投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【大阪杯2018の有力馬診断(前篇)】~[サトノダイヤモンド]復帰戦金鯱賞ではまるで別馬でガッカリ…実例に基づかない=イメージ先行の“海外帰り2戦目で本領発揮説”は果たして??~

☆大阪杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆前走レースレベル別の次走成績データ(※ダート(前走ダート→今走ダート)/重賞OP除く/昨年11月以降の判定分)
ダ・
ウチのレースレベルは各出走馬の次走成績も構成要素としていますので常に変動が有り得ます…ですが、それ(次走成績を見た上で修正されたレースレベル)だと次走成績が優れて出るのは当たり前なので、ココではあくまでも提供時点のレースレベル(読者様に公開しているレースレベル)別でのデータを出しました
ダート(前走ダート→今走ダート)のみ・重賞OP除くの他には何の手も加えていない生データです
前走Hレベル戦出走馬と言えども明らかに足りない馬は存在しますし、それを足切りする為に例の基準買い目の理念の通り“一定以上の下位人気馬を除けば”コレよりも数ポイントは回収率は底上げされます
また、上記の通りレースレベルは変動させていますので、それが正しい方向であるならば、コレよりも当然回収率向上が見込めます
つまりは、重賞OP除くダート戦に於いては、ウチのレースレベル判定上の前走Hレベル戦出走馬をベタ買いすれば間違いは無いのですから、そこから多少でも回収率向上させる手立てなり予想能力さえあれば・・・それが例の件の一つの根拠です・・・何なら上記ベタ買いの全提供でも回収率100%を狙える精度になっているワケですので(続)
(競馬予想はセンスと地道な積み重ねです…前者はブレもあるでしょうが、後者がシッカリとあるならばそう簡単には・・・と思っています)
(レースレベルCの不振については、あくまでも単適回収率は94%もあるので、単なる母数不足によるモノだと見ています…CとCDの合算では単回収率・複回収率共に約98%になります)
(※前走芝→今走ダートはレースレベル以外の要素が大きくなるので除外/重賞OP出走馬だと[前走OP→今走G3][前走G3→今走G1]などレース格を横断する馬が多数で一概にレースレベルを適用できないので除外/手動入力で集計し直したのでとりあえず11月までのデータまでとさせて頂きます)

【大阪杯の有力馬診断(前篇)~[サトノダイヤモンド]復帰戦金鯱賞ではまるで別馬でガッカリ…実例に基づかない=イメージ先行の“海外帰り2戦目で本領発揮説”は果たして??~】
無題ryul
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

▽サトノダイヤモンド 牡5 戸崎 57 栗東 池江寿
凱旋門賞帰り初戦の前走金鯱賞は、世間的には好意的に捉える見解の方が大勢の様ですが、私には全く以て物足りないレース振りに見えました。

超スローペースを間に合わない位置取りで競馬をして一応上がり最速で追い詰めているので、敗戦自体はやむを得ないモノと言えるし、また決して弱い競馬をしているとは言えないモノですが・・・ただ、この酷評されていた中間調教過程と一緒で、それ以上の走りというか進境はレース本番でも見せてくれなかったのは重く捉えたいトコロ。

というのも、調教でも追走ペースを緩めた最終追い切りでは走れており、それなりの追走ペースだった1週前2週前では格下に遅れる始末だったワケ…その前者のレース振りで最低限の結果を残したに過ぎず、後者(大阪杯で想定されるペース)になっても大丈夫だとはとても言えない様な…巷で言われる様に収穫あるレース振りだったとは到底思えない敗戦でした。

また(他の馬は一様にペースが遅すぎて苦しむ中で)こんな超スローペースでも大人しく中団競馬にフィットしていたのも逆に心配です。

過去の数多の海外遠征を経て不調・不振に陥った馬というのも、今回のサトノダイヤモンドみたくG2のヌルい競馬で3着好走くらいは皆走れています。
そして海外帰り初戦でマズマズ走れたからと更なる期待が懸けられるのですが、そこで意外な程にノビシロを示さない・結果を出せないというのが典型的なパターンです。

金鯱賞から今回大阪杯までは間隔ありませんから調教過程でも攻めよりも守りの過程になるでしょう…ガラリが無い限りはG1激走まで遠いはずですから、その今回に関しては世間的な期待(過去のパフォーマンスが根拠の過剰人気)を下回る結果になる方に賭けたいです。


―サトノノブレス 牡8 幸 57 栗東 池江寿
前走金鯱賞はサトノノブレスにとっては16年金鯱賞3着以来の“まともな競馬”だった…5走前有馬記念はサトノダイヤモンドアシスト勝負度外視競馬で、4走前金鯱賞は詰まり凡走で、前2走は海外競馬で不得手な雨馬場…1年超も戦績が空白になっていたので評価が難しかったが、こんな楽な競馬をさせて貰えれば粘れるくらいの能力は保っていたというコトか。

なので、前走激走はフロック視よりは実力再確認といった認識なのですが、だからと言って先行粘り込みしか好走手段が無いコノ馬にとって、逃げ先行激化メンツのG1レースに放り込まれてどうこうと言うのは常識的に厳しいとしか…。


★スワーヴリチャード 牡4 Mデムー 57 栗東 庄野
前走金鯱賞では上記サトノノブレスを0.1秒差だけ交わした結果と見ると物足りないが、それは対サトノダイヤモンド警戒の競馬をした分&ソラを使う面がある分で、サトノノブレスをギリギリまで可愛がる競馬をした分での辛勝…直線でも他馬が一杯に追うトコロでも余裕持った追走だった辺りは地力が一枚も二枚も上だった印象。
この大阪杯に向けての最大懸念点としては過密ローテだと思っていたが(特に蹄悪化していたので)、考え得る中で最も省エネの競馬での前哨戦勝利を収めた過程は地味に大きな好材料だと見ます。

昨年有馬記念の敗因は右回りもそうですが、あそこまで位置取りを下げた競馬になった点が全ての元凶でしょう…その前のアルゼンチン共和国杯等のレース振りから『今なら自ずと普通に先行できる』が当時◎を打った根拠の一つでしたが、何故有馬記念だけあんなに追走できなかったのかと言えばアルゼンチン共和国杯激走の反動だったのではないかと見ています。

現に体質面に弱さを抱えていて、ここまで連勝は無いという経緯で…金鯱賞でアルゼンチン共和国杯並に走らせてしまえば大阪杯は全幅の信頼置けぬとの評価の予定でした・・・しかし、そうでは無かったとなれば、目に見えない点なので評価は難しいですが大阪杯でも無問題であってもおかしくありません。

前走金鯱賞を見る限りではハッキリと「スワーヴリチャード>サトノダイヤモンド」…にも関わらず後者に幻想への期待票が入る様ならば、この◎スワーヴリチャードでも妙味ある選択になるでしょうか。
ダービーでも有馬記念でも◎を打った通り…(2歳秋の東スポ杯2歳S以降)コノ馬の能力面については一貫して最高評価をし続けています。


回避見込みマルターズアポジー 牡6 ○○ 57 美南 堀井
(※昨年は直前まで大阪杯とダービー卿CTの両睨みで最終的に前者出走でしたが、本年は1週前時点で後者出走の見込みとのコト)
前走中山記念は汗取りを着用しての追い切りなど馬体を絞るのに苦労していた調教過程…レース本番でも馬体重増はやや余裕残しだったと見ますが、それでも激走後などで疲労ある状況の方がもっと危ないタイミングだと言える様な馬です。

昨年は小倉大賞典でHペース逃げ切り1着からのローテで、この大阪杯では謎の大敗を喫しました。
武士沢J曰くキタサンブラックの圧にやられたとの談ですが、私としてはその一因としては上記した通りのローテ面・激闘後の疲労面があると見ています…なので本年の場合には当時ほどの厳しいレースをしていない点はプラスですが、但し当時よりも間隔が詰まる点はマイナスです。

前走中山記念で◎を打てた一つの後押し材料にはTMS◎情報がありました…今回もそれも重視して走れる状態か否かを最たる判断材料としたいです(能力的にはG1でも通用して良い器だと見ています)。

★○○○○○○(←大阪杯の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
昨今のデムーロJのG1大活躍については、彼の選馬眼もそうでしょうが、それと共に騎乗馬の多くが本番前を前に余力を残しての参戦(前哨戦で力を出し切らないレース振り)も少なからず寄与しているのではないかと考えられます。

例えば昨秋JCシュヴァルグランは、結果的にはデムーロJが選ばなかった馬ですが、その時点では本番騎乗可能性あった前哨戦京都大賞典でのデムーロJの手抜き騎乗がその後の本番G1激走に繋がったとも…このデムーロJの前哨戦手抜き騎乗惜敗余力残し馬の次本番巻き返しは一種のパターンとして重視したい点です。

デムーロJ本人のG1での神騎乗力と共に、それだけ本番に余力を残す騎乗というのも大きな要素を占めていると見て間違いないでしょう…前者を失った形の〇〇〇〇〇〇ですが、後者を武器に上位争いできても良いと見ます(特に前走敗戦で人気落ちならば、それは寧ろ妙味観点では買い材料になるというコトです)。

--------------------
☆大阪杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【悲報】南関、今年も移籍初戦のキャプテンキングにクラシックを持っていかれるwww
【為替FX相場分析】ドル円・ゴールド・ユーロドル・ユーロ円8月17日~相場予想【投資家プロジェクト億り人さとし】
7月29日[高確馬(地方Ver)]大井競馬(2R,11Rサマーナイト賞,12R)
noimage
ケーニィ式区画枠連投資術8月18.19日結果
【福島牝馬S】全部落鉄ランドネ、発走時間大幅遅れて挙句3着wwwwww
【パドック直前情報】東京8R 1番人気診断
報知オールスターC
【ステイヤーズS】1番人気リッジマンが重賞初制覇!
【マイルCS】インディチャンプ強すぎワロタwwwwwwww
【三重賞検証/指数】
安田記念のスタートそこまで影響したか?
【毎日王冠】リアルスティール&ミルコ騎手がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
札幌芝1800mの傾向と第65回クイーンS登録馬の札幌芝実績
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP