投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

2018青葉賞~牝系血統(ファミナン)+過去レース傾向分析記事

いつも競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログをご覧いただきありがとうございます!


(3月から血統分析記事の配信スタイルをリニューアルしています。週末開催の重賞の中から当サイトの牝系血統分析が効果的と思われる重賞一つに絞って無料記事をアップしていきます。(レジまぐの血統分析記事配信は当面休止します))

では、今週選んだ重賞「青葉賞」の「直近過去12年分馬券圏内」血統分析データです。

こうして直近12年分の牝系血統(ファミリーナンバー)の3分類(地力系、バランス系、極軽系)でみると、バランス系がかなり優勢となっています。またファミリーナンバーで詳しくみてみると、左下にあるように地力系(1号)、極軽系(8号・10号)が過去3頭以上馬券圏内にきていますのでこれらも重視○していきます。→バランス系と地力系(1号)、極軽系(8号・10号)を重視○

さらにバランス系(4号・9号)は4頭以上馬券圏内にきていますのでこれらを最重要視◎していきます。→バランス系(4号・9号)を最重要視◎


【PR】


次に2018青葉賞「「馬番号を付さない」出馬表」の牝系血統+過去レース傾向分析です。

表の見方ですが先ほど分析した牝系血統(ファミリーナンバー)的に優位な馬→バランス系、地力系(1号)、極軽系(8号・10号)に○印がついています(3頭)。またバランス系(4号・9号)には最重要視◎印がついています(4頭)。

また過去レース傾向のデータでフィルタリング(絞り込み)して、今回3着内に残る確率が高い馬はオレンジで、連対圏(2着内)に残る確率が高い馬は赤く表示されています。

こうしてみると牝系血統(ファミリーナンバー)で最重要視◎(重視○)+過去レース傾向のデータで連対圏となっている
ダブルフラット、ディープインラヴの2頭
が「特に狙い目の馬」として浮かび上がってきます。また「連対圏」に該当する
オブセッション、クレディブル、ダノンマジェスティの3頭
と「牝系血統(ファミリーナンバー)で最重要視◎(重視○)+過去レース傾向のデータで3着内」となっている
カフジバンガード、ゴーフォザサミット、テトラルキア、ミッキーポジション
の4頭
を狙い目の馬
として選びだし
これら計9頭を馬券予想の中心にしていきたいと思います。

以上の分析を基に騎手データ、スピード指数、各競馬メディア予想の印なども考慮して本命馬とヒモ候補を絞り込んだ上で、「レジまぐ」で予想配信します。



↓ポチっとご協力お願いしますm(_ _)m

競馬・血統理論 ブログランキングへ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬予想】[1]第57回京都金杯(G3) /2019
noimage
【競馬】 皐月賞(GI) ギャン速予想 ◎サトノフラッグ
noimage
【競馬予想】[1]第54回 金鯱賞(G2) /2018
兵庫チャンピオンシップ 2017 予想:本命11リゾネーター
noimage
【競馬予想】[3]第35回 ホープフルステークス(G1) /2018
【競馬予想】[2] 第66回 京都新聞杯(G2)/2018
noimage
【PR】≪重賞3レース予想≫3連単を狙いやすいのは弥生賞~うまコラボ~
noimage
【競馬予想】[1]第10回 レパードステークス(G3) /2018
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP