投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

東海ステークス2018 出走予定馬:ドラゴンバローズ、休み明けの前走が不甲斐なく…和田に戻ってまず良い位置を取りたい

日程:2018年1月21日()
第35回 東海ステークス(GII) 中京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
東海ステークス2018の予想用・出走予定馬一覧

 昨年のシリウスステークスで2着、夏から秋にかけて結果を残してきたドラゴンバローズが東海ステークスに出走予定だ。重賞でも結果を残したが、休み明けとなった前走のベテルギウスステークスがまさかの大敗。菱田から乗りなれたコンビの和田に戻って汚名返上の時、ここで結果を出して本番への道を切り開けるか。


 シリウスSでは厳しい流れの中で強い競馬の2着だったしここまでは素直に評価したい。ただベテルギウスSの負け方が流石に不満。休み明けから叩いて2走目、劇的に変わってくるのかどうか。そういった点での不安は小さくないだろう。


シリウスS(GIII) 2着 16頭3枠5番
阪神ダ2000m良 2:03.9(+クビ差) 61.6-62.3 M
12.8 - 11.3 - 11.5 - 13.5 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.5 - 13.2

 2走前のシリウスSは阪神2000らしい展開になった。ペース自体は0.7で辛うじて平均の範囲、ややハイに肉薄するレベルである。ただ前半の3Fは35.6で芝スタートでもありここは速かった。そこから13.5と1~2角で一気に緩んでの向こう正面からのロンスパ、という競馬。L3最速で出し切りやすい展開だったといえる。


 5番枠からまずまずのスタートを切ってそこからある程度促しながら追走、様子を見つつ外のピオネロが競ってきたのでこれを行かせずに番手を確保して進めていく。2角でペースが一気に落ちたが番手でコントロール、そこからのロンスパの流れでもしっかりとついていって番手で3角。3~4角で外からピオネロが競ってきて3頭雁行状態の真ん中で進めて直線。序盤で逃げるマスクゾロを捕えて先頭、外のピオネロも食らいつくがL1でこれを振り払って勝利か?というところに外から一気にメイショウスミトモに差し込まれて2着惜敗だった。


 内容的には強い2着。ペースも最序盤が速い中で出して行っての先行、そこから緩くなってのロンスパで結構タフな競馬だったと思う。マスクゾロを競り落とし、ピオネロの追撃をL1で振り切っていてL3最速でこれだけやれれば十分だと思う。もちろんラストは差し込まれたがL3地点でロスなく運べたメイショウスミトモ、というのもあるからね。この一戦自体は素直に強かったと思う。芝スタートの方が良かったかもしれないけど。


ベテルギウスS(OP) 12着 16頭5枠9番
阪神ダ1800m稍 1:53.7(+1.7) 49.3-50.3 H^1
12.5 - 11.2 - 13.4 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 12.3 - 12.4 - 13.4

 ただ、休み明けとなった前走のベテルギウスSでは12着と惨敗を喫した。ペースは1秒のハイ、ラップ推移的にも2角でゆるんで以降は12秒台を続ける形。基礎スピードをある程度問われた中での消耗戦ではあるが、それでも想像以上に苦しい競馬になった。もちろんこの馬のポジションを取れなかったのは大きいが。


 9番枠から五分のスタート、そこから押して押してだが先行できる感じはなく追走に苦労して中団で入っていかざるを得ない形。2角でペースが一気にダウンしたところで下げながら後方と流れに噛み合わない競馬になる。そのままロンスパの流れで後方で3角に入っていき、3~4角でも内目から追走しながら何とかロスを少なく直線に持ってくるが全く伸びなかった。


 まあ騎乗に関しては良いとは言えない、という感じ。前半でもっさりしていて取り付けるタイミングだった2角での緩みで下げているわけだからこのロスは痛かった。ただ、やはりこのペースで前に行けなかったというのはあるし、ポジションが悪くなって後半のポテンシャル面でも良さが出なかったというのはやはり馬の方に大きな問題があるだろうと。ここから変わってくることができるのかどうか。


白川郷S(16下) 2着 16頭2枠3番
中京ダ1800m重 1:51.2(+0.4) 50.1-48.1 S^2
12.9 - 11.2 - 13.2 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 11.5 - 12.4

 白川郷Sの場合は重馬場だったので何ともだが、中京の坂スタート自体は比較的安定して良いスタートを切っているかなと。ペースは2秒でかなりのスロー、ラップ推移的にも2段階加速気味だがL2最速11.5と切れる脚を要求されていた。これを逃げ馬が刻み切ったのでこれを差すことは難しかったと思う。


 3番枠から坂スタートでもまずまずのスタートだがそこから押して先行策、2列目のポケットを確保する。道中も2列目のポケットの位置で進めるが微妙に前に壁を置かない形で向う正面を進めてキックバックを避ける感じ。3~4角では最内のポケットで我慢、そのまま直線。序盤で追い出されてギアチェンジの地点で食らいつこうとするがアドマイヤに出し抜かれる。ラストまで頑張って伸びようとしていたが前がなかなか落ちず、2着単独確保まで。


 ひとまず緩い流れで要所で一気に切れろ、という競馬には高いレベルで対応できなかった。もちろん要所で動く形に一定のパフォーマンスを見せてはいるといえるが、少なくともアドマイヤロケットには完敗である。このレースだけでなく名古屋城Sも同様にL2最速の流れの中で内からギアチェンジにある程度対応して伸びてきたが前の馬を捕えられず最後は甘く、というような内容。コントロールされて速い脚を要求されるとそこまで長くは脚を使えない印象かな。ただ中京の坂スタートのケースは1900m戦も含めて結構上手にゲートを出ている。この辺りは良い材料かもしれない。


2018東海ステークスに向けての展望

 まずはいいスタートを切れるかどうか。本来ダートスタートでゲートがそこまで良い馬でもないのだが坂スタートの中京は安定している。また乗り慣れている和田に戻るのでこの辺りは純粋にプラスだろう。適性的に見るとL2最速戦でのキレというのはやはり物足りないし、このクラスでとなるとかなり手ごわい馬が多い。スローでそういう競馬だとモルトベーネ辺りが相手でも苦しくなると思うし、もちろんテイエムジンソクやディアデルレイも前目からの一足の競馬で高いパフォーマンスを見せているのでそういう形になると苦しい。前半のペースも大事だがロンスパの流れの中で上手く前目内目を確保できるかどうか。他のレースを見ても馬群の中で進めること自体は問題ないと思うし、3~4角である程度速いラップを要求される中でポジショニング、基礎スピードとポテンシャルを引き出せれば。シリウスSからもスピードに乗ってからコントロールできていると思うし、ある程度思い切って出して行った方が良いだろう。ただ2000でタフな競馬で良さが出ているし、1800はこのレベルではちょっと短いのかもしれないなと。1900~2000ぐらいの方が今は合っていると思う。前走の不甲斐なさも踏まえて現時点では3着ヒモで拾うかどうかの当落線上にいる。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

   第35回 東海S(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼年始から早速!▼

1月6日 京都11R
『第56回京都金杯』
◎クルーガー
△ブラックムーン
○レッドアンシェル
3連単 1万1480円
3連複   1720円
馬 単   3610円
━━━━━━━━━━━

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『東海S(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・東海S
png暴露王:東海S300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中日新聞杯 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、直線では手応え以上にしぶといが…コーナーで動けない面があり
カペラステークス 2017 出走予定馬:ノボバカラ、JBCスプリントは包まれてコーナー減速…芝スタートでスピードを活かし押し切りたい
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、新潟1000の適性を前走で示し…出負けが無ければ楽しみな一戦
フェアリーステークス2018 出走予定馬:プリモシーン、明確に弱点は無く前走トップスピードの質・持続力ともに高く…ここは中心か
阪神カップ 2017 出走予定馬:モズアスコット、4連勝の勢い…厳しい流れでもスッと反応できる魅力でここも面白い
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、血統はタフな洋芝向き…距離延長で怖さもあり警戒したい
日経新春杯2018 出走予定馬:ミッキーロケット、厳しい流れだった昨年が強く…突いて全体の競馬に持ち込みたい
京王杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:カシアス、2走前の未勝利勝ちの印象強く、1400への延長は歓迎できそう
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、中山1800で持ち味の鋭さをロンスパで分散させられると微妙
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:アズールムーン、二の足は速いがゲートは微妙…行き切ってスピードを活かせるか
中京記念 2017 出走予定馬:レッドレイヴン、函館1800で強烈な末脚…流れた中で良さが出ればマイルでも怖い
新潟大賞典 2017 出走予定馬:メートルダール、昨年クラシック本番不参加も…今年は中距離路線で結果を出したい
小倉記念 2017 出走予定馬:ケイティープライド、ポジショニングセンス良く上手く、内を確保してコーナーの勝負になれば
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:ビッシュ、スローで溜めても良い脚は一瞬…ポテンシャルを活かして早仕掛けで分散したい
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP