投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本から移籍のブレイブスマッシュが豪G1初制覇!2着トーセンスターダム

 24日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたフューチュリティステークス(G1・芝1400m・1着賞金30万豪ドル)は、道中3番手からレースを進めたC.ウィリアムズ騎手騎乗のブレイブスマッシュ(牡5、豪・D.ウィアー厩舎)が最後の直線で馬群を割って抜け出し、中団から追い込んできた2着トーセンスターダム(牡7、B.アレン騎手、豪・D.ウィアー厩舎)に3/4馬身差をつけて優勝。日本から移籍した2頭が見事ワンツーフィニッシュを飾った。

 トーセンスターダムからアタマ差の3着には、吉田勝己オーナーの共同所有馬で、ハナを切ったショウタイム(牡3、D.ダン騎手、豪・M.ウェイン&J.ホークス厩舎)が逃げ粘った。

 ブレイブスマッシュは父トーセンファントム、母トーセンスマッシュ(その父トウカイテイオー)という血統。日本では美浦・小笠倫弘厩舎の管理馬で2015年のサウジアラビアロイヤルカップ優勝などの実績を残し、2017年に豪州の名門・D.ウィアー厩舎に移籍。そして移籍7戦目となった今回、異国の地で見事G1初制覇を果たした。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000006-kiba-horse
98


続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

競馬通の東出昌大「生涯ベストレースは90年有馬記念、93年有馬記念、98年毎日王冠」
【菊花賞】エポカドーロ 藤原調教師「戸崎ぃ!」
故アドマイヤ近藤利一氏の馬、近藤旬子名義に変更
【天皇賞・春】池江調教師「サトノダイヤモンド、ベストは2000~2400m」
ヴィブロス 引退撤回!現役続行www
noimage
【東京大賞典】波乱!オメガパフューム連覇達成!1番人気ゴールドドリーム4着
アーモンドアイ 調教後に熱発で香港カップ回避へ
ヴェロックス、有馬記念の鞍上は引き続き川田
【競馬】ディーマジェスティ蛯名「長いところの体にはなっていない」
リスグラシュー「金鯱賞」参戦!目標はクイーンエリザベス2世C
【競馬】 福永さん、ミリッサもクビになる
【クイーンS】1番人気ミッキーチャームが抜け出しV!重賞2勝目
バルジュー、ゼンノワスレガタミの件で平謝り&落胆 関係者共々お通夜ムード
エネイブル・ゴスデン調教師、スピード重視の生産は競馬を破滅に向かわせると警告
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP