投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】 米ペガサスワールドCに芝G1ターフインビテーショナル新設!出走料50万ドル 1着賞金300万ドル

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/09/19(水) 06:44:39.06 ID:MS0L5K/c0.net
ガルフストリームパーク競馬場

競馬の2018年の世界最高賞金レース、米国G1のペガサスワールドCに来年、芝のレースが新設されることが18日、分かった。

レース名はペガサスワールドCターフインビテーショナルとなるもようで、来年1月26日、ガルフストリームパーク競馬場の芝1900メートルが舞台となる。
総賞金は7億ドル(約7億7000万円)で、1着賞金は300万ドル(約3億3000万円)となる見込みだ。

ペガサスワールドCは通常の登録料より高額で出走枠を販売するのが特徴。ダート1800メートルでのダートG1では過去2回は、これにプレミアをつけて転売することも可能だった。
新設の芝のG1の出走料は、来年から半額に引き下げられるダートと同じ50万ドル(約5500万円)に設定される。また、芝、ダートの両方を優勝したオーナーには特別ボーナスが付与されるプランもあるという。

主催者は、オフシーズンとなる欧州をはじめ、世界各国からの参戦を呼びかける。レース名通り、海外から招待されるプランも検討される。
日本では年末の有馬記念から4月の大阪杯まで芝の中長距離G1はなく、空白の時間。ドバイ国際競走までの2か月という間隔を考えても、日本調教馬の海外G1の新たな選択肢となる可能性は十分だ。
https://www.hochi.co.jp/horserace/20180918-OHT1T50160.html



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
藤田菜七子 3月10日から9日間の騎乗停止
田辺「オジュウの平地挑戦は陸上のボルトがサッカーに行くくらいの挑戦」
【弥生賞】友道調教師「ワグネリアンはこの当時のマカヒキに比べ心配なことの方が多い」
タマモベストプレイ引退 乗馬に
【競馬】 2018年度 新規調教師免許試験合格者 上村元騎手ら5名が合格
【競馬】アンビシャス、安田記念は松山に決定
【アルテミスS】6番人気シェーングランツ 差し切って重賞初制覇
ビートたけし命名2頭目は「キタノインパクト」
クリソベリル1着11億円サウジC参戦へ!ゴールドドリーム選出されれば年内引退却下
【チューリップ賞】マルターズディオサ叩き合いを制す!重賞初V レシステンシアは3着
【ペガサスWCターフ】アエロリット大惨敗wwwwww
コパノリッキー、チャンピオンズC前にJBC出走強行か
noimage
秋元康がジェンティルドンナ全妹を命名「ダブルアンコール」DMMから来年デビュー
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP