投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日経新春杯2018 出走予定馬:ソールインパクト、トップスピード戦では甘く…54kgを活かし前目からしぶとさで勝負したい

日程:2018年1月14日()
第65回 日経新春杯(GII) 京都芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
日経新春杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 重賞戦線でもたびたび好走しながら、準OPでも善戦レベルでなかなか勝ち切れないソールインパクトが日経新春杯に出走予定だ。前走のアルゼンチン共和国杯を格上挑戦ながら2着と善戦する形で賞金を積んで準OPを卒業。とはいえなかなか勝ち切れないのは3着11回が示す通りだ。今回も善戦は狙えそうだが問われるのはそれより一つ上の勝利、勝ち切れるか。


 タイプ的には前半の基礎スピードをある程度要求された方が良いのは間違いないと思う。距離に幅があるというよりは単純にある程度厳しい流れでトップスピード戦になりにくい方が良いし、その流れの中に前目で乗っていけるという点で基礎スピード面が武器になっていると思う。前走のアル共で証明したと思うし距離はこれぐらいが良い。またこれぐらいの距離で積極的にペースを引き上げて行けるか。その点ではミッキーロケットと近いタイプだろうと。前走は侮れんが、年明けの福永がなあ…。


アルゼンチン共和国杯(GII) 2着 16頭4枠7番
東京芝2500m良 2:30.4(+0.4) 60.4-59.2 S^1
7.4 - 11.3 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 11.9 - 11.6 - 12.1

 まずは前走のアル共から振り返りたい。高速馬場ではあったと思うし、その中でペース的にはややスローだが中盤は終始12秒前半を刻んで大きく緩まず、そこからの後半5F戦の中でL2最速。スワーヴリチャードはこの流れからL2でもう一段の鋭い脚を使ってきたという感覚。基本は前半ある程度の基礎スピードを問われ、後半はポテンシャル戦とみていいと思う。


 7番枠から坂スタートでもまずまずのスタート、そこからしばらくは外目で我慢してしばらくして内に切り込んでいって好位の中目に入り込む。序盤は少し力んでいるかなという程度、ハッピーモーメントを前に置くような感じで我慢しながら3列目中目で3角。3~4角でも3列目の中で我慢しながらハッピーの手ごたえが悪くなったのでその外に出して直線。序盤でスッと反応して伸びるのだがL2ではスワーヴに一気に抜け出されこちらはジリジリ。L1ではセダブリランテスらを抑えてしっかりと楽に2着を確保。


 ハンデが53kgだったので3歳のセダブリランテスより1kg軽かったのはあるが、それを考えてもやっぱり強かったなと思う。セダブリランテスが結局中山金杯で5Fのロンスパで強い競馬でL1でウインブライトを差し切っているわけで、そのセダブリランテスに対して終始優位性を与えていないのは結構評価できる。この馬の場合トップスピード戦ではいつもちょっと甘くなる馬だったし、流れた中でのポテンシャルは実は結構良いものを見せていた。今回のアル共でも良かったのは全体である程度流れたうえで仕掛けも早く、後半は完全にポテンシャル戦になったことだろうと思う。


六社S(16下) 3着 12頭7枠10番
東京芝2400m良 2:25.3(+0.2) 61.2-59.2 S^2
12.9 - 11.5 - 12.1 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.6 - 12.0 - 12.0 - 11.3 - 11.7 - 12.2

 ただ2走前の六社Sでは3着に敗れている。このレースなんかはこの馬の典型的な甘いパターンなのかなと。ここにも出てくる2着パフォーマプロミスとの比較でも完敗を喫している。ペースは2秒でかなりのスローに入っているし、L3最速11.3とそこそこ速いラップを踏んでいる。TS持続特化に近い。


 10番枠からまずまずのスタート、そこからはある程度促しつつ好位の外目で入っていく。向こう正面でも折り合いを意識しながら無理せず中団に近い位置で外目。3~4角でじわっと外目から押し上げながら再び好位の外、4角でウインオリアートの直後から直線で外に出す。序盤で追いだされてから伸びたいところだが伸び切れずジリジリ。L1でもジリジリと伸びずばてずで3着争いを何とか制したが、前2頭とは明らかに完敗の内容だった。


 後半のTS持続戦でとなるとイマイチ伸び切れないし、ラストも食らいついていたがグランドサッシュ辺りには決定的に差を詰められてしまっていた。あまり高いパフォーマンスとは言えないが、やはり大きいのは前半が緩くて後半勝負にシフトしてしまったことだと思う。結局末脚だけで勝負するタイプではなくて、前半でしっかりとペースを作って他の馬の脚を削ぐ、という戦術を取るべきだろうと思う。


七夕賞(GIII) 3着 12頭8枠12番
福島芝2000m良 1:58.5(+0.3) 58.0-60.2 H^2
12.0 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 11.9 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.9

 この馬が厳しい流れの方が良いというのはこの七夕賞3着が大きいかな。もちろんこの馬は前半無理をしていないわけだが、後半の4F勝負の地点で外から押し上げながら最後まで伸びてきたのは結構意外だったし、こんな競馬ができるというのは予想外だった。その点でも前半のペースがある程度問われて後半のポテンシャル戦が理想なのかも?という感覚ではあると。


 12番枠からまずまずのスタート、ただ大外枠なので無理はせずにじわっと下げて後方外で進めていく。道中も前が引っ張る流れの中で後方外で我慢、向こう正面でも特に動かず3角手前からゴーサイン。そこから中団の大外を終始ぶん回す形でそれでも好位列に取り付きながら直線。序盤でそこから伸び切れないが、意外とL1まで伸びてきて3着を確保した。


 このレースはハイペースではあるがそれだけでなくL4最速でもある。L4は3角地点、福島だとスパイラルカーブで緩い3角地点で大外を回しながら4角で徐々にきつくなっていくというコーナー地点で大外でロスも多かった。それでも最後まで伸びてきていたように、実はポテンシャル面でも結構評価できる内容となっている。それもある程度流れた中で引き出せているので、タフな競馬の方が合っているんだろうと。緩い流れから速い脚を使うというような馬ではないなと思う。


2018日経新春杯に向けての展望

 アル共の感じからもこれまでの競馬からも、恐らく距離自体はこれぐらいがいいと思う。ただし、前提としてトップスピード戦に持ち込まないことが望ましい。前半もう少し積極的にポジションをとってもいいかもというぐらいの競馬ができているし、アル共なんかでもあの位置から直線で動けているが結局スワーヴはあそこから鋭い脚を引き出せてしまうのでそこでキレ負けしてしまっている。直線入りで位置取りの差を作れていないとあのレベル相手では完敗もやむなし。ただそれでもセダブリランテスを5F戦で撃破できているわけでこれはやはり評価しないといけない。今回もハンデは54kgで済むのでミッキーロケットとの差が3.5kgということを考えればこちらを上位に取るというのも十分狙えると思う。折り合い面での課題も改善してきていると思うし、しっかりと前に壁を置きながら前を確保できればというところかな。ミッキーロケットを差すというのはなかなか簡単ではないので、個人的には基礎スピードもあるしハンデも軽いことだし前半のポジションでミッキーやパフォーマプロミスより前を取ってほしい。不安はあるのはあって、やはりディープの仔だし今の淀で力の要る馬場がどうなのか?というのは少しある。まあそれでもタイプ的に見てポテンシャル向きだと思うし意外と後半は底を見せていない。アル共はある程度遵守したいし、この面子なら平均~ややスローでのポテンシャル戦で54kg、最上位といっていいんじゃないかな。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第65回 日経新春杯(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『日経新春杯(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・日経新春杯
bakuro200

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ジューヌエコール、1200への短縮は面白そう…相手強敵も50kgで警戒必要だ
京都金杯2018 出走予定馬:レッドアンシェル、先行力に磨きをかけ上昇…適度なペースなら好勝負
皐月賞 2017 出走予定馬・プレ予想:キングズラッシュ、中山2000m実績あるが…休み明けやペースなど不安が多すぎる
毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか
阪神カップ 2017 出走予定馬:ダンスディレクターと武豊、ラストの切れ味は平坦京都でこそかも…L1に坂がある阪神でも引き出せるか?
シリウスステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、内で器用に立ち回れる魅力…前半ペースが上がらなければ力は最上位
阪神カップ 2017 出走予定馬:アポロノシンザン、逃げてハイペースでもOK…一息入れての加速性能が高く不気味な逃げ馬
関屋記念 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、しぶとさは一級品…連覇に向けて、前半無理のないペースで入れるか
小倉記念 2017 出走予定馬:ストロングタイタン、後半のポテンシャルは間違いなく…主導権を取って流れを引き寄せたい
フェアリーステークス2018 出走予定馬:サヤカチャン、アルテミスSでは平均ペースでの踏ん張り…折り合い不安も積極策を期待
みやこステークス 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、消耗戦でもばてずに一足…テイエムのペースなら怖い一頭
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:イーデンホール、昨年秋以降の充実は評価も、強敵相手に末脚勝負で立ち向かえるかが焦点
富士ステークス 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳マイル王者が府中のマイルで古馬相手に力試しの一戦…適性は合いそうだが
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP