投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

15/16年香港年度代表馬のワーザーが宝塚記念参戦へ

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/27(金) 08:16:37.86 ID:i+8Syu2v0
15/16年シーズンの香港年度代表馬のワーザー(セン7歳)が宝塚記念(6月24日、阪神)に出走の方向で調整を進めていることが26日、分かった。
管理するジョン・ムーア調教師(68)=香港=が明らかにした。

モンジュー直子のタヴィストックを父に持つワーザーは14年1月にニュージーランドでデビュー。香港に移籍後、香港ダービー、クイーンエリザベス2世Cを連勝し、15/16年シーズンの香港馬王(年度代表馬)に選ばれた。
17年も香港ゴールドC、チャンピオンズアンドチャターCを制覇。これまで当地でG1・4勝を挙げ、香港を代表する中距離馬の地位を確立した。
ネオリアリズム(3着)をはじめ、日本馬3頭が参戦した昨年の香港Cではタイムワープに次ぐ2着になった。

今年は2月の香港ゴールドCで2着になった後、鼻出血を発症。予定していたドバイ遠征を取りやめたが、症状は軽く順調に回復している。
ムーア調教師は「鼻出血は深刻なものではなく、調整は順調に進んでいる。阪神のトラックはソフトで時計もかかると聞いている。ワーザーに合った条件と考え、宝塚記念への遠征を決めた。近くノミネートする」と参戦の考えを示した。

宝塚記念は97年に国際競走に指定されて外国馬の出走が可能になったが、出走はオーストラリアのセトステイヤー(97年=9着)のみ。ワーザーが参戦すれば21年ぶり2頭目の外国調教馬の出走となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000222-sph-horse
20

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】武豊が韓国で初騎乗!クリソライトでコリアC参戦へ
【次走報】ゆりかもめ賞圧勝のブラストワンピース 毎日杯から日本ダービー
【競馬】福永が2000勝する奇跡
【ドバイWC】武豊アウォーディーは6着、優勝はサンダースノー
【競馬】 海外馬・ブリザードがスプリンターズSに出走!
【競馬】 イスラボニータ、阪神Cでラストラン 引退後は社台スタリオン入り
アーモンドアイ国枝師「ドバイターフとドバイシーマに登録します」
【オークス】ラッキーライラック助手「アーモンドアイはそこまで強くない」
【中山記念】ラッキーライラックの1週前追い切りがすごいと栗東で話題に
【阪神牝馬S】ミスパンテールが逃げ切り4連勝
金鯱賞10着ロードマイウェイは鞍上武豊で大阪杯へ
武幸四郎厩舎 初出走、兄 武豊鞍上で初陣を飾る
ダノンスマッシュ 三浦皇成とのコンビで高松宮記念へ
【悲報】ディープ産駒の仏ダービー馬スタディオブマンGIIIで惨敗
武豊「ディープインパクトが最大で最強、最速の名馬」
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP