投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【京都金杯2018の有力馬診断(後篇)】~ホワイトマズル血統馬らしく“正攻法で逆噴射→極端競馬であわや激走”のカツジ…一転大人気の立場で色気を持って乗られるとすると・・・~

☆京都金杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------


【京都金杯の有力馬診断(後篇)~ホワイトマズル血統馬らしく“正攻法で逆噴射→極端競馬であわや激走”のカツジ…一転大人気の立場で色気を持って乗られるとすると・・・~】
jk;pk
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
▽カツジ牡4松山56池添兼(栗東)
●前々走毎日王冠前の有力馬診断見解抜粋を参照↓
『このホワイトマズルの血が入るというのはスマートレイアーなんかが典型的ですが、逃げたり又は追い込んだり極端な形で結果を残すという傾向は確かに認められて、そんな状況有利と位置取りショックありきの激走という見方もできますので・・・距離千八も気持ち長い印象ですし、折り合い△馬だけにスローペース距離延長ローテでもどうかです』

●前々走毎日王冠後の次走チェック馬見解を参照↓
『激走の為には“逃げに限りなく近い積極策”又は“追い込み策”か必要だという意味です。
逃げと追い込みというと正反対に思えるかも知れませんが、それは馬の精神面から見た時には表裏一体なのです。例えば日曜京都最終レースでそれまで逃げ一辺倒だったコパノキッキングが、いきなり追い込み競馬に転化して同結果を残した通りです。

カツジの今回は近2走とは異なり無難なスタートを切れた為に、奇策は打たない松山騎手ですから自ずと無難な位置取りとなり(言い換えれば中途半端な位置取りとなり)…外枠から前に壁を作れぬ外先行競馬で掛かりというのはコノ馬の負けパターンでしたので、何ら不思議ない大敗です。
距離短縮マイル以下と、折り合い専念競馬ならば一変も可能と見ます。

ちなみに、同血で例に挙げたスマートレイアーも同週施行の京都大賞典に出走して、外枠競馬で道中行かせてしまったコトで脚を失くすという…根本は同じ負け方を喫していました。』

・・・
「(主に中途半端な位置取りで)折り合いを欠いて自滅→極端な位置取りで気性コントロールで爆発」というのはホワイトマズルの血を持つ馬でのあるあるの穴パターンです。

前走マイルCSでは大外枠からだと前走の二の舞を危惧して完全無印としたワケですが、キチンと毎日王冠反省を踏まえて勝負できる戦法を敢行してきた松山Jはその後の完璧な進路取りも含めて満点騎乗だったと思います。

ただし、今回京都金杯ではG1好走しての格下げ戦で一躍主役級としてのレース参戦となるワケで…そこでも前走同様の非正攻法競馬を貫けるかは大いに鍵になってきます(普通だと色気を持ってしまって毎日王冠の二の舞というのも想定されるタイミングになります)。
仮に貫けたとしても、例の開幕週鉄板内有利傾向は大いなる敵となりますので・・・。


―バリス牡8○○52鈴木孝(栗東)
まずは前走後の次走チェック馬見解を参照↓
『前走は現級Hレベル戦で2着好走している馬。
コノ馬は過去連戦ローテだと12戦11好走⇔休み明け初戦ローテだと6戦2好走となっており、前者ローテであり尚且つ再三不利を受けてチグハグな追走も強いられた今回は走れなくて元々の番だったのか…鞍上内田博幸Jも直線では空ムチ(横から見るとムチを入れている様に見えるが実際には馬体の外で振り回しているだけ)を多用するなどヤラズをされてのこの大敗着順でもあった。』

・・・
今回も出走ならば休み明けローテで…ココを叩いての自己条件でなら狙いたい一頭。


▽ヒーズインラブ牡6藤岡康56.5藤岡健(栗東)
3走前京成杯AHは十八番の中山マイルコースでしたが、休み明け初戦仕上がり途上で敗戦。
2走前富士Sは叩き2戦目で良化顕著でしたが、不向き東京コースで後方競馬になっての敗戦。
前走マイルCSは叩き3戦目で本調子でしたが、不向き京都コースの分だけ及ばずの結果。
今回も非中山コースというのと、一息入れた分でどこまで仕上がりレベルを上げられるのかが鍵に。


△マイスタイル牡5田中勝56昆(栗東)
まずは前走中日新聞杯時の有力馬診断見解を参照↓
『前々走札幌記念は絶対に逃げを譲らない馬マルターズアポジーに対して掛かってまともに競り合いに行く無謀競馬での沈没。
(中略)ただし、やはり気になるのは近2走で極端に速いペースの競馬を仕掛けている点で、中京二千ならば当然それよりも抑えて入るべきで…そこで折り合いを付けられるのか・ひいては田中勝春Jを信頼できるのか…です。』

・・・
敗因は田中勝春Jのペースメイク一択…もちろんそれは田中勝春Jの意図というよりはそれだけ難しい馬というのが根本でしょうが、それでも近3走中2走で失敗しているのは鞍上の問題も避けて通れない話でしょう。
今回は鞍上交代ではなく距離短縮で立て直そうとの魂胆での京都金杯参戦…それが良い方向に転びさえすれば当然一変可能性は十分で。


▽リライアブルエース牡6坂井瑠54矢作(栗東)
矢作厩舎の休み明け初戦…脚部不安明け初戦…散々避けていた右回りに12戦振りの参戦…次回東京開催を見据えての叩き台気配ムンムンですが・・・。


▽ロードクエスト牡6福永57小島茂(美浦)
右回りだとモタれる馬。
前々走スワンSは右回りだったとはいえども、やや外有利馬場の外枠外差し競馬で、直線をスムーズに広く使えたコトが功を奏しての激走でした。

前走マイルCSでは距離延長と大外枠替わりで、横山典Jは大外ポジショニングで折り合いを付けようとしていましたがイマイチ溜めの利かない競馬となってしまい…騎乗嵌まらずの分での大敗を喫してしまいました。

前走後には『また距離短縮ローテなど折り合い付けられる条件ならば変わるはずで、あとは左回りがベターで、もし右回りならば捌くのに労する頭数だとモタれがちなので信頼度は低くなります』と書きましたが、フルゲート多頭数右回り戦という時点で信頼度は高く見積もれません。


★○○○○○○(←京都金杯の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
まずは前々走時の有力馬診断見解を参照↓
『京都巧者で好走歴は内を立ち回った時に集中という馬。
5走前洛陽Sでは外枠外回し競馬で好走しているが、過去戦績を振り返ると雨馬場時にはその限りでは無いレース振りでも好結果出ているので、つまりは雨馬場はプラスになるタイプなのだろう(今週末は雨の可能性も半々)。

3走前4走前は阪神コースで連続好走しているが、これは偏に地力強化の賜物と言って良いだろう。

前々走マイラーズCは内有利馬場且つHペース展開で、また内枠が好きなコノ馬の特性的にも三重苦だった大外枠外目Hペース先行競馬での6着…これは十分に強い競馬をしていたと言って良いはずです。

高速上がりが問われない今の京都芝も歓迎で、あとは一雨あって非外枠さえ引ければ本命最有力候補。』

・・・
前々走では京都+雨馬場+内枠という好材料コンボ揃いで◎推奨。
(前走でも内枠と、能力上位なのに6人気というコトで◎推奨でしたが…)
その前々走は明らかに調教で動けていなくて、それでも適性と能力で3着まで来たという結果でした。
前走では今度は適性は一枚落ちでしたが、能力と叩き2戦目での状態良化分でそれをカバーしての好走という結果だと見ます。
今回はこの中間の動きからもまず前々走時よりも良い状態で出走できそうなので、あとは雨馬場か内枠かの好材料が揃うか…特に内有利の京都金杯なので内枠であるか否かが最大のポイントになってきます(それ次第で◎有力候補に)。

--------------------
☆京都金杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「中山金杯有力馬診断」を深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【パドック直前情報】新潟8R 1番人気診断
【競馬】サービスいい騎手とサービス良くない騎手教えて
京都10R 鳳雛ステークス 予想:本命05ウォーターマーズ
noimage
リアルスティール、ドバイの鞍上が未定に
【競馬】 柏木集保「キタサンブラックは父も母も超えた。種牡馬としても期待大」
函館2歳ステークス2019展望「穴激走率は“1,2月生まれ馬”と“牝馬”が他を圧倒」&馬場考察&先週のレースレベル&次走[激走]要チェック馬
1月20日(日)高知競馬 全レース予想【ジャニュアリー特別】
2017年2回東京第6週血統データ
青葉賞 2017 予想用ラップデータ:基本はスローペース、坂の上りで加速という形になりやすいレース
【競馬】パドックで菜七子に興奮した木幡1号が速攻シ○り始めるw
noimage
noimage
24日◆【期間限定】浦和競馬 無料メルマガ限定予想◆
【パドック直前情報】中山2R 1番人気診断
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP