投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【札幌記念】サングレーザーが大接戦を制す!マカヒキはハナ差2着

◆第54回札幌記念・G2(8月19日・芝2000メートル、札幌競馬場、稍重)
 サマー2000シリーズ第4戦は16頭によって争われ、福永祐一騎手が騎乗した2番人気のサングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎、父ディープインパクト)がゴール前で3頭横一線の大接戦を制し、重賞3勝目を飾った。道中は中団から、直線は馬群を割って抜け出した。勝ち時計は2分1秒1。

 ハナ差の2着は、後方2番手から進めた2016年の日本ダービー馬で1番人気のマカヒキ(クリストフ・ルメール騎手)。3着には最後方でレースを運んだ4番人気のモズカッチャン(ミルコ・デムーロ騎手)が入った。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000149-sph-horse

15

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【マイラーズC】サングレーザー ゴール前強襲!コースRで重賞2勝目
プリモシーン 引き続き北村宏で秋華賞へ直行
【競馬】 ダノンスマッシュ、レーン騎手と初コンビで京王杯SCに参戦
ゴールドアクターが引退 種牡馬入りへ 種付料は50万円
【競馬】 福永騎手 今週と来週の騎乗は見送り ワグネリアン鞍上未定に
noimage
【競馬】武豊「今世界でキタサンブラックより強い馬がいるのか」
G1レーシング吉田晴哉「ルヴァンスレーヴ次はフェブラリーS。結果次第で海外に行かざるを得ない」
【函館2歳S】カシアス 差し切って重賞勝ち世代一番乗り
15/16年香港年度代表馬のワーザーが宝塚記念参戦へ
【エプソムC】ダッシングブレイズ直線内から差し切って重賞初制覇!
チュウワウィザード、福永との再コンビでチャンピオンズC
【宝塚記念】9着キタサンブラック 武豊「正直よくわからない」
【弥生賞】福永「ワグネリアンの修正点が見つかった」
ルヴァンスレーヴ回避か?!オメガパフューム、ミルコでフェブラリーS
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP