投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

JRA改革!菜七子ルール導入 大幅緩和で女性騎手の減量に恩恵

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/11/16(金) 03:07:05.14 ID:bpqnXqBr0.net
JRA(日本中央競馬会)が来年1月から女性騎手に限り、減量特典を大幅に緩和する新規定を導入することが15日、分かった。
週明けにも正式発表される。現在は男女問わず3キロ減からスタートし、通算勝利が101勝に到達するか、デビューから6年目以上になると特典が消滅する。
新規定では女性騎手だけは4キロ減から始まり、勝利数やキャリアに関係なく永久に2キロ減は保証される。
これにより、藤田菜七子(21)を筆頭に女性騎手が一大勢力となる時代が到来するか。

 「菜七子ルール」ともいうべき、新たな規定が誕生する。現状では男性騎手と同じルール下にある女性騎手の減量特典。
だが、来年1月から見習女性騎手は4キロ減からスタート。50勝以上で3キロ減へと移行し、101勝すれば2キロ減。
見習い期間が過ぎたデビュー6年目からも2キロ減が永久保証されるというものだ。

 競走馬は牝馬は牡馬より負担重量は2キロ軽いが、騎手については男女平等の条件下で行われている数少ないプロスポーツ。
今回の新ルール誕生の背景には、JRA唯一の現役女性ジョッキーである藤田菜七子の存在が大きく影響していることは想像に難くない。
菜七子のJRA騎乗回数はデビュー3年目で早くも1200回(15日現在)。それを支えてきたのは騎乗技術とともに、人気と減量特典だ。
馬の負担重量が軽ければ軽いほど有利になるのは明白。競馬界では重量が1キロ違えば、1馬身、0秒2差違うと評されてきた。
日本に先駆けて女性騎手の減量策を採用したフランスの文献では「減量効果は距離が延びるほど大きく、
2400メートル戦で2キロ減なら計算上、3馬身1/4のアドバンテージとなる」とも報告されている。

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

木幡巧也騎手今年4回目の騎乗停止決定!!もしかして新記録?
noimage
クリスチャン・デムーロ騎手とやらは何者?
【勝率4割超え】モレイラ神が中山に降臨
柴田ヨシトミ騎手 96連敗 関東の名手がなぜこうなった\(^^)/
【定期】木幡3号、やらかす
ミルコデムーロ騎手 重賞1勝 平場5勝の大暴れwwwwwwwwwww
藤田伸二元騎手が北海道競馬で再デビューって話どうなった?
47勝川田、36勝ルメール、33勝武豊、21勝松山、20勝福永
ミルコ・デムーロさんついにスキンヘッドになるwwwwwwwwwww
武豊「若手騎手には『おやおや?』と感じることもある」 アンカツ「今は調教師もうるさくない」
中山の江田照基地がうるさすぎる件
石橋脩騎手、特別勝20勝
noimage
柴山雄一さん栗東所属になる
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP