投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?

日程:2018年1月14日()
第58回 京成杯(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
京成杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 1戦1勝ながら重馬場の東京マイルで先行から一気に突き抜け完勝してきたデルタバローズが京成杯に出走予定だ。力の要る馬場で強い競馬をしてきたし、センスの塊のような勝ち方で余裕たっぷりだったのは印象的だ。もちろん距離延長に初の1周コースの中山2000というのもポイントになるが、ここもアッサリがあって驚けないか。


 新馬戦のレベルは高いとは思っていないけど、上位勢で勝ち上がっている馬もいるし少なくとも低くはないだろう。その中で全く底を見せずラストは流してきた。こういうタイプの馬が一番厄介ではあるなと。


新馬戦 1着 18頭3枠5番
東京芝1600m重 1:37.9 49.9-48.0 S^2
12.7 - 11.3 - 12.7 - 13.2 - 12.9 - 11.6 - 11.5 - 12.0

 新馬戦しかないのでもちろんここをキッチリと。個人的にはこの一戦で相当センスがあるなと感じたし、距離に関しても2000は問題ないかなと。当日は富士Sの日、終始雨が降り続けていたが富士Sの時でも悪化はし切っていなかったし、このレースは4Rだったが5Rもドスローとはいえ速いラップを踏んでいた。なので何とも言い難い。少なくともラップ推移だけ見て優秀だなとは思わないが、レース内容からラストは余裕があった。ここは評価したいなと。


 5番枠からまずまずのスタート、そこから序盤は出して行っての先行策でハナを取るかなというところから外のレアバードが競ってきたのでこれを行かせて番手に下げる形。そこから少し掛かるそぶりは見せるがコントロールしながら3角。3角でもまだまだブレーキで折り合いを意識、我慢しながらでも4角で並びかけるような感じになって馬なりで直線。序盤で手前を換えた時に少しふらつくが追い出されてスッと反応して一気に先頭に立つ。その後も内に刺さり気味になりながらあまり強くは追わずに楽に抜け出す。最後まで内に刺さらないように修正をしている程度で突き抜けた。


 パトロールを見ると結構まっすぐ走っているけど、鞍上の福永が終始右手綱を動かす感じで誘導していたので恐らくバランス的には内に重心が掛かっていたのかなという感じ。追っているというより修正しているという感じで、実際馬なりに近い形から直線で加速して一気に抜け出しているし正直まだまだ底を見せなかった。最後も余裕があったしこの内容ならやはり侮れないなというところ。折り合い面での苦労も少し感じたのはあるがペースも遅かったし許容範囲内だろう。レースレベル的にはまだ何とも言えないが、馬場を考えれば極端にスローではないし、その中で脚を楽々引き出してきている。このレースの中では2~3枚ぐらいレベルが違った。また2、4着馬は勝ち上がっているしレベル自体も少なくとも低くは無かっただろうと。


2018京成杯に向けての展望

 血統からはちょっと考えられない感じの競馬をしてはいるんだよなあ。父イントゥミスチーフはハーランズホリデー経由のストームキャット系。産駒で言うとアジアンテーストあたりが代表産駒かな。ハーランズホリデーの仔だとアルビアーノ辺りもいる。母系は更に短距離色が強い印象で母父はハードスパン、ダンジグ系でもスプリント色が強く出ている印象で、母母父はセイントバラードであると。非常にアメリカンな配合だと思うし、もうちょっと短距離色が強く出そうだがマイルの勝ちっぷりは気性面はともかく距離に関しては上もこなせそうな感じ。インブリードでヘイローの4×5、ヘイルトゥリーズンの5×5持ち。まだあくまでイメージだが、ヘイローのインブリード持ちは基礎スピードをある程度持ちながらギアを複数持っていて器用に段階的に脚を使えるから適性の幅が広いイメージの馬が多いかな(典型例はロゴタイプ、ヴィルシーナ、ヴィクトワールピサ、サトノダイヤモンドとか)。まあ4×5なので薄めだし、それを除けば基本的にはノーザン色が非常に強い。今の段階では何ともだが、個体で見ればペースをコントロールしながらしっかりと長く脚を使って底知れず。2000ぐらいならとりあえずこなせると思う。後は純粋にここで通用するかどうか。ダブルシャープはポテンシャル面でハッキリと強敵だと思うし、コスモイグナーツも2000でマイペースならそこそこ怖いがこれといった強敵は不在だと思う。全く底を見せていない以上は軽視はできないメンツで、折り合い面で多少ネックになる分はある馬でテン乗りで石橋脩だと重い印は打ちたくないけど噛み合えば怖さはある。とりあえず連下~3着ヒモあたりで考えたいところ。

――――――――――――――――――――――――
【 新 春 お 年 玉 情 報 】
――――――――――――――――――――――――
《2017年》7番人気ガンサリュート⇒2着
《2016年》7番人気ケルフロイデ ⇒2着
《2015年》6番人気クルーガー⇒3着

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【京成杯】人気の盲点になっている超穴馬を今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

直近1ヶ月だけでこんな万券連発中!
――――――――――――――――――――――
《中京4日目12R》◎スプマンテ
【17万1050円・4万5930円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山8日目10R》◎ハングリーベン
【馬連1点目1万6690円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神4日目2R》◎フレッシビレ
【2万7710円・1万0020円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神5日目12R》◎レプランシュ
【2万5820円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中山7日目11R》◎パフォーマプロミス
【2万2740円】的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神5日目7R》◎アシャカリアン
【2万1640円】的中!
――――――――――――――――――――――
《中京1日目6R》◎ケルンウィナー
【2万0940円】的中!
――――――――――――――――――――――
※その他、万馬券多数的中!※

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【京成杯】の超穴馬はこれだ!
pngワールド:京成杯300-250

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:アズールムーン、二の足は速いがゲートは微妙…行き切ってスピードを活かせるか
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:プレストウィック、要所で動けるが極端な展開は好まない…流れてもロンスパでも戦えるのは混戦では強み
レパードステークス 2017 出走予定馬:ハルクンノテソーロ、良い脚は本当に一瞬だが、馬群に包まれても瞬時に加速できるのは魅力
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、パワー型で1800への延長…楽に先行から早めの仕掛けなら不気味さアリり
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、王者として迎える今年初戦…焦点はきっちりと勝ち切れるか?
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ライジングリーズン、強敵を破ったポテンシャルは魅力…小器用な脚を要求されてどうか
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クインズミラーグロ…武豊久々の福島参戦で勝利という最善の結果に導けるか
セントウルステークス 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、母ビリーヴも勝ったこのレースで重賞初制覇を狙う
セントライト記念 2017 出走予定馬:セダブリランテス、前走厳しい流れを先行して抜け出す横綱競馬…距離延長でも強気の競馬ができるか
札幌記念 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、ドバイで完敗も馬場の影響あり…天気はカギだが後半総合力は屈指で
エプソムカップ 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、緩い地点から鋭く加速する力は本物も…早めの仕掛けになって戦えるかがポイント
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、ポテンシャルは世代でも最強レベルだが…やはり府中で切れ味勝負がどうか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:パールコード、ゲートセンスは確かで怖さはあるが1800は少し短いかも
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ジューヌエコール、1200への短縮は面白そう…相手強敵も50kgで警戒必要だ
京阪杯 2017 出走予定馬:ジューヌエコール、力は最上位も高速馬場で良さが出たのと、状態面に不安があり
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP