投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

競馬チェックの重賞回顧~札幌2歳ステークス~


菊池 土曜に札幌で行われた札幌2歳Sも回顧していきましょう。

競馬大予言・秋G1トライアル号は9月10日発売!
18年大予言09月売り

http://amzn.asia/dzYbsTJ

札幌2歳ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/191697

<天候・馬場について>

菊池 札幌は「芝=稍重」・「ダ=重」でスタート。お昼頃には一段階回復して、「芝=良」・「ダ=稍重」になりました。

京介 土曜日の札幌がずっと、というわけではないだろうけれども、メインごろにはいい風が出ていて日差しも高かった。パドックが物凄く混雑して人の頭で埋め尽くされていたけれども、みんな軽装だったし非常に過ごしやすい1日だったようだね。木金はまた雨とぶつかるのかとやきもきしていたんだけれど、そんな心配をよそに。

京介 とはいえ、馬場はだいぶボロボロになってきたのがハッキリわかる様子だった。さすがに最終週で、途中には雨の中での開催日もあったしなあ。レーススタート直後のしょっぱなから、土煙が上がっていたぐらいだからね。

菊池 血統の偏りも見られましたね。やけにトニービン持ちの馬が走るとか、ハービンジャーが穴をあけたとか。

京介 さすが菊池くん、良く見ているね。1着馬に軒並み同じタイプが勢揃いしていたわけじゃないけれども、ラスト1~2Fがガクッと掛かる荒れ馬場で、カーブが緩い小回り。土曜日の競馬だけでも、歩幅が狭いタイプは全く脚が続かず、惰性で生きる大トビ血統が幅を利かせていたね。

京介 しかし最近は「ダンチヒ向きかな?」という雰囲気の馬場状態になると、とたんにハービンジャー旋風かのように高額条件で顔を出してくる血統になったよなあ。ハービンジャー産駒が年々優秀になってきているのもあるけれど、最新のダンチヒ=今ならハービンジャーというイメージが濃くなってきた。デインヒルの仔は日本じゃ大した旋風を巻き起こせなかったからね。


続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 日経新春杯 ~」
オクノ・菊池グリグリの「毎日杯回顧!」
京介・菊池グリグリの「アルゼンチン共和国杯回顧!」
CBC賞2019回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
根岸ステークス2019回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
競馬チェックの重賞回顧~神戸新聞杯~
競馬チェックの重賞回顧~関屋記念~
京介・菊池グリグリの「阪神カップ回顧!」
京介・菊池グリグリの「セントライト記念回顧!」
競馬チェックの重賞回顧~ローズステークス~
NHKマイルカップ2020回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
京介・菊池グリグリの「オーシャンステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「朝日杯フューチュリティステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「ローズステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「ステイヤーズステークス回顧!」
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP