投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【JBCクラシック 2018】出走馬予想オッズ・1週前予想+天皇賞(秋)回顧・隙なしルメール・勝負師川田

この記事では、2018・JBCクラシックの出走馬の見解、及び予想オッズについて。

今年は中央の京都競馬場で初開催となる大将格。本来であれば地方所属馬と中央馬の激突となるが、今年は中央開催ということで大半がJRA所属馬となりそうだ。現状地方中距離路線の大将格といえるリッカルドやヒガシウィルウィンが出走してこないこともあり、ほぼJRA所属馬同士の争いと考えてよさそうだ。それでは早速JBCクラシック2018のまずは予想オッズを見て…行く前に天皇賞の回顧を少し。

~天皇賞(秋) 2018 結果

1着 ▲4レイデオロ(2人気)
2着 △9サングレーザー(4人気)
3着 △10キセキ(6人気)
-------
8着 ◎3ヴィブロス(7人気)

IMG_9917

秋の府中、夕方。物悲しい中の高揚感…。

レース前にはダンビュライトの暴れっぷりが尋常じゃなく、戸崎騎手もさすがに抑え切れなかった…無念の除外。でもアレですな、騎手振り落として走り回る馬って本当に楽しそうでちょっとほっこりする。JRAとしたら売り上げ激減でそれどころじゃないだろうが…。

レースは期待した◎ヴィブロスが少しスタートで出過ぎてしまった。掛かって失速。

う~ん、競馬は難しいな。次走はマイルCSへ向かう模様。

レイデオロは強かった、強烈なインパクトを与えるタイプではないが、何よりレースが上手。

豪快さはないがレースが上手→これは現代競馬で勝ち続けられる馬の条件でもある。

騎手も上手い。一瞬で動けるから不利も受けにくいし、ゲートが課題だがこの日は許容範囲。こういう操縦性の高いタイプはデムーロよりルメールの方が上手い。

スワーヴリチャードはスタートで出遅れた上に接触して完全にリズムを崩した。ただそれだけとも思えない、走る気すら感じられなかったのは気掛かり。次走以降に暗雲が…という感じ。

なお、レイデオロはこの後ルメールが乗れないジャパンカップではなく有馬記念へ向かう模様。年末の大一番が盛り上がるのは嬉しいですね。

今年はワグネリアン、ダノンプレミアム、ステルヴィオ、ディアドラといったところが出て来れればもっと面白くなったとは思うのですが、無事走り続ける、出走するのも能力の一つ。

騎手で言えばキセキの川田。相変わらず大一番での度胸がある。これで秋G1ではスプリンターズS1着、秋華賞2着に次いでの馬券圏内。今後のG1でもまだまだ期待できそう。大事なところで、プレッシャーのかかるところでリスクを背負って勝負に行ける男は強い。

そんな感じ。詳細回顧は競馬ノートにて今夜か明日には配信できると思います。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート

続きでJBCクラシック2018の予想オッズ・見解などを。
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【高松宮記念2018】予想オッズ&展望~レッドファルクス一応の主役も混戦模様~
阪神大賞典 2018 予想オッズ&展望~クリンチャーがとうとう1番人気~
【日本ダービー2018】予想オッズ&展望~回顧・アーモンドアイ3冠へ向けて視界よし~
皐月賞2018予想オッズ~1番人気はステルヴィオ(たぶん)、キタノコマンドールは単勝中心に売れて3番人気~
【有馬記念 2018 予想オッズ&出走馬診断】~池江師『サトノダイヤモンドも現時点で発揮できる力は目一杯出している』の言葉の重み
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP