投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【アーリントンC】人気のタワーオブロンドンが完勝!重賞2勝目

 4月14日の阪神11Rで行われた第27回アーリントンカップ(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、馬齢、13頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気タワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が鮮やかな差し切り勝ちを収めた。タイムは1分33秒4(良)。2着パクスアメリカーナ(3番人気)、3着レッドヴェイロン(4番人気)までの上位3頭が、NHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 好位のインでレースを進めていたインディチャンプ(2番人気)が直線で先頭へ。しかし、中団のやや後ろにいたタワーオブロンドンが外から一気に脚を伸ばしてかわすと、追いすがるパクスアメリカーナに1/2馬身差をつけてトップでゴールを駆け抜けた。道中は後方にいたレッドヴェイロンが、さらに1/2馬身差の3着。インディチャンプは4着に終わった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000553-sanspo-horse
74


続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【フォワ賞】ルメール「最後の200メートルで止まってしまった」
noimage
アドマイヤマーズがドバイターフ参戦視野
【セレクトセール】里見さんディープの当歳馬2億9000万でお買い上げww
【競馬】史上初!2018年JRAでJBC競走開催
3歳ダート王「ルヴァンスレーヴ」次走は南部杯に決定!
今年もボウマンとシュミノーがやって来る
noimage
新聞記者「アーモンドアイやアドマイヤマーズに何も賞がないのは残念でならない」
【共同通信杯】7着グレイル武豊「現時点では明確な要因はない」
ベストウォーリア 戸崎ついに降板!次走 武蔵野Sはルメール
ミッキーチャーム川田、報道陣から逃げるように無言で引き上げた件
【京都2歳S】クラージュゲリエが競り合い制し重賞初制覇!
【京成杯AH】グランシルク 差し切って待望の重賞初制覇!
【悲報】マーフィーさん、ドバイで行方不明になる
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP