投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【有馬記念】平成最後のGPは3歳馬ブラストワンピースが制す!G1初制覇

 12月23日の中山11Rで行われた第63回有馬記念(3歳以上オープン、GI、芝2500メートル、定量、16頭立て、1着賞金=3億円)は、池添謙一騎手騎乗のブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)が平成最後となる有馬記念でGI初制覇を成し遂げた。

 ブラストワンピースは春のダービーは不利に泣き5着に敗れ、夏の古馬を相手にした新潟記念では直線、馬場の大外を突き抜けるド派手なレースぶりで快勝。秋の菊花賞では道中、外々を回らされたこともあり4着とひと伸びを欠き、クラシックでは勝利を逃したが、菊花賞以来となった暮れの大一番で、デビュー以来一貫してコンビを組む池添謙一騎手に導かれ大器が本領を発揮。平成最後となるグランプリを制し、悲願のGIタイトル奪取となった。

 マイルチャンピオンシップ(ステルヴィオ)、JC(アーモンドアイ)、チャンピオンズC(ルヴァンスレーヴ)とこの秋、古馬混合のGIを立て続けに制し、早くも近年最強との呼び声も高い3歳世代からまた一頭、日本の競馬界を引っ張っていく1頭が誕生した。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000550-sanspo-horse
189

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
ヒルノデイバロー四位が泣き真似をして悔しがるwwwww
noimage
【AJCC】ブラストワンピース調教でモタモタ…大竹師「これで変わってくれないと」
【エリザベス女王杯】ミスパンテール昆調教師「ノリちゃんは日本で最高のジョッキー」
福永「週末以外は好きなものを食べる。満腹になるまでは…」
【!】JRA今週も新型コロナで無観客競馬
【コリアC】ロンドンタウン圧勝!日本馬2頭のワンツーフィニッシュ
【悲報】ショウナンバッハさん、ラストランの中山金杯除外で引退へ
【毎日王冠】リアルスティールの追い切り凄すぎwwww
フィエールマン放牧へ 今後は宝塚記念を目標に
【競馬】 宝塚記念ファン投票 最終結果発表
【オークス】 トーセンブレス、出走取り消し
【競馬】 ビュイック騎手、4年ぶり来日 11月から関東拠点
【神戸新聞杯】 ワグネリアンの鞍上は藤岡康太騎手に決定
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP