投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【東京新聞杯2018有力馬診断(後篇)】~白富士Sマイネルハニー同様、ラフィアン忖度競馬(同グループ同脚質馬への配慮が要求される不本意競馬)からの解放で本領発揮マイネルアウラート~

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【東京新聞杯の有力馬診断(後篇)~白富士Sマイネルハニー同様、ラフィアン忖度競馬(同グループ同脚質馬への配慮が要求される不本意競馬)からの解放で本領発揮マイネルアウラート~】
無題tyul
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
★マイネルアウラート 牡7 柴田大 57 美南 高橋裕
先週白富士Sの◎マイネルハニーは“ラフィアン談合競馬(忖度競馬)からの解放”を第一根拠にした推奨でした。
それの前走のディセンバーSでは“ウインフルブルームの逃げ”がグループ内の優先事項で、そのせいで同脚質にも関わらずそれに気を遣う不本意競馬を強いられたパフォーマンス低下要素あった中での勝利を評価したというワケです。
もちろん、グループ構成員としての柴田大知Jはそれを表立ってコメントするコトはありませんが、コラムを見ているとそれについての恨み節に聞こえる話をしているんですよね。
例えば16年毎日王冠(逃げマイネルミラノ丹内・番手ウインフルブルーム柴田大)後には『我慢せざるを得ない展開だった』という奥歯に物が挟まった様な回顧をしていました。

で、そのマイネルハニーの“ラフィアン談合競馬(忖度競馬)からの解放で本領発揮”の再現の資格を持つのがコノ馬ではないかと見ます。
近2走は同グループ内で立場・地位が低い扱いだったのでしょう…一言で言えばわざと下手糞な競馬をしているかの様でした。
今回はその忖度しなければならない相手関係は不在ですから…ココならば完全燃焼が期待できるのではないかと見ます。


▽アドマイヤリード 牝5 藤岡康 54 栗東 須貝尚
まずは昨春阪神牝馬S回顧文を参照↓
『小柄ステゴ牝駒で強烈なピッチ走法が特徴的。
それだけに前走阪神牝馬Sでは外回りコースで大外枠を引いて外々をグルっと回ってくる競馬になるとどうかと思ったが、ルメールJは外差し馬場でガラッと空いたインを立ち回る頭脳プレー(?)。
基本的には外が伸びる馬場でしたが、かと言って内を通った馬が全滅する様な馬場ではなかったので、つまりはその馬の荒れ馬場適性次第の面もあった。それにピッタリだったのがコノ馬で、前走も重馬場での圧勝劇だった通りステゴ産駒ピッチ走法馬でこの手の馬場の巧者だった側面は確実にある。』

・・・
今回と同舞台条件の3走前ヴィクトリアMも外の方が伸びる馬場でしたが、だからこそ得意とする一瞬の脚を生かしたインを突く競馬を高確率でできてしまう条件であり、尚且つこういう内不利馬場でも他の馬と比べて影響を受ける所が小さいという適性の持ち主であった分での激走。

ルメールJも「彼女の瞬発力は、強いけど短い。ラスト100メートルまで我慢して、最後だけ追った」とレース後にコメントしていましたが、その通りでその競馬ができるかどうかに懸っている馬です。

前々走クイーンSではなし崩し的に脚を使わされる形で案外な結果で、前走府中牝馬Sでは再び直線一瞬脚勝負で負けて強しに見える好走へと至りました。

今回はその4走前阪神牝馬Sや3走前VMみたく外有利馬場ではありませんので、多頭数競馬でのスムーズな競馬が持ち込めるのは結構なリスクと見る必要があります…それがルメールJ騎乗停止で東京実績無い藤岡康Jならば尚更です。
また、そもそもとして中間調教を見る限りでは、少し仕上がり面に怪しい所もありそうなので。


▽ガリバルディ 牡7 三浦 57 栗東 藤原英
4走前ダービー卿CTは中枠スローペース前残りで後方で掛かり何もできずで、3走前京成杯AHでは同コースでも枠順好転とペース好転と差し展開の条件総好転によって一変結果となった経緯。
5走前までも馬柱汚れていましたが、その凡走局面はは距離二二挑戦やG1挑戦や正月京都内有利大外枠など明らかな条件不適レースばかりでした。
前々走富士Sも外有利馬場での内枠競馬が堪えたとすれば情状酌量できるモノですし、前走マイルCSも馬場バイアス不利の最内競馬をしたのを思えば情状酌量できるモノです。

OP昇級後の3好走は中京記念・大阪城S・京成杯AHで全て差し比べというレース…中々それに巡り合えないせいで結果不安定となっているが、逆に言えば無欲の追い込み脚は今でも一定程度は計算できる馬です・・・果たしてそれが東京新聞杯で期待できるのかと言えばレース傾向的に“否”という点で重い評価は中々与えられませんが。。


△クルーガー 牡6 浜中 56 栗東 高野
前走京都金杯では大外枠を引いたからこそ距離ロスない競馬を指向したのかも知れないが、スムーズに差す形を作れた勝ち馬ブラックムーンに対して直線詰まりつつラストにようやく2着浮上というのはやや後手の競馬になっていた印象もあった惜敗。
その前のマイルCSでは0.3秒差の健闘で、その前の富士Sについては展開恵まれ要因も大きかったとは言えども長欠明け初戦を思えばやはり力ある馬という競馬だった。

ココでも単純に地力上位に数えられる馬に違いないが、やはり難点としては末脚鈍い印象もある後方脚質馬という点。
それが向いたのが富士S・京都金杯なので、逆に展開不利の可能性も全然あるココではそこまで強調できる馬になるだろうか。


△グレーターロンドン 牡6 川田 56 美南 大竹
コノ馬は虚弱体質で、これまで休み休みのレース起用ばかりで、4走前安田記念時にも直前まで回避可能性を示唆していた程…それにも関わらず初G1挑戦で4着激走の様に持っている素質は相当高いレベルにあるというのは言わずもがな。

そんな中で唯一強行スケジュール戦だった天皇賞秋…毎日王冠からの中2週ハードローテで、「馬房で横になっている時間が多くなった」「カイ食いが細くなった」という状態ネガティブ情報も噴出しており、やはり結果的には無理な出走だったというコトだろう(凡走については度外視して良いだろう)。

その前後の毎日王冠・ディセンバーSでは負けて強しの競馬をしていますし、中6週ローテならばその再現・本領発揮の期待ができます。

これもクルーガー同様に、いやそれ以上に極端な脚質という点で東京新聞杯好走タイプでは無い点をどう展開読みして評価するのかだけでしょう。


危○○○○○○(←東京新聞杯の危険穴人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
成長力に乏しいとの評価が妥当なディープインパクト牡駒…それの2歳時代快進撃馬で、3歳春以降は実質的にはゼロ実績であるのがコノ馬です。
3走前は仕上げも甘かったですし距離の壁があったという敗戦で、前々走は極悪馬場で何もできなかったという敗戦で、前走も鞍上曰く距離二千すら今では長いコトを第一敗因として挙げていました。

その前の3歳春G1連戦も含めて情状酌量できる敗戦が続いているのですが、だからと言って現時点での能力は未知数としか言えません…そして、それ(未知なる成長力)については必ずしも肯定的な見方ができる様な背景馬ではありませんので。

距離短縮と急坂中山から東京コース替わりはポジティブに捉えられますが、だからと言ってココで通用する様な何ランクもの変わり身はあまり考えられない話です。

--------------------
☆東京新聞杯の危険穴人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※株式投資話は(現在32位)でたまに更新中
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

7月22日(土)佐賀競馬 全レース予想【重賞開催あり】
一撃予告日経新春杯!!小倉ウインター馬主席M氏スペシャル2020
【競馬】パドックを予想のファクターに入れてる奴
noimage
【秋華賞】アーモンドアイが負けるとしたらなにが1着に来るの?
15日◆【予想&馬場傾向】無料メルマガ予想
noimage
【WASJ】田辺騎手に早くも6ポイントwwwwwwwwww
【競馬】 角居調教師、酒気帯び運転容疑で逮捕
【帝王賞】テイエムジンソク古川「マイペースで行けました」←前半1000m59.9秒
【フェブラリーS】コパノキッキングほんとに距離もたないのか?
ドル箱お年玉3

ドル箱お年玉3

noimage
【競馬】G1獲らせてあげたかった馬
シャイニングレイの末脚www
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP