投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】 15/16年香港年度代表馬のワーザーが宝塚記念参戦へ

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/27(金) 08:16:37.86 ID:i+8Syu2v0.net


15/16年シーズンの香港年度代表馬のワーザー(セン7歳)が宝塚記念(6月24日、阪神)に出走の方向で調整を進めていることが26日、分かった。
管理するジョン・ムーア調教師(68)=香港=が明らかにした。

モンジュー直子のタヴィストックを父に持つワーザーは14年1月にニュージーランドでデビュー。香港に移籍後、香港ダービー、クイーンエリザベス2世Cを連勝し、15/16年シーズンの香港馬王(年度代表馬)に選ばれた。
17年も香港ゴールドC、チャンピオンズアンドチャターCを制覇。これまで当地でG1・4勝を挙げ、香港を代表する中距離馬の地位を確立した。
ネオリアリズム(3着)をはじめ、日本馬3頭が参戦した昨年の香港Cではタイムワープに次ぐ2着になった。

今年は2月の香港ゴールドCで2着になった後、鼻出血を発症。予定していたドバイ遠征を取りやめたが、症状は軽く順調に回復している。
ムーア調教師は「鼻出血は深刻なものではなく、調整は順調に進んでいる。阪神のトラックはソフトで時計もかかると聞いている。ワーザーに合った条件と考え、宝塚記念への遠征を決めた。近くノミネートする」と参戦の考えを示した。

宝塚記念は97年に国際競走に指定されて外国馬の出走が可能になったが、出走はオーストラリアのセトステイヤー(97年=9着)のみ。ワーザーが参戦すれば21年ぶり2頭目の外国調教馬の出走となる。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20180426-OHT1T50222.html



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【天皇賞・秋】ネオリアリズムの鞍上にシュタルケ
【競馬】 ほしのあきと三浦皇成、不仲説を払拭するお祭りデート撮
橋田調教師「ディープインパクト産駒は早めに完成して、古馬になってから伸び悩む」
【エプソムC】ソウルスターリング 左前肢跛行で出走取消
2021年のJBCは8年ぶり金沢開催 2歳優駿は引き続き同日に門別で開催
ヴィブロス 引退撤回!現役続行www
【中山金杯】セダブリランテス ゴール前抜け出して重賞2勝目!
【枠順確定】第70回 朝日杯フューチュリティS / グランアレグリアは2枠2番
チェスナットコートとソールインパクトの今秋の豪州遠征が正式決定
【ホープフルS】ルーカス 出走回避を回避してやっぱり出走へ
noimage
noimage
【競馬】シャケトラはルメールで宝塚記念へ
【悲報】オジュウチョウサン、九十九里特別回避する件
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP