投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【悲報】レインボーライン引退危機…精密検査で全治不明

29


1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/03(木) 06:02:22.64 ID:vx/z4HmV0
4月29日のG1天皇賞・春で、1位入線後に右前肢の異常が判明したレインボーライン(牡5=浅見)が、引退危機にあることが分かった。

 同馬はゴール通過後、右前に違和感を感じた鞍上・岩田がコース上で下馬。当日は競馬場内の診療所で「右前肢ハ行」と診断されていたが、2日に栗東トレセン診療所で精密検査を受けた。同診療所は検査の内容について「球節後面の腱、じん帯の損傷を疑って検査を実施しているところ。確定診断に至っていないので経過観察を続ける」と発表した。全治は不明。

 骨には異常がなく、生命の危険がある状態ではないが、腱の断裂など重傷であれば現役続行は難しい見込み。 同馬は既に、栗東近郊のノーザンファームしがらきに移動。同牧場で経過が観察される。管理する浅見師は書面を通じ「一生懸命に走って1着でゴールしましたが、結果的に記念写真を一緒に撮ることができませんでした。 また、騎手がまたがって走れるように力を合わせてケアをしていきたいと思います」とコメント。愛馬の奇跡の復活を願っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000019-spnannex-horse

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【CBC賞】シャイニングレイ 後方一気、差しきって重賞2勝目
【2歳新馬】ブエナビスタの第2仔ソシアルクラブが月曜京都3Rでデビュー
【天皇賞・春】レインボーライン 悲願のGI初制覇も、ゴール後岩田が下馬故障発生!
【マーチS】1番人気スワーヴアラミスが競り勝ち重賞初挑戦でV!
【悲報】サトノ里見さんの「セガサミーHD」15億赤字転落
デアリングタクト、ダービー回避!松山でオークスへ
メイショウテッコン秋は菊花賞へ
角居調教師復帰でサートゥルナーリア、キセキら中竹厩舎から転厩
【桜花賞】アーモンドアイ・ルメール「ラッキーライラックを後ろでマークしたい」
【競馬】 シュミノー騎手、今秋も短期免許で来日 美浦を拠点に10月21日から騎乗予定
東海S制覇のエアアルマスが骨折 復帰時期は未定
ファンディーナ、オープン特別(リゲルS)から再出発
ルメール「リアル・ダイヤモンドが帰ってきた」
【地方競馬】免許失効の御神本が騎手試験合格
【悲報】ダイワスカーレット10年連続牝馬出産wwwww
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP