noimage
noimage
noimage
9/10(日) 韓国国際競走総合 コリアカップ、コリアスプリント
9/10 第63回フォワ賞 サトノダイヤモンド&サトノノブレス
【凱旋門賞 2019 出走予定馬(登録馬)/事前オッズ】フィエールマン、キセキ、ブラストワンピースなど
9/10 フォワ賞 サトノダイヤモンド Part2
【ドバイワールドカップデー 2019 出走予定馬(招待馬)/テレビ中継】アーモンドアイ、レイデオロなど
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP