投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

AJCC2018 出走予定馬:レジェンドセラー、ポテンシャルは秘めるも出脚が鈍く…どこかで押し上げたい

日程:2018年1月21日()
第59回 アメリカジョッキークラブカップ(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
AJCC2018の予想用・出走予定馬一覧

 昨年夏に500万下を勝ちあがってから秋に1000万下、冬に準OPと順当に勝ち上がってきた4歳馬レジェンドセラーがアメリカジョッキークラブカップに出走予定だ。1000万下ではショパンを相手に番手から楽々と突き抜け、前走のオリオンステークスでは接戦を捻じ伏せてきた。GI馬など相手は一気に強化されるが4歳世代の勢いでここも突破できるか。


 スローの中で結果を出してきた馬で、ポテンシャル戦ではリッジマン相手に3走前の札幌日刊スポーツ杯で完敗ではあると。2走前が鮮やかだったが相手関係にポジショニングというのもあったと思う。今の段階ではここで通用するかどうか?というのは懐疑的に見ておきたい。


1000万下 1着 6頭4枠4番
京都芝外2400m稍 2:27.6 62.6-60.3 S^2
13.2 - 11.9 - 12.0 - 13.1 - 12.4 - 12.3 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 12.0

 まずは2走前の1000万下から振り返る。雨が断続的に降り続け、秋華賞当日でもあり稍重という表記以上に馬場が悪化していたかなと。その中でかなりのスローからのL2最速戦。ポテンシャル戦で仕掛けが遅かったがこれはハイプレッシャーの刻むラップ。実際は3角下りから差を詰めているので3~4F戦だろう。


 4番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出して行きながら番手を確保し前のハイプレッシャーを遊ばせながら進めていく。道中はハイプレッシャーが単騎で逃げてレースを進めていく中で、離れた番手で進めながらレースを展開。3角までハイプレッシャーの単騎を許す。3角の下り以降でじわっと差を詰めながらハイプレッシャーとの差を詰めていく、4角で促しながら差を詰めつつ1馬身差で直線。序盤で一気に交わして先頭、外からショパンが襲い掛かるがこれをL1で逆に引き離しての完勝だった。


 スローロンスパの形で勝ち切ったといって良いが、ポジションを前に取れたことが大きいとは思う。また6頭立ててメンツ的にもその辺が楽だったというのはあるだろう。ポテンシャル戦としては3走前の札幌日刊スポーツ杯でリッジマンにパフォーマンス的に見劣っていたし、それを前半でポジションを取って引き出してきて勝ち切れたという感覚かな。ポテンシャル自体はそこそこ高いレベルにあるとは思っているが、ポイントになるのはレベルが上がった時にそこそこ良い位置を確保できるかどうか?という点だとみている。


オリオンS(16下) 1着 11頭8枠10番
阪神芝外2400m良 2:29.1 65.0-58.5 S^6
13.2 - 11.8 - 13.2 - 13.6 - 13.2 - 12.9 - 12.7 - 12.8 - 11.8 - 10.8 - 11.2 - 11.9

 オリオンSは極端なレベルで遅かった。ペースは6.5でS^7レベルに肉薄するほどでレースとしては4Fだけの競馬といって良い。L3最速でTS持続特化戦。


 10番枠から出負けして後方からの競馬となる。そこからじわっとリカバーしながら中団の外目で入っていく。向こう正面でもレトロロックの後ろぐらいで進めながら3角に入っていく。3~4角でも中団の外でレトロロックの仕掛けに呼応しながらじわっと動く。4角最速地点で好位の中目だがここでは動けないまま直線。序盤で3列目からジリジリ、伸び切れないまま2列目でいたがL1でしぶとくジリジリと伸び切って何とか競り落とした。


 この辺からもスパッと切れるという感じではないんだが、TS持続が高いなというのは感じさせた。ドスローで後半勝負に特化していたのも良かったと思うが、それでもこれでサンタフェチーフを撃破できているし重賞でもある程度の目途を立てているといえなくはないかな。ただ正直ここ2戦だけで見ていきなり勝負になるほどの武器があるのか?というのは疑問が残るかな。それとゲートがまずかったのも不満。極端に遅かったのである程度リカバーできたが、本番ではこれがカギになりそう。


札幌日刊スポーツ杯(10下) 4着 14頭2枠2番 
札幌芝2600m良 2:41.3(+0.4) 62.4-61.0 S^1
12.8 - 11.7 - 12.7 - 12.8 - 12.4 - 12.8 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 12.1 - 12.4 - 12.1 - 12.4

 札幌日刊スポーツ杯ではハイレベル戦ではあったが同期のアドマイヤウイナーにも先着を許したりとやや物足りない競馬になった。力の要る洋芝でペースは1.4とスローだがそこまで遅くない。後半はL5最速で11秒台に入ることのないポテンシャル戦。前半の基礎スピードを最低限は問われての後半ポテンシャル勝負というところ。


 2番枠からやや出負け、追走に苦労し後方に下げるという形。スタンド前では中団やや後ろの内内で我慢しながら進めて向こう正面で手が動きながら後方に下がって外に出し、進出しながら3角。3~4角では中団の外々から追走、鞭も入るが反応鈍く中団の外々で直線。序盤でもジリジリとは伸びてくるが前との差はなかなか詰まらず。L1でも決定的な伸びではなく3着争いに食い込む程度の4着完敗だった。


 まあこれがあるからどうしても高く評価、というのが難しいなと。ポテンシャル戦でアドマイヤウイナーレベルを撃破できなかった。となると仮にスローの後半特化になったとしてもダンビュライトを喰うというのはなかなか難しいんじゃないかなと。ポテンシャルという点では底を見せずにL1まで食い込んできたので最終的には長距離路線で長く脚を使ってパフォーマンスを上げてくる可能性はあると思うが、ここで負けたリッジマンがトミケンスラーヴァに万葉Sで敗れているという点でも力関係で見るとやはりまだちょっと足りないかな。


2018アメリカジョッキークラブカップに向けての展望

 まず前提としてポテンシャル戦かTS持続戦でないと、というのはあると思う。厳しい流れでどうこうというよりも、スタートしてからの一歩目に歩目が遅いのでいい位置を取るというのがまず難しい。2走前は番手を取れたがメンツと6頭立てに恵まれただけ。前半良い位置を取れない、とみておいた方が良い。そのうえで、後半勝負となった時にポテンシャル戦では少なくともリッジマンとの比較で見れば強気にはなれない。意外とトミケンスラーヴァが厄介になるわけで、しかもトミケンは恐らく前々内内で3~4角を立ち回ってくる。ポジション差に通すところまで外だと苦しいだろう。もちろんダンビュライトも神戸新聞杯でアドマイヤウイナーを休み明けで撃破しているわけで、総合的に見ても強敵といえる。この2頭がまず上位としていると思うので、更に上位のパフォーマンスを見せているゴールドアクターやミッキースワローとの比較でどうか?となってくる。結構穴目で面白い馬も多いとは思うので、現時点では手を出さない可能性も高い。狙うとしても3着のヒモまでかな。ポテンシャルはある程度高いしスローの段階でどこかで動ければ面白いけど中山2200で動くというのはなかなか難しいようなので、出たなりで後方で3角となれば良くて3着ぐらいまでかな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第59回 AJCC(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  AJCCを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬では、サクラホクトオー、ホワイトストーン、マチカネタンホイザ、サクラチトセオー、ローゼンカバリー、メジロブライト、スペシャルウィーク、アメリカンボス、シルクフェイマス、マツリダゴッホ、エアシェイディ、トーセンジョーダン、ルーラーシップ、ダノンバラードなどGIで活躍した馬を多く輩出している。

過去10年の人気別では1人気[2.1.0.7]、2人気[3.2.1.4]、3人気[1.1.2.6]の成績。1人気で勝ったのは12年ルーラーシップ、11年トーセンジョーダンの2頭のみ。2人気が3勝連対率5割と活躍している。平均配当では、馬連5610円、3連複1万3400円、3連単8万4960円と波乱傾向。馬連万馬券が3度、3連単10万馬券以上の特大馬券が4度出ている。年齢別の成績では5歳馬4勝、6歳馬3勝、7歳馬3勝。出走頭数こそ少ないが4歳馬が0勝となっており、8歳馬以上の高齢馬も勝利数なし。

昨年のAJCCも◎タンタアレグリア(7人気)から馬連1930円、3連複3970円、3連単2万8980円のパーフェクト的中をお届け!今年は宝塚記念(2着)以来となるゴールドアクターが武豊とのコンビで参戦。その他では昨年の覇者タンタアレグリア、ミッキースワロー(菊花賞6着)、ダンビュライト(菊花賞5着)などが出走。今年もお年玉馬券となる極秘情報を入手済!お見逃しの無いようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『AJCC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第59回 AJCC(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  AJCCを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:AJCC300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

平安ステークス 2017 出走予定馬:アスカノロマン、昨年圧勝も近走がやや不満…京都は合うので上手く3~4角内を取れれば
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:スラッシュメタル、好調ミルコ・デムーロとのコンビで父に重賞タイトルを届けたい
レパードステークス 2017 出走予定馬:テンザワールド、古馬相手に連勝の勢いで強敵撃破を狙う
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミツバ、距離短縮、厳しい流れでポテンシャルを出し切って重賞初制覇となるか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、強烈な切れ味は現役でも屈指…コーナー4つのコースで引き出せるか
七夕賞 2017 出走予定馬:スズカデヴィアス、楽に前を取れるかは重要、ロンスパだと苦しいが仕掛けが遅れれば警戒
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:キャナルストリート、前走は非常に苦しい展開も、ゲート良く不気味さあり
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:トウケイタイガー、園田の星が中央に殴り込み、主導権を取って快挙となるか
七夕賞 2017 出走予定馬:ゼーヴィント、福島で内目でも立ち回れる器用さ、ペースへの対応力高く勝ち切れるかが焦点か
ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ベルーフ、前走は道悪もあっただろうが崩れすぎ…出し切れれば怖いがゲート拙く高速府中だと不安が多い
ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい
中山金杯2018 出走予定馬:セダブリランテス、1周コースの2000は適性的に噛み合いそう…適性を活かして粘り込みとなるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP