投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【訃報】94年の天皇賞馬ネーハイシーザーが死去

 1994年の天皇賞・秋を制したG1馬ネーハイシーザーが26日、繁養先の荒木克己育成牧場で死去したことが分かった。28歳だった。27日、引退競走馬の助成を行うジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。

 また、荒木牧場の公式フェイスブックは26日に「今日はとても悲しいお知らせをしなくてはなりません。ネーハイシーザーが今日の午後3時過ぎに天に召されました」とネーハイシーザーの逝去を報告。「昨日までは自力で起き上がることができ食欲もあったのですが今朝の朝飼いの後から自力で起き上がることが出来なくなってしまい苦渋の決断しました」とし、「皆様には今までネーハイシーザーのご支援をして頂き感謝の気持ちでいっぱいです。今まで本当にありがとうございました」とつづった。

 ネーハイシーザーは芝・中距離戦線で活躍し重賞通算5勝。日本レコードを2度記録するなど卓越したスピードでファンを沸かせた。94年の天皇賞・秋では先行策から抜け出し、G1初勝利を挙げたが、その後は勝ち星に恵まれなかった。種牡馬入りしてからも、オープン馬ヒマラヤンブルーなどを輩出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000087-spnannex-horse

117
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】 テイエムオペラオー死亡 	22歳
【ホープフルS】サートゥルナーリア圧勝!無傷の3連勝でG1初制覇!
【中山金杯】ウインブライトが差し切りV!重賞4勝目
【衝撃】アマーティ フェアリーS16着入線後に急性心不全で死亡
【競馬】サブちゃん「凱旋門賞行かない、天皇賞・秋に行こうかな」
【宝塚記念】  シャケトラはルメール騎手に乗り替わり マカヒキは回避
ニシノデイジー西山オーナー「秋も勝浦」
【悲報】モレイラ JRA騎手免許一次試験不合格
アンカツが日本競馬のガラパゴス化に警鐘「一番大きいんは”高速馬場”の問題やね」
【悲報】アーモンドアイ、香港カップ 追い切りで1馬身遅れ
noimage
調教師定年の小島太「今だから言えるが、騎手の方が面白かったな」
マカヒキさん、ヒューイットソンで次走「大阪杯」
【競馬】木村調教師「ゼーヴィントはG1狙える」
ヴェロックスは若葉S,ロジャーバローズはスプリングS ともに鞍上「川田」
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP