投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京成杯2018 出走予定馬:コスモイグナーツ、逃げ粘りは警戒…芙蓉Sはキレ負けで距離の問題ではなさそう

日程:2018年1月14日()
第58回 京成杯(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
京成杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 2歳時はアイビーステークスを制し、東京スポーツ杯2歳でも果敢に逃げた実力馬コスモイグナーツが京成杯に出走予定だ。アイビーステークスでは不良馬場の中で最内ぴたりと逃げ切っての勝利。しかし東京スポーツ杯ではハイペースを刻んで苦しくなって完敗だった。今回は中山の2000mの舞台、マイペースで粘り込みを狙いたい。


 アイビーSの内容で面白いところもあるんだが、現状レースレベル的に疑問が出てきているし未勝利勝ちも微妙なライン。アイビーSの内容自体は2000で良さそうな感じはあるんだが。


アイビーS(OP) 1着 7頭4枠4番
東京芝1800m不 1:51.4 49.5-49.0 M
13.3 - 11.8 - 11.9 - 12.5 - 12.9 - 12.9 - 11.8 - 11.6 - 12.7

 まずはアイビーSから。不良馬場ではあるが、富士S当日でそこまで極端に悪化はしていなかった。その中で平均ペース、中弛みからのL2最速戦でポテンシャル勝負。L1は相当落としているし、馬場を考えると仕掛けが結果的に早かった中で粘り切ったなと。


 4番枠からまずまずのスタート、外のシャルルマーニュを制してハナを取り切りペースを作る。道中も最内に拘って進めて単騎気味に3角に入っていく。3~4角でもただ一頭最内に拘ってコーナーワークでリードを広げながら直線。序盤でしぶとく粘り込み、外のシャルルマーニュを寄せ付けずに踏ん張る。L2辺りで流石に少し差を詰められているがそれでもここではまだリード、L1で更に差し込んでくるシャルルマーニュ相手に最後はかなり際どかったがそれでも何とか粘り切った。


 内外の馬場差が読みにくいが、仕掛け自体は結構早かったと思うし各馬も出し切る形になっている。その中でしっかりと結果を出してきたのは評価できる。ただ物差しとして使っていたタニノフランケルがイマイチだったし、フラットレーも結果が出なかった。シャルルマーニュもホープフルSは少し可哀想な展開だったが結果的に完敗だったので何とも言い難い。内容的に見れば中弛みで息を入れての再加速だし、L3最速で踏ん張れていて中山2000は面白そうな感じではある。


東京スポーツ杯2歳S(GIII) 6着 7頭1枠1番
東京芝1800m良 1:48.0(+1.4) 46.5-48.0 H^1
12.4 - 10.9 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.0

 東スポ杯は結果的に攻めすぎたかなという感じ。アイビーSが結局タフな馬場で中盤息を入れての再加速でポテンシャルを引き出してきたわけで、このレースでは1.5とかなりのハイに肉薄するレベル。中盤もあまり息を入れずに基礎スピードで勝負する形を取ったが甘くなったのは1800でここまで流れる短いかも?というところはある。


 1番枠から好発を切って前3頭の先頭でこのペースを作り出す。道中も淡々と進んで3~4角でも大知にしては珍しくペースを緩めず勝負に出る。序盤でそこからしぶとく粘り込むが流石にL2の坂の上りで苦しくなって外のワグネリアンらに交わされる。ラストは甘くなっての6着完敗だった。


 個人的にはこの騎乗は良かったというより収穫があった、という感覚。やはりこれだけ基礎スピード勝負に持ち込むと高速馬場の1800では質的に足りなかった、ということ。アイビーSと照らし合わせても中盤で息を入れてその分仕掛けを早めたことで良さが出たから1800では力の要る馬場で後半の良さが出ている。この2走を比べれば2000への延長がプラスに働く可能性は高いと感じている。


芙蓉S(OP) 5着 8頭3枠3番
中山芝内2000m良 2:04.1(+0.5) 63.9-59.7 S^4
13.0 - 11.7 - 13.3 - 12.4 - 13.5 - 12.9 - 12.5 - 11.7 - 11.1 - 11.5

 中山2000mでは芙蓉Sで5着と敗れているが、結局はドスローの上がり勝負になっていることが大きいだろう。4.2で超々スロー、L2最速11.1と切れ味も問われたし、12.5から11.7-11.1とギアチェンジも結構問われている。


 3番枠から好発を切ってハナを主張、早い段階で主導権を取り切ってドスローに持ち込む。道中も特に動きなくペースをコントロールして3角。3~4角でもまだ仕掛けず、中間地点ぐらいで促しだして4角では手が動いているが外のファストアプローチらに一気に並ばれて直線。序盤で一気に前に出られて抵抗できずに3番手、L1で食らいつくも5着完敗だった。


 L1ではそこまで悪くなくて、明らかにL2のキレ不足だったと思う。アイビーSでも結果は出たが速いラップを踏んでいたわけではなく早めに仕掛けて粘り込んだ形。この芙蓉Sの場合は3角までかなり緩い流れ、そこから4角で加速していく形になっていて、大知も促して入っていたがそれでもトップスピード戦で完全にキレ負けを喫していた。距離というよりも単純にトップスピードの問題だと思う。


2018京成杯に向けての展望

 正直ちょっと悩んでいる存在。タイプ的に2000は良いと思う、ってのは確か。エイシンフラッシュの仔はイメージ的にはトップスピード持続力が低めだけどポテンシャルそのものはある、というタイプが多いイメージ。流石に高速馬場の府中1800で46秒台となると難しいが、2000で60.5-60.5なら現実的に基礎スピード面で苦労することはないと思う。最序盤のゲートの上手さもあるし主導権を握りやすいのはプラス材料で、中盤息を入れて後半に繋げられるのも大知との相性がいいタイプの逃げ馬だと思う。適性で見た時にキレ負けだけがネックだと思うので、中山2000で向う正面から3~4角でじわっと上げていって分散出来ればしぶとさを発揮できるかな。ただし、やはりレースレベルを考えた時にアイビーSはまだ何とも言えない。少なくとも現時点ではやや低い可能性が高い。そこで粘り込んだというのをどこまで評価できるかだろう。個人的にはダブルシャープの方がポテンシャルという点では評価できると思っているし、それ以上の評価はできないが距離延長がプラスになりそうとタフな馬場で早仕掛けでも前目で粘り込めるというのは怖い。対抗もありうる中で連下から前後させる。



――――――――――――――――――――――――
【 新 春 お 年 玉 情 報 】
――――――――――――――――――――――――
《2017年》7番人気ガンサリュート⇒2着
《2016年》7番人気ケルフロイデ ⇒2着
《2015年》6番人気クルーガー⇒3着

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【京成杯】人気の盲点になっている超穴馬を今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

直近1ヶ月だけでこんな万券連発中!
――――――――――――――――――――――
《中京4日目12R》◎スプマンテ
【17万1050円・4万5930円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山8日目10R》◎ハングリーベン
【馬連1点目1万6690円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神4日目2R》◎フレッシビレ
【2万7710円・1万0020円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神5日目12R》◎レプランシュ
【2万5820円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山7日目11R》◎パフォーマプロミス
【2万2740円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神5日目7R》◎アシャカリアン
【2万1640円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中京1日目6R》◎ケルンウィナー
【2万0940円】的中!
――――――――――――――――――――――
※その他、万馬券多数的中!※

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【京成杯】の超穴馬はこれだ!
pngワールド:京成杯300-250

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:アマルフィコースト、器用に動け、前走も強敵撃破…完成度は高く相手関係がカギか
ローズステークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、チューリップ賞で見せた末脚は武器…ここ2走は噛み合わず、挽回を期待
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:アキトクレッセント、新星荻野極とのコンビで重賞初制覇となるか?
阪神カップ 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、短距離適性を示し、CBC賞のバテ差しは立派…休み明け、ゲート、折り合いと不安も多いが…
鳴尾記念 2017 出走予定馬:バンドワゴン、不器用な素質馬を破竹のルメールがどう導くかに注目
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ベイビーキャズ、1000mからの延長が噛み合いそうな感はあり…前走時計は平凡も注意
北九州記念 2017 出走予定馬:キングハート、ハイペースでもこなした前走は収穫…流れる1200も好勝負を期待
中京記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、一度エンジンが掛かればトップスピードの持続力は非凡だが…色々難しい馬
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい
北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、菊花賞回避で状態面がカギ…勝負所でスッと動けるのは魅力
エルムステークス 2017 出走予定馬:コスモカナディアン、グレイトパールに善戦の実力も、2000前後でこその感はある
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:タガノカトレア、前走端午Sは惨敗も敗因はハッキリ…穴候補で不気味な一頭だ
シンザン記念2018 出走予定馬:ファストアプローチ、キレ負けはするが器用でポジション取り、要所で動ける武器はある…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP