投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【有馬記念】 キセキ清山調教助手「獣医師が『ジャパンCに向かうときよりもいいんじゃないか』と言ってくれた」

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/17(月) 20:06:11.56 ID:cjvsjTa60.net
キセキ 馬

今年の競馬もいよいよ大詰めを迎えた。有馬記念ウイークは、何度経験しても高揚感があって、自然と気合が入る。
初めて師走のグランプリで密着連載を担当した昨年は、◎シュヴァルグラン3着で涙をのんだ。今年は、何としてもリベンジを果たしたい。
連載初日は競馬開催日のため、滋賀・栗東トレセンの開門時間は午前3時30分。今年、初めて調教スタンドの温度計がマイナスを示しているのをみた。氷点下1度の冷気が身にしみる。

狙いを定めたのは、この秋のGIで評価を上昇させたキセキ。天皇賞・秋では先手を奪って厳しいペースをつくり、6番人気ながら3着に好走。
前走のジャパンCでもアーモンドアイの勝ちっぷりに目が行きがちだが、芝2400メートル2分20秒6のスーパーレコードを作り出したのは、間違いなくこの馬の逃げだ。
となると、GI連戦の疲れと前走の反動が気になる。

この日は、4ハロン56秒5-13秒1で登坂。この馬らしい力強いフットワークを見せた。作業が終わるのを待って、厩舎に直撃。清山助手に、状態面を聞いた。

「前走後は、心臓もそうですし、肺の音も筋肉の感触も何度もチェックをして慎重にやってきた。
こちらも不安に思っていたけど、獣医師が『ジャパンCに向かうときよりもいいんじゃないか』と言ってくれて、ビックリしました」

今回のメンバーで、今秋GI3戦目となるのはこの馬のみ。肉体的にも精神的にも極限の戦いとなるGIだけに、消耗も大きくなりやすい。
へこたれてもおかしくないが、さらに上昇しているというのだから驚きだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000564-sanspo-horse



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【競馬】 ルメール「サトノダイヤモンドはディープの子だし、欧州の重い馬場だとどうか分からない」
【桜花賞】 レシステンシア坂路で49秒5 武豊「軽く伸ばしただけであれだけのタイムが出ました」
noimage
noimage
【競馬】 歴代ダービー馬で一番人気がない馬は?
【競馬】 ゴジラVS〇〇  ← 1番しっくりくる競走馬の名前は?
noimage
【競馬】 スマートオーディンが約2年ぶりに復活するわけだが・・
【競馬】 皐月賞はタイムフライヤーが一着になって「ああ・・・」って感じになりそう
noimage
【競馬】 もし、サトノダイヤモンドが今引退したら歴代でどのくらいの馬に相当するの?
noimage
noimage
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP