投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

東海ステークス2018 出走予定馬:モルトベーネ、内で我慢が利く馬で、スローで前目内目に潜んで浮上を狙いたい

日程:2018年1月21日()
第35回 東海ステークス(GII) 中京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
東海ステークス2018の予想用・出走予定馬一覧

 昨年はアンタレスステークスを強い勝ち方で制して台頭したかに見えたモルトベーネが東海ステークスに出走予定だ。ただそれ以降はチャンピオンズカップでも13着に沈むなど、結果が芳しくないまま2017年を終えた。2018年は巻き返しを誓えるかがカギだ。新興勢力が力関係を一新した今、昨年以上のパフォーマンスを見せられるか。


 まあ、ここ2走で評価は下げる。そのうえでここでどうかだが、昨年の東海ステークスの様にスローで好位の内内を確保できれば、というところかな。今のままでは上位2頭にペースを速めに作られると難しい。


アンタレスS(GIII) 1着 16頭5枠10番
阪神ダ1800m良 1:49.9 48.8-48.7 M
12.5 - 10.8 - 13.0 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.5

 まずは4走前のアンタレスS。ペースは平均でラップ推移的には4F戦というところ。阪神らしく前半3F目で13.0と1~2角でペースが落ちてそこからの加速という感じ。3-3Fだがこの馬の位置なら37.0-36.2と割とゆったりとしたバランスでは入れていた。


 10番枠から五分のスタート、そこからの二の足はよく結構楽に先行争いに加わっていくが最終的には好位の中目で我慢する形で落ち着く。1~2角で落ち着いてそこで好位の中目で少し掛かるぐらいの感じで折り合わせる。3~4角でも内目で我慢、2列目の2頭分外で我慢しながらも押し上げて直線。序盤でそこから追いだされて内を取ろうとするが進路が被り外に、そこからの伸びも良くロンドンタウンらを楽に抑えての完勝だった。


 まあここは素直に強かったし、だから期待したわけなんだが…ただ敢えて言うならやはり前半のペース…この馬の走破バランスという中では比較的緩い、ややスローでは入れていたというのはあるかもしれない。後で振り返るが東海S2着の時もペースがゆったりの中で進められたのがある。それと、自力という点ではともかく、ポジションをとって好位の内で我慢しながらキックバックを受けても問題なく進められた。そういった小器用さ、内を上手く使えるという点では良い材料だったといえる。まあこれも東海Sで見せていたことではあるんだが。


チャンピオンズC(GI) 13着 15頭3枠6番
中京ダ1800m良 1:50.1(+0.8) 48.9-48.5 M
12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.7 - 12.7 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.4

 このチャンピオンズCは期待を大きく裏切られる惨憺たる結果となった。正直流石にこの一戦で評価を大きく下げざるを得ないなと。ただ、それはそれとして、ここまで崩れた要因とまで言えるかはわからないがこの馬としては前半で脚を使ったという可能性はあるのかなと。ペース自体は平均で中盤も緩んでいるのだが、この馬の3-3Fで見れば平均。この馬の場合自身スローでは強いけど平均~ハイまで上がると崩れているというのは現実としてはある。


 6番枠から五分に出てそこから先行策、まずは2列目辺りで入っていって馬群の中。道中もある程度促しながらテイエムジンソクの後ろで進めていく。3~4角でも2列目の中で進めていくのだが手応えが悪く置かれながら3列目で直線。序盤でそこからジリジリ下がってしまう。最後はそこまで下がらず踏ん張ったがそれでも良さが見られずの完敗だった。


 内容的に見ても東海Sでは内内から動けていたし、加速ラップだからといって動けないということもないはず。3~4角の段階もだが結構前から追走している感じでそこで脚をなし崩し的に使う形になってしまったのかなと。もちろん、高いレベルで見ればこのチャンピオンズCは緩めの流れだったと思っているが、この馬としてはこのレベルのペースでは少し苦しかったかもしれない。まあそういうレベルだとトップクラス相手に戦うのは難しいな、という現実を突きつけられた形ではあるが。


東海S(GII) 2着 16頭2枠4番
中京ダ1800m良 1:53.2(+0.1) 51.2-49.5 S^2
13.0 - 11.5 - 13.6 - 13.1 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.7

 東海Sでは内から上手く立ち回って2着を確保。この時のレベルが何とも言い難い…メイショウウタゲなんかもオープン特別で結果を出しているし決して低かったとは思わない…といいつつも結果的に見てやっぱり物足りない。この馬が良さを出せたのは恐らく1.7とかなりのスローでゆったりの中で前目を確保できたことが大きいだろう。


 4番枠からまずまずのスタート、そこから結構楽に先行争いに加わって2列目のポケットで進めていく。道中もかなりのスローの流れの中で前に壁を置いてもしっかりと折り合いながら2列目ポケットで3角。3~4角でも内内で我慢、キックバックを受けながら直線に入ってくる。序盤でそこからの加速でも出し抜かれずにしぶとく食らいついてL1では内から先頭に、というところで外からグレンツェントに差し切られての2着惜敗だった。


 敗れはしたがL2最速、坂の上りでの加速に対応はできているわけでここで結果が出ているなら本来チャンピオンズCでもそこそこやれたはず。内内で包まれながらしっかりと要所で動ける、キックバックを受けても大丈夫というのはアンタレスSでも見せている。ただやっぱり傾向としてみた時に高いレベルでは前半ゆったり入れた中でポジションを取れている、というのはあるだろう。アルデバランSでも道悪の中でピオネロを撃破しているわけでこの時点ではある程度高いレベルにはあったと思うが…。


2018東海ステークスに向けての展望

 今となってはやはり序列は下がる。前半のペースが緩い状況が望ましいのは間違いないし、その中で前目内目のポジションを取れればもう少し戦えるとは思う。ただし、流石にこのレベルで互角以上となるとそれでもワンパンチ足りないか。好走するレベルまではあるだろうが、仮にテイエムジンソクがチャンピオンズCのような支配の仕方、或いはそれより少し緩い流れに持ち込んだとしてもそれを差すのは難しいと思う。ディアデルレイも前走のような感じの競馬をしてくれば手強いしこの2頭がスローに持ち込んだとして楽じゃない。内枠からギアチェンジを引き出して一角を崩せるかどうか、というところか。ハイペースでは難しいと思うしテイエムもディアデルも正攻法で基礎スピード勝負に持ち込むとみやこSからもつけ入るスキがなくなるかな。内目の枠が欲しいし1秒程度はスローが望ましい。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

↓↓

【結果】
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓

うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
=========================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%
=========================================

うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
=========================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

関屋記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、トップスピードの持続力は非凡…も、やはりゲートが拙く後方一手なのが
クイーンステークス 2017 出走予定馬:シャルール、平坦の札幌でいいスタートを切ることができるかに注目だ
日経新春杯2018 出走予定馬:ミッキーロケット、厳しい流れだった昨年が強く…突いて全体の競馬に持ち込みたい
北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
AJCC2018 出走予定馬:レジェンドセラー、ポテンシャルは秘めるも出脚が鈍く…どこかで押し上げたい
愛知杯2018 出走予定馬:マキシマムドパリ、ここ2走はキレ負け…56kgカギももう少し意識的に仕掛けたい
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:ラビットラン、世代屈指の鋭い末脚をもつ実力馬…追走力に難あり中山マイルをこなせるか?
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アウトライアーズ、伝説の百日草特別となるか…?底知れず、要所のギアチェンジの性能も高く
オールカマー 2017 出走予定馬:ルージュバック、月曜開催の馬場なら最右翼…外から勢いに乗せて鋭く坂を駆け上がれれば
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、先行策も打て幅は広がる…ゲートが拙いのでリカバーできる枠が欲しい
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞で見せた切れ味は非凡だが…ここ2走の内容が悪すぎて…
平安ステークス 2017 出走予定馬:アスカノロマン、昨年圧勝も近走がやや不満…京都は合うので上手く3~4角内を取れれば
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレンツェント、前走はコーナーで動けなかった感もアリ…再度58kgも淀で挽回となるか
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
エルムステークス 2017 出走予定馬:ロンドンタウン、佐賀記念はスローの流れで長く脚を…1700mの舞台は微妙か
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP