投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【天皇賞秋2018の有力馬診断(後篇)】~現役最多5勝の秋天ハンター藤沢和雄厩舎(前哨戦1人気裏切り→人気落ち秋天激走例も過去数多)~

☆天皇賞秋の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【天皇賞秋の有力馬診断(後篇)~現役最多5勝の秋天ハンター藤沢和雄厩舎(前哨戦1人気裏切り→人気落ち秋天激走例は過去数多)~】
tfyguio
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
▽ミッキーロケット牡5和田竜58音無(栗東)
そもそも特殊コース条件と特殊季節で能力よりも適性・状態が問われるのが宝塚記念ですが、本年宝塚記念も雨馬場と内有利馬場バイアスもあってそれが顕著なレースだったと思います。
それを最も味方にできたのが1着ミッキーロケットと3着ノーブルマーズ。
ミッキーロケットは調教なんかでもモタれる面は相変わらずある馬ですが、右回りでも直線ラチ沿い…それも内有利馬場のラチ沿いを確保できたのが相当大きかったはず。
特に相手として迫って来たワーザーは外枠外差し競馬の不利な形でしたので、そんな完璧な騎乗から一歩でもズレていたら勝利までは難しかったでしょう。

それ以前の好走歴も洋芝若しくは渋化馬場がメイン…特殊条件の宝塚記念で一世一代の大駆けをした馬を東京良馬場G1で買うワケには…。


▽ヴィブロス牝5福永56友道(栗東)
ラストシーズンとなる今期は天皇賞秋→マイルCS→香港マイルの全3戦を予定…その初っ端の秋天でどこまで走らせるかというのが第一疑問点。

昨春シーズンも好走はドバイだけ、昨秋シーズンも結局は府中牝馬Sだけ、今春シーズンも中山記念と宝塚記念は駄目でドバイだけ…1シーズンで1度しか好走できていないorさせていない近況。
また、4歳以降に御せたのは結局はデムーロルメールだけ…。
イメージ以上にストライクゾーンが狭い馬という印象です。

前走宝塚記念での敗因としては条件が重すぎた&掛かったという2点が大きかったはず。
渋化馬場の阪神二二というのは本来牡馬に分があるタフな舞台条件で、それで折り合い苦労してしまっては伸びきれずも止む無しと思えます。

 4走前エリ女凡走については外枠先行策で掛かったのが全てでしょう…これまでの激走歴はインから器用に捌けた場面だっただけに、初距離二二で外目競馬で掛かるという真逆の形は如何にも厳しかった印象でした。
3走前中山記念は破格賞金ドバイへの叩き台という一戦で、そこで余力を残した結果というのは既定路線だったとの印象もあります。

それでもドバイターフではキチンと結果を出した以上は、やはり力を持っている馬には違いありませんが…果たしてその狭いストライクゾーンでみ繰り出せる本領発揮を福永J騎乗の秋初戦で期待して良いのかと言えば…?


▽キセキ牡4川田58中竹(栗東)
前走毎日王冠は逃げ切ったアエロリット×モレイラの後を追走して、そのまま粘り込んだという競馬。
一桁着順馬の中では最も上がり遅い部類ながらも楽々前残りというのは、やはり展開利という側面は大分強いです…昨年神戸新聞杯&菊花賞当時の能力値まで戻っているかは懐疑的。
今春は主に気性面の問題あって結果を残せなかった経緯で、それがスローペース2番手追走を難なくこなせた辺りは収穫ですが…それが果たして連戦でも継続できるのかは何とも言えないトコロです。


▽サングレーザー牡4モレイラ58浅見(栗東)
3歳春までは中距離克服の教育で出世が遅れた経緯で、折り合い面を気にしなくて済む距離マイル以下転向後から快進撃という経緯。
距離1400から距離マイル戻った昨秋マイルCSでは折り合い不安を投げかけたが、結果的には宥められる程度で気性面でも大いに成長をアピールした激走結果だった。
ただし、そのマイルCSにしても3走前阪神カップにしても2走前マイラーズCにしても、速めのペースで差し追い込み有利展開で、折り合い重視策が良い方に転んでの連続好走。

前々走安田記念でも十分速めのペースだったものの、少し位置を取りに行った分で折り合い面で少し勿体ない競馬に。

前走札幌記念でも折り合い面で怪しい所はゼロではなかったですし、それでも内枠・Hペース・道悪という折り合い味方材料が揃っていただけに…普通の距離二千条件でも必ずしもとまでは言えないです。

つまりは、距離マイルHペース寄りでも差し競馬をしようと出して行くと粗を見せる位の折り合い難で、距離二千でスローペース必至のココは簡単ではない場面だろうと。

▲サクラアンプルール
一番の穴目で拾いたいのはコノ馬です。
まず今の府中芝はスローペース競馬頻発傾向であり、そして今回天皇賞秋もどう考えてもペースが流れそうになりメンバー構成です。
極悪馬場で施行の昨年を除いた近3年の天皇賞秋は前半3F36秒台中盤から上がり3F33秒台の勝負でしたが、本年の場合には更に上がり特化のレースになっても驚けません。
スローの秋天は毎日王冠で高速上がりを使って好勝負した馬が大きなシェアを占めます。
〇〇〇〇〇は毎日王冠ではありませんが、同じく距離千八の前哨戦G2レースの超スローペース競馬で強敵相手に激走して経歴があります…外回り直線は鍵になりますが内枠を引き当てて直線で一脚に賭ける勝負ができれば可能性はあるかも知れません。


★レイデオロ牡4ルメール58藤沢和(美浦)
好みの重賞・レースがハッキリしている藤沢厩舎…現役調教師の中で天皇賞秋最多勝という秋天を知り尽くすと言っても過言ではない藤沢和師ですが、その多くは当然の様に毎日王冠などステップレースを経て挑んでいるワケですが、実はその段階での戦績は寧ろ振るわないと言っても良い位の数字になっています。

“ステップ戦では1人気を裏切る好走未満→人気落ちの天皇賞秋激走”は厩舎の十八番パターンであるとも。
------------------
●藤沢厩舎の重賞別成績(00年~18年8月)
札幌記念[0-0-3-13](連対率0%)
セントライト記念[1-1-1-17](連対率10%)
オールカマー[1-1-1-10](連対率15%)
毎日王冠[1-1-1-14](連対率12%)

天皇賞秋[4-3-2-13](連対率32%)
-------------------

レイデオロの場合にはそのステップレースであるオールカマーでも1着好走しましたが、“にも拘わらず好走した”という方の捉え方をして良いのではないでしょうか。

特にレイデオロの場合には3歳春は2戦のみ、3歳秋も2戦で早々を切り上げざるを得なかった通り、体質的に連続勝負に難がある馬です。
前走オールカマーは調教過程からも大分秋G1を見据えていた感がありましたが、それでも力で捻じ伏せて見せたのは馬の能力を評価する他ありません。

バルジュー騎手に壊されかけた気性面も間隔を空けてリカバリーを見せたのは大幅プラス要素ですし、ココは順当に好走が望める場面と見ます。

★○○○○○○(←天皇賞秋の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
本年重賞で〇〇〇騎手が最終追い切りにも騎乗した馬の成績は[3-2-1-4]で好走率6割と高水準。
〇〇〇騎手は調教が下手と言われますが、それは陣営の時計指示よりも自分の手応えを重視するせい…実際に数日後にレースに騎乗するのは自らですから、実は後者の方が競走結果に直結させられると言えるかも知れません。
〇〇〇騎手がこれだけ調教付きっ切りになるのも珍しいですし、その本気度と自ずの勝負仕上げで…水準以上に整った状態で出てくるコト必至ですのでやはり高評価せねばならない一頭と見ます。

--------------------
☆天皇賞秋の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

メルボルンカップ 反省会
武幸四郎&藤田菜七子のダービースタリオン マスターズのCM4月下旬から放映決定!!!
noimage
noimage
武豊さん最内wwwwwww
【競馬】武豊「(ラニ 17着)ダートと同じような脚しか使えなかった」
noimage

函館1~4レース

マイルチャンピオンシップが無料
【パドック直前情報】中山3R 1番人気診断
テーオーエナジー 藤岡康太でダービー参戦決定
12月10日(日)ばんえい競馬 全レース予想
IGRAMO SKRIVAČA U ROBLOXU I SAKRIO SAM SE OVDJE! :O
noimage
noimage
【競馬】中京8RでブエナビスタVSジェンティルドンナの産駒対決
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP