投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

競馬チェックの重賞回顧~キーンランドカップ~

金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・新潟2歳S編

菊池 日曜に札幌で行われたキーンランドカップも回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

キーンランドカップ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/190163

<天候・馬場について>

菊池 札幌は台風が2発一緒に接近していて、開催も危ぶまれていましたが無事に開催できて何よりでしたね。雨量も思ったほどではなかったようで。

京介 そうなんだよ。あんまり雨が降っていなかったみたい。現場で過ごすのにあまり苦労はなかったみたいだね。

菊池 馬場発表は土曜が「芝=稍重」、「ダ=不良」で開催スタート。日曜は「芝=稍重」・「ダ=重」でした。土曜はさすが水はけの良い札幌!稍重で済んだか!と思いきや、芝1200m(1000万下)が1分11秒1、芝2000m(1600万下)が2分4秒4。時計はしっかり掛かっていましたね。

京介 そうだね。他場の重か不良か…と感じるぐらいの、体力勝負になる芝だったのは確かだね。

京介 先週も指摘していたけど、下級条件では時計・上がりが掛かると道中で消耗してしまうから、4コーナー先頭の馬が圧倒的に有利。なので、一見前残りっぽく見える。だけども上のクラスになると道中でバテる馬が少なく、馬群一団で直線に向くから、内の馬が伸びあぐねて外を回る差し馬が届く、という形だった。

菊池 日曜も稍重のまま変わらなかったですが、8Rの芝2000m(500万下)が2分4秒2。同じ稍重でも時計からは徐々にマシになっていた印象で。

京介 うーん、どうだろう。2分3秒を超える水準の比較だと、マシになったと言えるのかどうか。流れ次第でいくらでも変わっちゃいそうで。結局土曜日と、レースの上がり水準はずっと変わらなかったしね。

京介 風が出ていて乾燥したかもしれないけれど、日が差さずずっと曇りのままだったし、発表もやや重のままだった。札幌は重になりにくくやや重の幅が広いとはいえ、あくまで渋った状況の中で重めとも言いにくい方、という程度でしょう。


続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

共同通信杯2019回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
競馬チェックの重賞回顧~シリウスステークス~
京介・菊池グリグリの「桜花賞回顧!」
京介・菊池グリグリの「関屋記念回顧!」
京介・菊池グリグリの「NHKマイルカップ回顧!」
京介・菊池グリグリの「ニュージーランドトロフィー回顧!」
競馬チェックの重賞回顧 ~秋華賞~
ラジオNIKKEI賞2019回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
京介・菊池グリグリの「フローラステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「皐月賞回顧!」
競馬チェックの重賞回顧~東スポ杯2歳ステークス~
京介・菊池グリグリの「サウジアラビアロイヤルカップ回顧!」
京介・菊池グリグリの「CBC賞回顧!」
競馬チェックの重賞回顧~ユニコーンS~
競馬チェックの重賞回顧 ~阪神ジュベナイルフィリーズ~
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP