投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【スプリンターズステークス2018の有力馬診断(前篇)】~“TMS◎で昨年高松宮記念激走⇔TMS×で連続人気裏切り”のTMS連動馬セイウンコウセイ~

☆スプリンターズSセイウンコウセイのTMS情報&取捨は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【スプリンターズSの有力馬診断(前篇)~“TMS◎で昨年高松宮記念激走⇔TMS×で連続人気裏切り”のTMS連動馬セイウンコウセイ~】
65768uio
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

―キャンベルジュニア牡6田辺57堀(美浦)

まずは前々走安田記念時の有力馬診断を参照↓
『昨年ダービー卿CT回顧では「今回は勝負の中1週ローテで挑んできた。グレーターロンドンの回避によって出走に傾いたとの話で、最終追い切りは異例の木曜追いというリスキーな選択。それが結果にどう響いたのかを読み取るのは難しいが、そういう確かなマイナス材料あった中での2着確保は立派」と書きましたが、結果的にはその無理が祟ったのか京王杯SCは調子落ち、秋のスワンSでも阪神カップでも物足りない調教過程になっていました。

そこから長い時を経て調教過程時点から立ち直りを見せたのが前々走ダービー卿CT2着でした。

条件戦時代の良績も間隔を空けた場面に集中で、昨年も中1週使い後に不振に陥っている通り、状態面を維持するのにそれなりに注文付く馬です…前々走と前走はそれなりに間隔空いたローテで連続好調維持で連続好走を果たしましたが、その京王杯SCで賞金上積みをして挑むコトとなった今回安田記念はそういう配慮ローテではありません。

実際に昨年はそれで失敗していますし、過去に遡っても叩き数戦には耐えられていない馬なので…そんな今回は重視はしたくないです。』
・・・
今回は走り頃の休み明け初戦キーンランドC4着からの中4週ローテで、それは上記の通り良い材料ではありません。
また、前走有力馬診断でも『初距離千二がどうかがポイントでしょう…その点では血統的にもレース振りからもあまり良いイメージは持てないのが本音』とした通り、キーンランドC4着止まりからもこの距離で更にやれる馬だとは見ません。


▽ダイメイプリンセス牝5秋山55森田(栗東)
前走北九州記念日の小倉芝はやや内有利傾向…展開厳しかった内先行馬ラブカンプーこそ捕らえられたものの、その内を捌けてしまったアレスバローズを外から差すのは難しかったという2着止まりに。
一昨年も昨年も夏場に調子を上げている夏馬疑い馬で…直千アイビスSDを目標にして、そこで勝利したからサマーシリーズ獲りに北九州記念も連戦して…この手の馬は例年だと余力の面で厳しくなるのが相場で、また季節進行の面で限界は近づいていてもおかしくないですが…。


―キングハート牡5北村宏57星野(美浦)/除外対象1頭目
まずは前走キーンランドC時の有力馬診断を参照↓
『4走前シルクロードSでは始動戦馬受難傾向レースでの休み明け初戦凡走という経緯。
その上、コノ馬の場合には帰厩後にも脚元不安残っていた模様で本来の形ではない坂路調教のみで仕上げられていたというワケ有り要素もありました。

それに対して3走目オーシャンSでは通常通りのコース追いを取り入れられており、結果的にはなんてコトは無い攻め強化での休み明け2戦目での一変劇でした。ただ、6着馬までが0.1秒差内にひしめき合う大混戦で、中枠先行からの完璧に流れに乗る騎乗あってこその勝利なので価値は微妙です。

前走函館SSは高松宮記念以来の休み明けローテとなりますが、それでシルクロードSパターンの調教過程ならば軽視・オーシャンSパターンの調教過程ならば重視という説を提唱して…2週前まではプール多用と坂路オンリーというモノで、1週前になってようやくW調教を課してきました…つまりはそれの中間に位置する調教パターンで好走できずでした。

そして今回ですがほぼほぼ坂路オンリーの仕上げです…この調教パターンである内は疑えてきてしまします。』
・・・
つまり、コース追いを取り入れられた4走前オーシャンSだけ1着激走で、それが満足にできなかったor負荷を掛けられなかった5走前3走前2走前前走は凡走という分類ができます。

今回は1週前にウッドコースで長めの追い切りを消化ですから、変わり身は見込める調教過程です。
とはいえども、単純能力的に足切りしたいラインの馬にはなりますが…。


▽ワンスインナムーン牝5石橋脩55斎藤誠(美浦)
昨年スプリンターズS3着激走が光りますが、17年の中山芝千二レース(特に17年9月開催)は極端な内枠有利バイアスがあって、当時予想時にも詳説しましたが“内枠馬”がほぼ間違いなく“複数”馬券に絡む程の異常事態だったのです……コノ馬の内枠逃げ競馬というのは完全にバイアス利あった競馬でしたので、その3着の価値は微妙です。そして、本年・直近に於いては、流石に揺り戻しがあってその傾向は消えています。
つまり、昨年と同じだけのパフォーマンスならば本年は3着までは足りない計算が成り立ちます。


―ラインスピリット牡7武豊57松永昌(栗東)
●過去の馬体重二桁増時の出走回とその成績
15年10月桂川S 8番人気2着 (前走小倉から中11週で今回京都/16キロ増)
15年12月浜松S 8番人気6着(前走東京から中2週で今回中京/14キロ増)
16年10月オパールS 13番人気1着(前走小倉から中6週で今回京都/20キロ増)
17年11月京阪杯 12番人気6着[0.1秒差](前走新潟から中3週で今回京都/14キロ増)

●近2年の地元競馬(京都阪神)での成績
6走前淀短距離S1着/444キロ
7走前タンザナイトS2着/446キロ
8走前京阪杯6着(0.1秒差)/442キロ
14走前シルクロードS5着/446キロ
15走前淀短距離S3着/446キロ
16走前京阪杯8着(苦手雨馬場)/446キロ
18走前オパールS1着/444キロ
↓↓↓
毎度馬体重についての懸念が呈される馬ですが、それは上記の通り非輸送競馬ならば実は相当馬体重安定しており、輸送競馬だと問題になってくる話になっています。
また、前者の場合には、それと比例してパフォーマンスについても相当安定しています。

前走セントウルSは非輸送競馬だったので、馬体重440キロ台で苦手とする雨馬場ながらも見所ある走りをしました。
また非輸送競馬且つ良馬場の2要件揃うタイミングで狙いたいですが、今回は鬼門の輸送競馬というのと流石に相手関係的にも厳しいので…。

?セイウンコウセイ 牡5 池添 57 美北 上原
まずは昨秋スプリンターズS時の有力馬診断見解(抜粋)を参照↓
『高松宮記念激走については、ダートレースでの良績や芝道悪での良績からも当時の渋化急坂のタフな条件への適性面での勝利という側面もありそう。
その上で、同じく4歳馬で当路線頂点を窺おうとしていたシュウジ・ソルヴェイグが自滅且つ他には非スプリンターや古い馬ばかりが上位入線という、言わば地盤沈下路線での消去法的な勝利であるとも。』

・・・
6走前スプリンターズSについては内枠から前に行けずに揉まれたのも堪えたというのと、そもそも状態面で水準まで達していなかったという話(高松宮記念はTMS◎・スプリンターズSはTMS▲)もありました。

5走前スワンSも今となっては距離千四適性がどうだったのかはモチロン関係あるとしても、それ以上にTMS×というのが目に付きました。それは3走前京阪杯も同様で、5番人気でTMS×ってのはやはり何かあるというコトですので。

そして4走前シルクロードSではTMS△で2着好走…本調子ならば高松宮記念G1完勝歴ある馬ですので勝って当然の馬だと思いますので、その意味では近2走よりは復調も本調子手前で恵まれた競馬での2着止まりというのは…ものすごい都合良い解釈をすればTMS情報の通りの結果とも言えなくは無いです。

そして3走前高松宮記念ではTMS×で6着止まり、2走前京王杯SCでもTMS△で5人12着人気裏切り凡走、前走函館SSでは近1年では最高のTMS▲で1着激走という推移。

まとめると 「高松宮TMS◎5人1着→スプリンターズTMS▲3人11着→スワンTMS×3人14着→京阪杯TMS×5人7着→シルクロードSTMS△5人2着→高松宮TMS×5人6着→京王杯×5人12着→函館SS▲3人気1着」というTMS連動馬と見做せるでしょう(そりゃ完璧な一致などあり得ませんが、前走比で上か下かでは完全に連動していますし、十分に大まかには一致していると見えるはずです)。

ですので、今回もソレを最重要ファクターとして活用させたい場面と見ます。
前走比で下のTMS△以下ならば軽視⇔前走比で上のTMS〇以上ならば重視と考えられるでしょう・・・肝心の今回週中時点のTMS情報&取捨は人気ブログランキングへ人気ブログランキングにて掲載とさせて頂きます。。
(※TMS(トラックマン・インサイダー)予想術とは=競馬専門紙の厩舎担当記者や騎手エージェントなど、内部と密な関係を持つ真の情報通が打つ予想印から[表に出ることのない好不調などのインサイドな情報]を、独自の手法を使って読み解く当予想のテクの一つ。TMS◎とは、その情報が◎(買い)というコト。)

--------------------
☆スプリンターズSセイウンコウセイのTMS情報&取捨は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「有力馬診断中篇・重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【パドック直前情報】阪神8R 1番人気診断
15日◆無料メルマガ予想【指数&購入馬券&馬場傾向】
4月8日(土)高知競馬 全レース予想 ※19時頃ランキング予想変更されます。
noimage
後藤ってなんで自殺したの?
noimage
【香港ヴァーズ】モレイラ騎乗 リスグラシュー2着
サトノアラジンが社台スタリオンステーションで種牡馬入り。 種付料は受胎条件100万円
noimage
noimage
◆6日【木】雲取賞(S3)について考えてみる◆【購入馬券】
noimage

大阪杯8 来る きっと来る

2017武蔵野ステークスデータ分析!関東馬で??は(0-0-0-22)
今年の桜花賞はラッキーライラックでほぼ決まりみたいな風潮だけどさ…
宝くじはギャンブルじゃない!って言う風潮なんなん!?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP