投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日経ノモケン以外もセレクトセールでのディープ産駒凋落傾向を指摘

130

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/07/17(火) 14:16:30.23 ID:nC7EhdLD0
今年のセールは、開始前から「場」が熱気を帯びていたことが印象深い。
というのも、毎年恒例である1日目のセリ開始前に行なわれる、 この1年間でGIを勝利したセール出身馬への表彰が、今年は7頭にも上ったからである。

このうち、海外でのGI勝ちが2頭。また、7頭のGI勝ち馬の父の内訳がハーツクライ(スワーヴリチャード、ヨシダ)、 ディープインパクト(トーセンスターダム)、ステイゴールド(レインボーライン)、ハービンジャー(ディアドラ)、オルフェーヴル(エポカドーロ)、キングカメハメハ(ミッキーロケット)と多岐にわたっていた。
つまり、ディープインパクト産駒以外でもこのセレクトセールに「大当たり」が多く含まれていることが証明されたのである。

では、セール全体が熱狂的だったかというと、意外にもそうではなかった。 確かに”億超え”の落札馬は1歳で23頭、当歳で16頭とこれも新記録ではあった。 ところが、これまで”億超え”の定番だったディープインパクト産駒に、従来のような爆発的な評価が集まらなかったのだ。 今年も”億超え”の主力は1歳11頭、当歳5頭のディープインパクト産駒であったものの、当歳馬は昨年の9頭から減少している。

この傾向については、セール現場でもたびたび話題に上がっていた。 理由として語られたのが、ひとつは「コストパフォーマンス」で、もうひとつが「血の飽和」である。

前者については、ディープインパクト産駒は確かに「当たり」が出やすいが、2億を超えると簡単には金額に見合った成績が出ない。前出のロイカバードやアドマイヤアゼリなどがその典型だ。 とはいえ、血統がよく、ある程度の競走成績が残せれば、 種牡馬ないし繁殖牝馬として残して投資を回収することが目論めるのだが、ここで問題となるのが後者だ。

すでに2代前までにサンデーサイレンスの血を持つ馬だけでも飽和状態で、なかでもディープインパクトの血はより生き残りやすかっただけに、配合にも苦労する状況である。 それが今年のセールでも顕在化されてきたということだ。

(一部抜粋全文は以下)
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/keiba/keiba/2018/07/17/___split_107/

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【フェブラリーS】アンジュデジール、左前脚骨折で回避
ミカエル・ミシェル「大好きな日本に必ず帰ってきます」
【競馬】 高野調教師「ファンディーナはダービー、オークス、回避の三択」
【2歳新馬】ブエナビスタの第2仔ソシアルクラブが月曜京都3Rでデビュー
ダノンキングリー 戸崎とコンビ復活!安田記念へ
【WASJ】初日、1位 戸崎(38点)2位福永(36点)ww
ルメールはジャパンカップ、ムイトオブリガードに決定
【競馬】 レイデオロは、来春は京都記念を経てドバイSCに参戦 鞍上は引き続きルメール騎手
【地方競馬】南関東4競馬場で馬主服を導入
【札幌2歳S】1番人気ロックディスタウンが快勝!オルフェーヴル産駒重賞初V
noimage
競馬界のショーンK?ダノンプレミアムの中内田調教師経歴詐称疑惑か!?
ミシェルは10月にJRA受験へ 4月は「滞在して日本を再発見します」
【金鯱賞】サトノダイヤモンド、調教にルメールが乗ってやっと本気出す
禁止薬物入り飼料を販売したメーカーが公式サイトで謝罪
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP