投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

アーモンドアイ シルク代表「秋華賞の後はジャパンカップが有力」

121

 春の牝馬2冠を完勝したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝厩舎)が、秋初戦となる秋華賞の後にジャパンC(11月25日、東京)への参戦を視野に入れていることが12日、分かった。

 オークスの後は福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出され、12日に美浦トレセンへ帰厩。国枝調教師は「見た感じでは成長している。ぶっつけ本番になるけど、調教で仕上がるタイプ。あと1か月、しっかりやっていきたい」と、決戦が迫り改めて決意を表明した。

 この日、美浦トレセンを訪れたシルクレーシング代表の米本昌史氏は「レースを使って反動が出る馬。あくまで馬の様子を見てから、その後を決めることになるでしょう」と前置きした上で、今後のローテについて言及。「秋にもう一戦使うとなると、ジャパンCが有力。オークスで強い勝ち方をしていますから」と世界の強豪が集う一戦へ意欲をのぞかせた。

 ジャパンCを過去に制した3歳牝馬は、12年牝馬3冠馬のジェンティルドンナのみ。「まずは秋華賞。いい結果を残したいですね」と米本氏。同じノーザンファーム生産の歴史的名牝を追い、いよいよ秋の戦いがスタートする。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000219-sph-horse

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

JRAが木幡育也に採決 3月13日まで騎乗停止処分
【中山記念】ステルヴィオ丸山「勝ちに行く!!」
15年中山大障害Vアップトゥデイトが引退、乗馬へ
【競馬】 蛯名「試験は落ちたがジョッキーを続ける。“まだ乗ってほしい”という声があったし競馬に乗ることは好きだから」
noimage
【ユニコーンS】サンライズノヴァ 4馬身差圧勝!重賞初制覇
noimage
アドマイヤマーズはMデムーロで共同通信杯から皐月賞へ
【エリザベス女王杯】ラヴズオンリーユー デムーロ「負けたのがつらい」
【競馬】 シルバーステートが優駿スタリオンステーションにスタッドイン 種付料は受胎条件80万円
【皐月賞】ワグネリアン福永「いつもの加速がなかった。原因がわからないです」
【競馬】ラニに招待状!ドバイワールドカップ参戦へ
【競馬】 DMM.comによる一口馬主「バヌーシー」主要馬の募集価格発表
【キーンランドC】12番人気 エポワス直線抜け出し混戦制す!重賞初制覇
【次走報】スマートレイアー、ヴィクトリアMではなく天皇賞・春 参戦
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP