投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

先週PAT収支報告/金鯱賞◎有力馬を先行紹介/[中山記念]から特注馬[ペルシアンナイト]~指摘通りのデムーロJ前哨戦仕様のポロリ騎乗→本番期待値UP~

(※週初のみ簡易更新で失礼します…この簡易記事は中身を上書きする形式で毎週更新します。)
☆金鯱賞の◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週PAT収支(≒実質的な全提供予想の買い目収支)報告
毎週PAT収支公開開始の昨年8月から全開催連続プラス継続中(17年8回〇→〇→〇→〇→〇→18年1回〇→2回〇→3回2週目時点●)
Screenshot-2018-3-4 JRA投票照会サービス 入出金履歴結果

先週は土曜完全版予想休載での少予想数&半分低勝負度だった分で本年最低の週購入額だったワケですが(※モチロン週収支なんかに拘って追い上げ投資はしません)、4の0(ネロ4着・ワグネリアン2着・ダイキリシマ5着・スモカナディアン7着)で、4週間振りの負け結果に。。

先週の当欄でのお話『別に1週間の結果がどうであったとしても本来は何も凄いとかなくて、1週間大勝ちとか一発大的中とか高額払戻なんてのは初心者でも誰でも可能なワケですから、私自身は短期の勝ち負けを見て評価を下すというのは自分でも他人でもありません・・・なので中期長期で結果を出している最中であれば今週程度の結果でもこんな偉そうにしているというコトです…逆に言えば中期で結果を出せていない最中であれば一発二発あっても浮ついた話はしません』に則れば…また私は最終的に年間プラス収支に至るまでの週単位の勝敗は“1勝1敗~1勝2敗”が相場と見ていますので…この4週振りの負け自体は全く重くは捉えません。
それが4戦全敗としても、(単純に統計学的な捉え方でも)的中率3割の予想での4連続不的中は頻繁にある話なので、それも全く重くは捉えません。
(もしそれを重く捉えてしまったら、そんな短期結果の極みなんぞでブレてしまっては絶対に最終的な勝利には辿り着けません)

ただ、結果はそうだとしても、内容がちょっと酷かったのは不徳の致すトコロとしか…具体的には総武Sと弥生賞についてはアレは私の予想だと認めたくない様な追い込まれた予想を出してしまったのは申し訳ないとしか言いようがありません。
先週は余裕を欠いて予想時点から今年一番苦しい週でした…昨年3月からの予想長期好調期がそんな1週でガラリ変わるなんてコトは普通無いはずですが…先週のソレを一時的なモノに追いやれる様に今週は正念場のつもりで立て直しに全力で挑みます(それ位に深刻に捉えています)。。

※月曜昼追記※
先週も誤解を招く表現あり深夜に大幅加筆修正を行ったのですが、今週も一部宜しくない表現がありましたので追記させて頂きます。。
予想結果についてはタラレバにならぬよう最大限気を付けているのですが、今回の“余裕を欠いて”というのは私としては次に繋げる為の冷静な自己分析のつもりで記した内容ですが、見方によっては言い訳だと不愉快に受け取られてしまうようで失礼致しました…。
私は日曜夕方以降は競馬に関するコトしかやっていないのですが、その上で“最大限フェアに”“決して媚びずに”“真理・真実を語る”方針で慎重に繊細に当記事を作成・投稿しているのですが、ウチほど実情/実成績よりも水増しせず誤魔化さずの報告は無いと思っているのですが、そう厳しくやっているからこそ(言い方は悪いですが)細かい所でも炎上の火種になってくる様で…一言で言えば時間制約ある中で最も神経を尖らせての記事作成になっているというコトです。
そもそも、PAT収支を公開すれば最も納得感あるだろうとして始めたワケですが、それにしても捏造だとか追い上げ投資だとか言われるワケですし(最近のプラス収支週でそんな微プラスだったのは先週くらいです→微プラスだった先週は中山記念の個別馬券購入画像を掲載して説明に追われる始末)。
正直、労多くして功少なしストレスフルなので…来週からは少し有り方を再考したいと思います。


☆金鯱賞のMY馬柱
(※全ての説明はできませんが、過去レースレベルなど一部でも参考にして頂ければと…)

無題srym

☆先週重賞[中山記念]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
5着ペルシアンナイト
予想本文では『[ペルシアンナイト]G1ハンター年間最多勝記録デムーロの裏の顔…本番継続騎乗内定馬の前哨戦では逆にポロリばかり(敢えて激走させぬ高等戦略?)~』としましたが、正にその通りの“らしい”前哨戦凡走劇だったと思います。

それはデムーロJ側だけではなくて、厩舎側としても『コーナー4つでマイル時の切れ味を発揮がテーマ』と予防線を張るなどしており、陣営内である程度納得できる予定通りの始動戦だったのではないでしょうか。

デムーロJの大阪杯騎乗馬はこのペルシアンナイトと他にスワーヴリチャードの可能性もある模様ですが、
(※ペルシアンナイトが次走大阪杯というのは決定事項なのに対して、スワーヴリチャードが言われている様に大阪杯に向かうのかと言えば…(これまでの陣営言動を見る限りでは)中2週・右回りってのを嫌ってという選択肢も有り得ると思っています)
仮にデムーロJが本番大阪杯に騎乗しないとしても、昨秋のJCシュヴァルグランみたく、デムーロJの前哨戦手抜き騎乗惜敗余力残し馬の次本番巻き返しは一種のパターンとしてあります。
結果的にボウマンに譲ったシュヴァルグランも、京都大賞典時点では(JCサトノクラウン騎乗可能性もあった中での)本番騎乗馬候補としての前哨戦騎乗だったワケです。
デムーロJ本人のG1での神騎乗力と共に、それだけ本番に余力を残す騎乗というのも大きな要素を占めていると見て間違いないでしょう。
--------------------
☆金鯱賞の◎有力馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→私はコノ馬を3歳最高峰レースであるダービーでも、3歳古馬混合最高峰レースの一つである有馬記念でもトップ格評価してきましたので…それが力を出せる条件である[間隔空きローテ]・[左回り]に出走するというならば当然◎を打ちたいです。
ただし、昨シーズンよりも悪化している蹄状態などを見る限りでは、やはり今期も間隔を詰めたローテで大丈夫なのかという懸念はありますので…ココで激走して次走は信頼しない呼吸で良いのではと思っています(前哨戦の位置付けですが、それなりにココへの本気度もある参戦にも見えるので)。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【桜花賞】ソウルスターリングとアドマイヤミヤビの一騎打ち!?
9/10 フォア賞 サトノダイヤモンド
FX雑談ライブ配信
【パドック直前情報】阪神3R 1番人気診断
【パドック直前情報】新潟7R 1番人気診断
大魔神佐々木さん、有力騎手と絶縁しまくった結果シュヴァルグランの鞍上がボウマンに決まる
【FXライブ】少しボラが出てきた相場だが方向感が分かりにくい
noimage
東京優駿はコラボ指数で決まりなはず
11月26日(火)川崎競馬 全レース予想 結果
noimage
【急募】アーモンドアイの欠点
AJCC2018 出走予定馬:ショウナンバッハ、なかなか圏内まで突っ込めないがパフォーマンスは上昇…ノってる戸崎であと一伸びとなるか?
7月29日(土)盛岡競馬 全レース予想【すずらん賞OP】
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP