投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

松永幹厩舎の2騎が仏遠征 武豊「今までにないケース。チャレンジとしては壮大」

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/11(月) 13:58:37.18 ID:xVFGN9eN0
 栗東・松永幹厩舎所属のジェニアル(牡4)とラルク(牝5)の2頭が仏遠征を行うことを10日、松永幹調教師が発表した。
 2頭はともに、7月22日にメゾンラフィット競馬場で行われるレースに出走する予定。 ジェニアルはメシドール賞(GIII、芝1600メートル)、ラルクはペピニエール賞(準重賞、芝2100メートル)を予定している。 7月5日に出国。現地での預託先は小林智厩舎となる。
 松永幹調教師は「フランスで2、3戦を予定しています」と話し、騎乗する武豊騎手は「今までにないケースで、チャレンジとしては壮大。 いろんな可能性が広がってほしい」と意気込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000515-sanspo-horse
15

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

国枝調教師「アーモンドアイの宝塚記念出走はハナから使う気なかった」
【CBC賞】アレスバローズが差し切って重賞初制覇!
ミッキーブラック、早くも松山からルメールに乗り代わり
【競馬】 ヴィブロス、福永騎手で宝塚記念へ
【若葉S】大波乱!アイトーンが逃げ切り勝利 タイムフライヤー5着
リアルスティール、次走は天皇賞・秋かBCマイル
【競馬】 WASJ、ダシルヴァ騎手が優勝!
【!】明日9月30日(日)阪神競馬の開催は台風による影響で中止
【天皇賞・春】池江調教師「“2強”ではなくシャケトラとの“3強”」
2018ワールドオールスタージョッキーズ、騎乗馬決定
【函館記念】サトノアレスのハンデ54キロに他陣営の不満噴出「巴賞を勝ってなんで据え置き?」
オジュウチョウサン 石神で天皇賞春に挑戦
【香港ヴァーズ】香港騎手勢「勝つのはキセキだよ」
サトノクラウン 有馬記念出走ならムーアとコンビ
浜中さん、14本も骨折していた
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP