投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ルメール「ミルコちゃんゴメンね~(笑)なんで仕掛けを我慢できなかったの?」

2

1: 2018/10/21(日) 20:51:56.78
そう言う藤岡佑だが、クリンチャーに騎乗した昨年は果敢に攻めていっての2着。それは「スタミナ」の絶対的な裏付けがあったからだという。

「常識的にはあんな追い上げ方は考えにくい。実際、レース後にクリストフ(ルメール)に“なんでもっとガマンしなかったの?”って言われました。 道中でもうちょっとガマンして脚をためていれば、最後にもう少し脚を使えたって思う人もいるでしょうね。でもスタミナに強みがある馬だからこそ、ああいう競馬ができたんですよ」

そう言う藤岡佑だが、クリンチャーに騎乗した昨年は果敢に攻めていっての2着。それは「スタミナ」の絶対的な裏付けがあったからだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000035-tospoweb-horse
結局、ルメールが全て正しい
藤岡は勿論、デムーロもワンテンポ早仕掛けで取り零したのは明白

ルメール「なんで、もう少し我慢できなかったの?」こういうこと
長距離で早仕掛けして勝てる馬はいない、どれだけ我慢できるか、それを我慢し過ぎるのか、仕掛けを早くしてしまうのかの違いであり、ルメールはこのタイミングが本当に上手い

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】 木幡育也騎手、利尿剤「フロセミド」検出で30日間騎乗停止
【悲報】キセキはジャパンカップ回避で香港ヴァーズ出走へ
ゴールドアクター年内休養 「疲れが取れない」
noimage
【サウジカップ】武豊「アメリカのダートにオールウェザーが混ざった感覚」
ミッキーロケット、復帰は直行で天皇賞・秋
【菊花賞】エポカドーロ藤原調教師、逃げ宣言「ハナを切るのが一番いい」
リアルスティール次走ドバイ・ターフの鞍上は何とデットーリ
【朗報】ディープインパクトとの種付けの為にクールモアがWinterとMindingを日本に派遣
ローズS回避のアドマイヤミヤビが引退 繁殖入り
アルバート来年9歳も現役続行 適鞍がない春は全休してステイヤーズSが目標
【次走報】たけし命名のキタノコマンドールは福永ですみれSへ
戸崎「G1勝ちたい?別に特別な意識もない。やることも同じですし」
【有馬記念】アーモンドアイ国枝調教師「天皇賞秋よりも数段上」
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP