投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

先週結果/秋天注目馬(PL最上位馬)先行紹介/[府中牝馬]から特注馬[ミスパンテール]~横山典ヤラズのせいで負けたは×→横山典にヤラズを選択させる馬の状態不良のせいで負けたが〇~

☆天皇賞秋の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果(※包み隠さず全予想の公明正大な結果報告です)と雑感
ブログ◎土マルタ8人14着・日テッコン5人14着/完全版◎3人1着・8人5着・7人3着
uipio6r7ty890p
週初段階から弱気感を漂わせていた鬼門菊花賞は撃沈…この後のG1戦線は好みの芝古馬のレース続きますので(秋天~エリ女~マイルCS~JC)、キチンと勝負できる予想を用意するつもりです。
正確を期す為に全て書きますが…日曜東京11Rは予想印は「◎ラインルーフ(単系推奨馬)・△グレイト」で買い目は「単系基準買い目(馬連馬単)+単勝◎+馬連◎△」と書きました。2着は(本命馬以外で)単勝人気9番目で、他の券種(複勝/馬単/三連単/三連複/馬連/ワイド)では全て6~7人気でした。単勝のみブレた人気でしたが実質的には7番目に売れていた馬で、私の馬券は手広く行ってのこの通りですが、もし丸乗り派の方で機械的な購入で絞って購入された場合には単勝のみ的中だったはずです(それでも+に寄与する予想だったはずですが、くれぐれもそれ次第で負けも、と正直に申し上げておきます)。
(※受付番号付きで公開している通り、複数枚購入して的中した1枚のみ見せて高回収率に見せるやり口ではないです…私はそれは過去にも未来にも一切ありませんで、ありのままをお見せする様にしています。)
(※基準買い目については「丸乗り用に画一的な設定ではありませんので、回収率を数%でも上げようとするならばそういうケースバイケースでの臨機応変な対応に労を惜しむべきではないという啓蒙の意味合いも込みで幅を持たせている」と記している通りです。完全買い目指定予想もありますが、そうではない場合には予想上の的中不的中は出ても馬券上での的中不的中は読者様の予想・馬券次第です…なので普段から、予想を買い目に昇華させる際の考え方や基準買い目の工夫を見て貰うべく、自身購入馬券画像(不的中馬券画像を見せることの方が多い)を取り上げていますので…この資金配分も含めてコレも私の平常運転の買い方でした。)

ラインルーフは予想見解でも「真剣味に欠ける部分が何かの引き金を引いてそうで…。ダートでの3走前2着は完全に抜け出したトコロから大外強襲を食らい、2走前3着も直線で一頭になって集中力を欠く様な競馬での善戦止まり」との指摘をしましたが、こうやって直線で併せ馬の形の区間が長ければ長いほどに強さを発揮するという姿を見せてくれました…もっと強い相手関係のレースでも期待したいです(※故障引退の報)。

☆天皇賞秋のMY馬柱
tfyguio

☆先週重賞[府中牝馬S]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
9着ミスパンテール
半出遅れから、やる気見られない様な後方追走から、直線ではムチも入らずの所謂ヤラズの挙動で…結果はただ回って来ただけと言える9着凡走。

昆調教師は調教失敗(2週前に調教時計を出し過ぎた)を敗因に挙げていましたが、それが最たる要因であるのか、又は休み明け初戦や遠征の影響もあったのかも知れませんが…パドックなどレース前から馬のテンションが上がっていた様子が見て取れましたので、そういう横山典Jにヤラズを選択させる状況だったのでしょう。

卵が先か鶏が先かみたいな話ですが(ちょっと違う)…横山典Jヤラズのせいで馬が負けたのではなく、馬の精神状態が悪かったせいで横山典Jヤラズを呼び込んで負けたという方が正確だろうと。

そんな今回敗戦・着順は度外視して見るべきで、今度こそ横山典Jの手腕を存分に生かせる様な=自在に競馬ができる様な馬の状態であるならば、何事も無かったかの様な一変結果が起きるはずです。

--------------------
☆天皇賞秋の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→14週前からこの週初記事にて独自設定のパフォーマンスレベルが最上位馬として推した馬は、約半数は1番人気以外からで[8-1-1-3]という(唯一未掲載7週前も最終的にはPL最上位馬の◎トリオンフ1着&グリム1着)。
この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですし、私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでも少なくとも相手馬目線ではコレは素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきでしょう。
今回天皇賞秋に於いても、近走パフォーマンスレベル最上位評価の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
レーヴミストラルが現役引退、地方競馬へ売却予定
noimage
2歳リーディングサイアー「リアルインパクト」凄すぎwww
noimage
noimage
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:オートクレール、超高速馬場適性不気味も少し嵌った面もあり、強敵相手にどうか
【チャンピオンズC】なんでテイエムジンソク古川は逃げなかったの?
noimage

福島牝馬S1 連動レースの法則

アメリカ遠征中のエピカリス挫跖か
【パドック直前情報】中山9R 1番人気診断
noimage
【悲報】フェブラリーステークスのメンバーショボくなる
【競馬】スターホース?トーセンブレス快勝!/新馬戦
阪神芝1600m・外/騎手・種牡馬データ(2018アーリントンC)
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP