投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【チャンピオンズC】ゴールドドリーム筋肉痛で回避wwwwwwwww

73

 チャンピオンズC(12月2日、中京・ダート1800メートル)で昨年に続く連覇を目指していたゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が、右肩の筋肉痛のため同レースを回避することが決まった。28日、管理する平田調教師が発表した。

 この日、クリストフ・ルメール騎手騎乗で最終追い切りを予定していたが、前日の調教後に歩様に違和感が見られたため、追い切りを自重。平田調教師は「一日経過を見て良化はしていますが、完調には至らず、これだけの馬なので出走を見合わせることにしました」と説明した。今後はノーザンファームしがらきへ放牧に出し、経過が順調なら東京大賞典(12月29日、大井・ダート2000メートル)を視野に調整していく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000074-sph-horse
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

サトノダイヤモンド戸崎「大阪杯までまだ時間があるので、いろいろ研究していきたい」
【次走報】ゆりかもめ賞圧勝のブラストワンピース 毎日杯から日本ダービー
蛯名が史上4人目JRA通算2500勝達成!デビュー32年
レイデオロ3着 バルジュー「ファイトが薄かったね」
オジュウチョウサン長山オーナー「来年はドバイと凱旋門賞に行く」
アーモンドアイ、日本ダービーに挑戦か?!
有馬記念ファン投票 第1回中間発表!
メイショウマンボが父メイショウボーラーの子を出産した件
【競馬】 マイラプソディの2週前追い切り 友道師「気持ちの問題なのか、何か伸びきれなかった」
ルメール「ミルコちゃんゴメンね~(笑)なんで仕掛けを我慢できなかったの?」
noimage
【次走報】リアルスティールはドバイターフ直行 前哨戦挟まず
【朗報】無観客で今週末はグリーンチャンネル無料放送!
ルメール、コパノキッキング菜七子を警戒「誰が乗っても走ってくれる凄くいい馬」
【枠順確定】第97回凱旋門賞 /エネイブルは6番ゲート/クリンチャーは1番ゲート 
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP