投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

AJCC2018 出走予定馬:ブラックバゴ、位置取りがどうしても悪くポテンシャル非凡も中山2200は合わなそう

日程:2018年1月21日()
第59回 アメリカジョッキークラブカップ(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
AJCC2018の予想用・出走予定馬一覧

 昨年は五稜郭ステークス、アンドロメダステークスと2000mで結果を出したブラックバゴがアメリカジョッキークラブカップに出走予定だ。前走の中山金杯でも持ち味の末脚を発揮するも最後方から外々でどうしても届かずの4着。オールカマーでは中山2200mで完敗も特殊な展開、今度こそポテンシャルを出し切って重賞制覇となるか。


 今力をつけてきているのは間違いない。ただし、基本的には後方からの馬なので中山2200で届くかどうか?ということになる。ポテンシャル面に関しては今は結構通用すると思うが、あまり後ろ過ぎると前目でポテンシャルを持っている馬を差すのは難しくなると思うし、いい位置を取ってほしいかな。


アンドロメダS(OP) 1着 15頭5枠8番
京都芝内2000m重 2:01.4 60.9-60.5 M
12.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 12.7 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 12.2

 まずは2走前のアンドロメダSから振り返る。重馬場で力の要る状況ではあった。その中で全体のペースもそこそこは流れそこからのL3最速で仕掛けがある程度早いポテンシャル戦となっていると。


 8番枠からやや出負けしてじわっと促すが後方からの競馬になる。1~2角はマテンロウボスの後ろぐらいで我慢。途中でゲッカコウが外から動いていくが、そこではついていかずに折り合い重視で最後方列に近い位置で外々。3~4角で大外からマテンロウボスを交わして前のゲッカコウに追いつく。4角でゲッカコウの外から大外という形で押し上げて3列目で直線。序盤でそこからしぶとく伸びて一気に先頭に立つ。L1で内から食らいつくストロングタイタンを競り落としての勝利だった。


 結果的にストロングタイタンが伸び悩んでしまっているので評価が難しいけど、パワー型の基礎スピードと後半のポテンシャルのバランスが問われた中で、この馬は後半ポテンシャル特化の競馬で捻じ伏せてきたと。かなり長距離色が強い競馬で勝ち切っているし、正直距離に関しては2000で結果が出ているけどもうちょっとあっていいと思う。距離を延ばすことで前半の位置取りをもう少し解消しながら仕掛けは強気のまま、というのが欲しいが。


オールカマー(GII) 10着 17頭2枠4番
中山芝外2200m良 2:14.8(+1.0) 63.1-58.2 S^5
12.8 - 11.7 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.3 - 11.2 - 11.6 - 12.0

 オールカマーは極端なドスローから極端な早仕掛けとなった。原因はミラノ劇場なんだが、最序盤が5秒の超超超スローと余りにも遅かったのでこれでもL4-3で11.3-11.2と相当速いラップを踏んでいる。その中でルージュバックらTS持続組の方が上位に来たという感じかな。


 4番枠から出遅れて最後方から、二の足もつかずに苦労して進めていく。道中もドスローなのに単騎で最後方という感じで向う正面。道中もじわっと取り付いていこうとするがそれでも最後方。3角以降はミラノが動いていく形でペースが一気に上がっていくので最後方最内からポジションを上げられないまま内のスペースを突いてコーナーワークで押し上げ直線。序盤で中団からジリジリと伸びてくるが前もなかなか止まらない。ラストまでジリジリと伸びずになだれ込むだけの10着完敗だった。


 ここまでドスローでペースが上がるまで最後方ではそりゃ難しい。休み明けの影響もあったと思うがゲートがかなり拙かったし、そのうえで行き脚もつかなかったので乗る方としてはどうしようもなかったかもだが、63秒の1000m通過の間に何か手を打てなければどうにもならんかったと思う。ドスローから速い脚を連続する形になっているわけで、これではポテンシャルを発揮することも難しくこのレベルではキレ負けして速度で勝れなかったから押し上げられなかったという感じ。上がり最速といっても4角以降ペースが上がってスペースがある中での最短距離でのものでそれ自体を評価するというのは適切ではないだろう。こういう競馬では難しい。


中山金杯(GIII) 4着 17頭4枠7番
中山芝内2000m良 1:59.9(+0.1) 61.5-58.3 S^3
12.3 - 11.0 - 13.2 - 12.3 - 12.7 - 11.3 - 11.7 - 11.5 - 11.6 - 12.2

 前走の中山金杯は惜しかった。ただ結局突き詰めればポジションの拙さがあるわけで、これをどこかで解消できない限りは高いレベルでかつというのは難しいかも、というところである。ペースは3秒で超スロー、ラップ推移的にはL5最速とこれもミラノ劇場の影響。


 7番枠からゲートは五分に出ていたが出たなりだと二の足が遅くて下がってしまう、という形。そのまま最後方近くで進めていく。向こう正面でも最後方の外目で進めて少し掛かり気味になるがポジションは上げない。ミラノが動いてペースが上がってからの仕掛けは同じ。3~4角では中目を通しながらロスは少なくを徹底、4角で外に出しながら直線で最後方列の大外。序盤でそこから伸びて中団列、L1でグンと来ていたが届かずの4着完敗だった。


 岩田の場合も福永と同じイメージで仕掛けのオンとオフが極端というか0か100かしかない、という感じ。ミルコなら70、80,90ぐらいまで持っていて緩い地点で上げていくという意識があるんだが岩田にはそれが無い。ブラックバゴの場合はポテンシャルが高いので早めの仕掛けは可能。そこを活かして緩い地点で上げていって3角までにそこまで外でないところを確保できればそれが一番良いんだが、岩田の様にジッと我慢していると結局4角ではあれだけぶん回す必要が出てくる。ミラノがいるケースは3~4角が流れるのは確定的なので、そこまでにいい位置を取れないとというのはある。このレースでも流石のバテ差しは見せたけど、結局はそこがネックになっているし、岩田だと限界があるかも、と。


2018アメリカジョッキークラブカップに向けての展望

 個人的にはミルコや豊、田辺辺りが乗ってくれた方が良いタイプだと思う。岩田だといい脚を最後に使うけど結局ペースが上がるまでの位置取りが悪すぎて苦しい。全体で平均ぐらいまで流れてくれればいいけど、中山2200は特に勝負所までのポジショニングが重要なので。馬は性能的には通用すると思っているけど騎手が合わないと思う。中山2200mはコーナー地点が長く、手練れの騎手でもなかなか動いていくタイミングを見つけるのが難しいコース。岩田だと出たなりで下げ切ってから緩い地点で動くというのはまず難しいだろう。我慢して最内を突いてどこまでという競馬では流石に今回は相手が手ごわい。ポジション差がある状況でダンビュライトやゴールドアクターを差せるだけの鋭さは持っていないと思う。今のこの馬で中山2200なら淡々と流れた方がまだチャンスがあるかな。実力的にはここでは3番手ぐらいには入ってくると思っているが、それでも3角までの位置取りが重要なレースで岩田となると強く狙う気は全く起こらない。3着ヒモあたりで押さえるところでとどめておきたい。




――――――――――――――――――――――――
◎ 新 春 お 年 玉 情 報 ◎
――――――――――――――――――――――――

お年玉情報【第1弾】
【中山金杯】予告通りの◎-○馬連1点的中!

お年玉情報【第2弾】
【先週中京】狙って獲った6万9320円的中!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【第3弾】もお見逃しなく!

1番人気は5連敗中のAJCCで
ゴールドアクターを脅かす【超穴馬】はコレだ!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2018年新春も当たりまくってます!
――――――――――――――――――――――
《京都2日目2R》◎インヴィジブルワン
【4万0180円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山2日目4R》◎アスクヴェリウェル
【2万6630円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山5日目1R》◎ナイツブリッジ
【2万6580円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中京1日目7R》◎レイエスプランドル
【2万3630円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山1日目8R》◎ミッシングリンク
【2万1720円】的中!
――――――――――――――――――――――
《京都4日目4R》◎タッチアコード
【2万049円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山1日目4R》◎メガポリゴン
【1万6560円】的中!
――――――――――――――――――――――
《京都1日目1R》◎メープル
【1万5300円】的中!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さらに2017年12月も大万馬券連発!
――――――――――――――――――――――
《ホープフルS》◎タイムフライヤー
【5万2380円・1万0920円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神9日目5R》◎インディチャンプ
【19万2430円・5万4380円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中京4日目12R》◎スプマンテ
【17万1050円・4万5930円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山8日目10R》◎ハングリーベン
【馬連1点目1万6690円】的中!
――――――――――――――――――――――
※その他、万馬券多数的中!※

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お年玉情報【第3弾】
AJCCの『超穴馬』もお見逃しなく!
pngワールド:AJCC300-250

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、厳しい流れで良さが出る一頭…強気に前を突いていきたい
北九州記念 2017 出走予定馬:ファインニードル、力をつけての再オープン入り、キングハートに逆襲となるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:タガノカトレア、前走端午Sは惨敗も敗因はハッキリ…穴候補で不気味な一頭だ
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:モンドキャンノ、京王杯2歳Sのように前半無理せずゆったり入ってこそ良さが出そう
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:コウソクストレート、1400mへの短縮も厳しい流れに対応できるか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、格上挑戦もペースを支配できれば不気味…アエロリットの出方がカギか
愛知杯2018 出走予定馬:ワンブレスアウェイ、前目から要所でもう一段上のギアを入れてくる強敵…ゲートを上手く出られるか
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ハナレイムーン、クイーンCは十分健闘…1800と馬場適性がポイントか
エプソムカップ 2017 出走予定馬:バーディーイーグル、むらさき賞は単調な流れでしぶとくバテ差し…厳しい流れでは警戒が必要
スワンステークス 2017 出走予定馬:ジューヌエコール、超ハイで追走しながら突き抜け基礎スピード開花…総合力も本来高い馬で楽しみな一頭
京都大賞典 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、真価を問われる一戦も…高速馬場の京都2400mでとなると難しいかも
東海ステークス2018 出走予定馬:テイエムジンソク、昨年夏から使い詰めで状態面がどうかも…能力・適性的に隙はほとんど無い
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:エイシンバッケン、ペースに左右されず最後は必ず突っ込む末脚が魅力
日経新春杯2018 出走予定馬:モンドインテロ、長距離路線でポテンシャルを活かし安定感は随一…ペース・馬場適性の幅広く
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP