投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

セントウル注目馬&開幕週!中山芝の馬場考察(2年連続で騎手ペースミスでの前残り頻発)&Rレベル&距離千二で内の競馬では過去パーフェクト継続「ナックビーナス」など次走チェック馬

☆セントウルSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速~C並~F超低速]の7段階表記) ]

新潟…土日共にイーブン→外有利/土はC、日はC→B
小倉…土日共にイーブン/土はC→D、日はC
札幌…土はやや外有利、日はイーブン/土はE→D、日はD

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…1週目/Bコース/伸び所はイーブン~やや内有利/馬場差はA
阪神…1週目/Aコース/伸び所はイーブン~やや内有利/馬場差はA

[開幕週!中山芝の馬場考察]

昨年の秋開幕週開幕日の中山芝は全6鞍組まれていて、逃げ馬は6頭中4頭が好走・2番手馬は6頭中3~4頭が好走。
その背景としては、単純に馬場が内有利だったというのと、やっぱりエアレーション導入後の前2年からの年を跨ぐ流れも大きいと思います。

実際の馬場傾向に騎手が適応してくるのは正直ワンテンポかツーテンポ遅れです…3年前は騎手意識に差し馬場が浸透した2週目になって極端Sペース前残り傾向に。2年前は同警戒によってか開幕週から同傾向が、そして昨年も同様…というか現実無視の誤りだったとも言える少々行き過ぎの全戦ほぼSペースでした。

メイン京成杯AHで1.31.6という前2年とは異なる高速馬場にも関わらず、現実の馬場よりも前2年の馬場の残像での騎乗(実際には高速馬場なのに、非高速馬場且つ差し馬場だとの誤った読みに基づく重心が後ろに偏った騎乗)を丸1日延々とやっていたというコトですね。

恐らく映像やラップ情報豊富な外野より、当事者の方が実際の所を把握し辛いと思うんですよ…こう書くと騎手をリスペクト不足と言われますが、でも例えば昨年中京記念デーみたいに大半の騎手が右へ倣えで外回し過ぎの中で内を通った馬が上位独占レースが連続したり、そういう不正解なレースは多々です…。
そういった騎乗ミスや適性違いや調教失敗などの“当事者の不正解”こそが予想の素になるワケで(逆に全部正解なら競馬は恐ろしくつまらないモノに)、だからそれが競馬の一興なのは間違いなく…別に批判意図ではないですが、私の立場ならば失礼承知・偉そうにズバッと言ってナンボでしょう…というつもりです。

話を戻して本年の中山芝についてですが、恐らくはイーブンかそれよりも内有利のバイアスになると思われます。夏の新潟芝でも小倉芝でも、近年の中では最も内有利目だった通り、そういう流れですので。
ただし、まだ巷ではエアレーション云々で差し馬場という、少し古くなりつつある傾向が通説・有力説として扱われそうなカンジもあります。本年の場合にも、騎手が実馬場バイアスへの対応遅れての前残り決着傾向が起きても不思議でないです。

☆先週のオリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)の実践例
休載m(__)m

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
jkyui78u

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)

[キーンランドC] 1着ナックビーナス
コノ馬は常々“距離1200で内(イン)で競馬をすればパーフェクト戦績”と書いてきました。
それには非内(非イン)の競馬をするとすぐ気を抜きがちで力を出し切る競馬が難しいからなのですが、ならば“逃げの手”はあまり宜しく無いのではないかと思われる(思われた)かも知れませんが…逃げの手はアリなんですよ。

陣営からはその戦法可能性について一言もありませんでしたし、モレイラ騎手も積極策メインであるものの逃げの手には寧ろ消極的でしたので…全くそれを想定しなていない見解(外枠で外の競馬になる可能性が高い)しか書いていなかったのは反省ですが…。

逃げの手の有用性については、一応昨年回顧当時にも書いていますので、そちらを参照下さい↓
『ナックビーナスは内枠巧者で、馬群を抜け出す形か、ラチを頼る競馬を得意パターンとしている。
前走高松宮記念はそれと逆行する競馬での8着健闘で、一転して内目枠から逃げならば重賞好走くらいはやれて当然の馬…それでも3着止まりだったのは、やはり太目残りは否めなかったし馬場バイアス的にも内逃げ競馬が不利だった点でそれを踏まえれば寧ろ褒められる結果だろう』

コノ馬がこれまで散々勝ち切れなかったのは集中力の問題…今回は外枠を引いてしまって「馬群内競馬」は難しくなりましたが、そこで「ラチ沿い逃げ」という第二の激走パターン競馬を選択してきたならば…という結果だと思います。

もちろん戦法だけではなく、モレイラ騎手の手綱によって最後まで走らされたという側面もあるかも知れません。

次走スプリンターズSも、やはり「内の競馬(馬群の内という意味とラチ沿い逃げの意味)」が叶うかどうかが最たるポイントになるでしょう。

--------------------
☆セントウルSの◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→昨年高松宮記念は上がり馬セイウンコウセイが持って行きましたが、それの勢いが続かなかったのは弱小バックボーンにも一因がある様に思えます…高松宮記念の次走が北海道の放牧先に近いという理由での函館スプリントSも一流の選択だったのか・・・。
それに対して〇〇〇〇〇〇は本年絶好調のゴドルフィン=外厩ミッドウェイFという強力バックボーン馬です。
実際に仕上がり面が不安視された本年始動戦でも、それを嘲笑うかのような完勝を見せました。
色々ケチ付けられる臨戦過程ではありますが、馬の能力も抜けていますし、それを支える陣営もトップクラスですし…やはり勝ち負けの可能性が高いはずです。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ハルウララが連敗記録持ってるけど連勝記録はどの馬が持ってるの?
【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス2017 予想】~実績<適性重視で安定の●●●●●●●●●が差す!~
2月17日(日)佐賀競馬 全レース予想【飛燕賞3歳(重賞)】
【競馬】 お前らが熱中できるのは日本ダービーか、有馬記念か、どっち派?
【FX】配信テスト 10月7日(水)
noimage
noimage
クリソベリルにサウジカップの招待状まだ届かず?
“デニムアンドルビー”“スマートレイアー” ディープ牝馬の魅力
12月16日(土)佐賀競馬 全レース予想
noimage
芝が高速化して以降の天皇賞秋勝ち馬の種牡馬能力
皐月賞の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
オジュウチョウサン ダイヤモンドSやドバイには向かわず
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP