投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【訃報】94年の天皇賞馬ネーハイシーザーが死去

 1994年の天皇賞・秋を制したG1馬ネーハイシーザーが26日、繁養先の荒木克己育成牧場で死去したことが分かった。28歳だった。27日、引退競走馬の助成を行うジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。

 また、荒木牧場の公式フェイスブックは26日に「今日はとても悲しいお知らせをしなくてはなりません。ネーハイシーザーが今日の午後3時過ぎに天に召されました」とネーハイシーザーの逝去を報告。「昨日までは自力で起き上がることができ食欲もあったのですが今朝の朝飼いの後から自力で起き上がることが出来なくなってしまい苦渋の決断しました」とし、「皆様には今までネーハイシーザーのご支援をして頂き感謝の気持ちでいっぱいです。今まで本当にありがとうございました」とつづった。

 ネーハイシーザーは芝・中距離戦線で活躍し重賞通算5勝。日本レコードを2度記録するなど卓越したスピードでファンを沸かせた。94年の天皇賞・秋では先行策から抜け出し、G1初勝利を挙げたが、その後は勝ち星に恵まれなかった。種牡馬入りしてからも、オープン馬ヒマラヤンブルーなどを輩出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000087-spnannex-horse

117
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【ジャパンカップ】サトノダイヤモンド 池江調教師「8割は戻ってきている」
noimage
南関東クラシック羽田盃馬のミューチャリーがセントライト記念に挑戦
【日本ダービー】27歳・松山、スタージョッキーへの分岐点
【セントウルS】ファインニードルが完勝!重賞初制覇
【2歳馬情報】ノーザンFお勧め5頭中3頭もモーリス産駒だった件
「マジックマン」モレイラ、香港3勝締め!日本へGO
【枠順確定】第59回 宝塚記念 / サトノダイヤモンドは2枠3番
【神戸新聞杯】昆調教師「レイデオロはちょっと調教が軽過ぎないか?」
NHKマイルCの表彰式プレゼンターに南野陽子
「武豊総選挙」開票結果出る ベストレース部門1位は…
池添がJRA通算1100勝を達成「もっと勝ちたいし、もっとうまくなりたい」
【阪神スプリングJ】石神「オジュウチョウサンは何百年に1頭の馬」
【阪神JF】シェーングランツ武豊「もう少し枠が外なら・・・」
チェスナットコートとソールインパクトの今秋の豪州遠征が正式決定
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP