投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

愛知杯2018 出走予定馬:クインズミラーグロ、安定感は評価も昨年秋は物足りず…下降線か?

日程:2018年1月13日()
第55回 愛知杯(GIII) 中京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
愛知杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 重賞こそ勝てずにいるが抜群の安定感を誇っていたクインズミラーグロが愛知杯に出走予定だ。マーメイドステークス2着をはじめ、牝馬中距離重賞戦線の上位常連の実力を持っていた。ただ一方で昨年秋の2走はその安定感からは少し物足りない結果に終わってしまっている。2018年の初戦でまずはその安定感を再度復活させたい。


 ん~…昨年夏までのこの馬ならやはり外すのは怖いかなと思うんだが、ここ2走が物足りないのはある。エリ女にしても逃げの手を打ったのがマイナスに作用したかもしれないが、それにしても甘くなりすぎでそこまで難しいペースではなかったはず。府中牝馬Sでも物足りなさが残った。良い頃ならともかく、ここ2走で結果が出ていないわりにそこそこ人気になりそうなこと、また面白い馬が多いことを考えると狙いとしては微妙なラインになる。


マーメイドS(GIII) 2着 12頭4枠4番
阪神芝内2000m良 1:59.6(+0.1) 60.6-58.9 S^2
12.7 - 11.2 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 11.7 - 11.2 - 11.3 - 12.5

 昨年の善戦の中でもマーメイドSから振り返っておきたい。阪神2000でペースは1.7とかなりのスロー、そこからの4F戦でL3最速11.2、TS持続特化戦というところかな。


 4番枠からまずまずのスタート、そこから押して先行策を狙うが二の足はそこまでよくなくて控えながら好位の中目で進めていく。道中も3列目の内内で進めて前にトーセンビクトリーを置きながら向こう正面で我慢。3角でもトーセンの後ろを進めながらで、4角地点でその一つ外に出しトーセンに並びかけて2列目に入って中目で直線。序盤でマキシマムドパリの後ろからその外を狙う。L1でそこからジリジリとは伸びるがマキシマムを追撃するレベルではなく何とか内のアースライズを競り落としての2着確保だった。


 内容的には勝ちに行ったマキシマムドパリを詰めきれなかったわけだし、ハンデ差も1kg貰っての内容なので完敗といっていい。ただスローからのTS持続特化で3~4角でじわっと動いていきながら直線でもしぶとくは脚を使ってアースライズを競り落としているように一定のパフォーマンスは見せている。キンショーユキヒメのロスも多かったなかでラストも詰められているし安泰ではないが、まあ牝馬戦線でも3番手グループにいて適性の幅が広いから安定するという感じ。


クイーンS(GIII) 3着 13頭4枠4番
札幌芝1800m良 1:46.3(+0.6) 46.8-47.4 M
12.2 - 11.2 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.5 - 11.9

 クイーンSでは1800でそこそこ流れた中でも結果を出してきた。この馬の位置ならそこまででもないが、それでも後方からしぶとく脚を使って3着とマキシマムドパリには余裕で先着している。平均ペースからの一足をアエロリットが使って圧勝という流れ。


 4番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。道中も後方の内内で我慢する展開だがアエロリットが単騎気味の中で動けないまま3角。3~4角でも後方馬群の内内で我慢せざるを得ず、トーセンビクトリーの後ろから4角で外目に誘導しようとするができずに中団内目で直線。序盤でジリジリと伸びて3列目、L1でもう一段の脚が欲しかったが結局前のトーセンビクトリーとの差も微妙に詰まったか?という程度での3着完敗だった。


 ゲートがまずかったのであの位置になってしまったが、3~4角で単騎気味のアエロリットに対して各馬がある程度動いてくれたので内で包まれていてもロスなくかつ勢いに乗せられた面はあると思う。それでもトーセンビクトリーの後ろから差せる感じは全く無かったし、器用に立ち回ってロスなく進めても結局後半要素で光るものはあまり見せられなかったと。この辺りが善戦どまりの要因だろうと思う。突き詰めるとトップスピードの質も持続力もポテンシャルも全てにおいてそこそこ。


エリザベス女王杯(GI) 14着 18頭1枠1番
京都芝外2200m良 2:15.4(+1.1) 62.0-59.5 S^2
12.5 - 11.3 - 12.7 - 12.8 - 12.7 - 12.8 - 12.9 - 12.2 - 11.6 - 11.2 - 11.6

 最後に前走のエリ女を見ておきたい。ここでは果敢に逃げの手を打ってきたけど、結局は惨敗。内容的に見て2.5のスローで3F勝負なので前にいたこと自体は噛み合っているはず。そこでここまで崩れた要因がなんなのか?というのがポイントになりそう。


 1番枠からまずまずのスタート、そこから押して押してハナを取り切るこれまでにない積極的な競馬を展開していく。1~2角ぐらいまでは単騎気味でも知込み結構楽に主導権。道中もクロコスミアが後ろについてくるが折り合ってしっかりとスローに持ち込み理想的なペースで3角。3~4角でも仕掛けを我慢、4角で仕掛けてというところで外から一気にクロコスミアに交わされて直線。序盤で追い出されて最速地点、となるがここで一気に下がってしまって好位列。L1まで良いところなくの完敗だった。


 本来トップスピード戦でもそれなりにやれる馬なので、このポジションでここまで下がってしまったというのは結構悲観的な材料。もちろん初めての逃げで戸惑ってしまった、という可能性はあるが秋の府中牝馬Sも内容的に物足りない結果となっているので、昨年夏からと比べると出来落ちなのかも?という感じ。息を入れてここ2走が物足りない、明け6歳でやや下降線に入ってきているのかもしれない。


2018愛知杯に向けての展望

 まあそもそも斤量を抜きにしてもここでマキシマムドパリ以上の評価で狙える材料が少ないわけで、狙うとしても2,3着まで。噛み合ったマーメイドSでも内容的には完敗だし、クイーンSなんかでも上手く内内で立ち回ってコーナーワークでという形。そもそもそこまで高く評価してはいけない馬で、適性の幅が広いので最低限噛み合いやすいから上位に来やすい、という感じ。それがここ2走で少し物足りない競馬になっているしその割には現時点でもそこそこの人気を背負いそうな感じ。ハンデも54kgなので重くはないが普通で他に軽量の面白い馬もいる。この辺りを総合的に見るとやはり強く狙えるだけの材料には乏しいか。昨年の愛知杯もロンスパの流れで苦しかったとはいえマキシマムドパリに完敗を喫しているわけで、現時点では上位人気で軽視したい一頭になるかな。狙っても3着ヒモまでとしたい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上の
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 2/11まで無料

 しかも今週限定で日経新春杯の
  重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

12/24 有馬記念 5420円的中
12/23 阪神6R 2万1390円的中
12/17 阪神9R  5万1590円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中
12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中
12/3 中京12R 5万3170円的中
12/2 中京11R 19万6910円的中
11/26 ジャパンC 1万3340円的中
11/25 京都7R 1万4530円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法
pngホースメン会議:日経新春杯週300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

阪神カップ 2017 出走予定馬:アポロノシンザン、逃げてハイペースでもOK…一息入れての加速性能が高く不気味な逃げ馬
ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:ベルーガ、前走は4角出口でグンと動いて好印象…軽い馬場で相手は強敵だが再現できるか?
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:イスラボニータ、ペースの対応力、ギアチェンジ上手く器用だが使える脚は短い
オールカマー 2017 出走予定馬:ルージュバック、月曜開催の馬場なら最右翼…外から勢いに乗せて鋭く坂を駆け上がれれば
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:ベストマッチョ、再度の重賞挑戦、今度は期待に応えることができるか?
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:グレンツェント、馬場・展開不問の安定感、58kg課題と休み明けで勝ち切れるか
レパードステークス 2017 出走予定馬:ノーブルサターン、常に過小評価だがギアの上げ下げが上手く新潟1800は面白そうな条件
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、力は見劣るが積極策からリードを保ち切れるか
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:サンライズソア、前走東京マイルで基礎スピードの高さを証明…要所でも動け、総合力の高さは魅力
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:クリノクーニング、前走は3着以下をぶっちぎる圧倒的なパフォーマンス…ペースカギも素材は非凡
みやこステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、末脚は一級品も…ハイペース適性微妙にシリウスSが負けすぎなのも…
京都新聞杯 2017 出走予定馬:ゴールドハットと武豊、2200mへの一気の延長は鍵も…2走前は強い内容
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、芝でもダートでも頂点を争ってきた実力…伏兵陣をまとめて返り討ちにできるかが焦点だ
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤングマンパワー、前半はスロー向きだが後半の仕掛けは早くしたい…
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:クライムメジャー、前走は苦しい競馬から坂の上りで勝ち切る競馬で侮れず
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP