投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!

3日間開催で例外的に月曜(普段は毎週日曜)の22:00からツイキャスで両金杯等の重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018 フェアリーステークス(GIII) 中山芝外1600m良
レース回顧・結果

1:34.6 48.0-46.6 S^1
12.5 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.6 - 11.6 - 11.6 - 11.8

 ん~関東は読みにくいというか、サヤカチャンがああなってしまうとね…。もう少し前が引っ張ると思っていたから予想的にはそこが間違いだった。単純に力関係だけではなく結局は枠や流れと噛み合ったかどうかが大きいと思うね。1.4でスローからの11秒台半ばを連続4F戦、L1はそう落とさず。後半勝負のウエイトが大きかったのがね。最大の戦犯は石橋脩だとは思う。松岡はちょっと可哀想。


1着プリモシーン


 14番枠から五分には出て、そこから無理はせずに中団馬群の中目で進めていく。道中少し掛かり気味になって壁を作るのを意識しつつ団子状態の中で好位の外。途中でフィルハーモニーが動いてくれたのでそこからは折り合い、3~4角でも好位の外々から普通に流れに乗って4角出口で2列目外まで押し上げ直線。序盤で一気に先頭、L1で外から食らいつくスカーレットカラーを振り払っての完勝。


 ん~馬が強かったなあ、という感じ。ただもちろんだが全体のペースが遅かったことで3角手前では凝縮、団子状態になったしポジション差がほとんどなかったのは大きい。ゆったりした流れからの末脚勝負ならそりゃテトラよりは上でこの辺りはレースの展開面の問題が大きかったかな。今回は基礎スピードを活かした方が良い馬が多かったので、もうちょっと流れると踏んでいたんだけど、そういうタイプの馬の鞍上がこぞってビビってしまった。そういう流れで後半勝負で良さが出たと思う。ただ3~4角中間では既に11秒台に入っていたから、単純に力が無いと勝てなかったと思うし展開が噛み合った中で一番強かったというのは間違いないところ。時計的には平凡だが(同日未勝利が流れたとはいえ1:33.9)、スローということとラストまで落とさなかったという点で見ればなかなか優秀だと思う。クラシック戦線に浮上してきたかな。


2着スカーレットカラー


 10番枠からやや出負けして押して押して追走、結局は後方で進めていきく。道中はプリモシーンの後ろをマークするような感じで進めてやや掛かり気味、団子状態の中中団で3角。戸崎が動かないので3~4角で早めに仕掛けて中団の大外を回って押し上げ、4角で少し振られて何とか食らいついて直線。序盤ではまだ良い手ごたえでプリモシーンに食らいついていたが、L1で甘くなっての2着完敗だった。


 基本的に誰かが捲った後に外々から勢いに乗せるのは愚策…というのは中山金杯カデナの福永のところで書いているけど、ここも同じ様な印象かな。まあ折り合いで苦労していた感じで、スローで我慢が難しくプリモの外に出ちゃったからそこが痛かった。ペースアップまでプリモの後ろで我慢できていたらもうちょっと面白かったかもしれんね。アルテミスSの場合平均で流れてそこからのL3最速戦で最後はトロワゼトワルに差されていたし、個人的には今回当落線上の微妙なところだったんだけど、恐らくスローからのロンスパ気味にシフトしたことで良さが出てきたかもしれん。レースラップから見れば捲りが起こって以降はロスが無かった方が良かったと思うので、それでも結構やれているから中距離色が結構強く出ている感じはあるね。折り合い面に課題はあるけど、フラワーCとか合いそうな感じがするんだけどね。


3着レッドベルローズ


 13番枠から出負けして後方からの競馬、促しつつリカバーを試みるが難しく後方2番手から入っていく。道中も出して行ったので掛かり気味で中目のスペースを詰めつつ3角手前で外目を意識。そこからは終始プリモシーンの直後を取ってしっかりと進路を作って中団外で直線。序盤で大外からだが伸びは微妙でここで前2頭に離される。L1ではそこから差を詰めてきたが及ばず、3着までだった。


 パトロールを見ても口向きが悪いなという感じの馬で、その中で3~4角のペースアップから上手く進路を作っていけたとはいえラストの伸びは一番だった。逆にL2地点では結構スムーズだったのに少し置かれていたのでイメージとしては不器用なポテンシャルタイプっぽい競馬にはなっていると。ロスがあっても外から動いて意識的に出し切ってやる方が良いかもしれない。ディープ×ミスプロは意外と長距離的な適性を引き出す馬が多いし、この馬も今の段階ではオークス向きっぽい感じはするんだけどね。素質としてはまだ底を見せていないので、結構楽しみはある。


4着ハトホル


 3番枠から五分には出ていたが行き脚が悪く下がって後方内内という感じ。ただペースが遅かったので徐々に取り付いて中団の内内で3角。3~4角で捲りがあったのでここでペースアップする中で内内でジッと我慢、4角で中目に誘導しながらも進路が無い状況で直線で後方外に誘導、そこから大外に持ち出して追い出されるとL2はまだ後方だったがそこそこ伸びてきてL1最後までしぶとく食らいついてきた。


 この馬も結構底を見せてないなという感じはある。ただ3~4角のロスという観点ではレッドベルローズの方が多かったし、その辺りはペースアップ後の3~4角の立ち回りもあったかな。白菊賞もギアチェンジで反応が鈍かった感じなので、早め仕掛けの競馬で勢いがついたのが良かった感じ。これならこの馬も当然長距離色が強いポテンシャルタイプとみて良いんじゃないかな。まあそれでも現時点ではスカーレットカラーやレッドベルローズをワンランク上位に取りたい。


5着トロワゼトワル


 7番枠からゲートが空く前に出ようとして伸びあがって出遅れる。そこからは最後方内内で我慢。捲りが合ってペースアップから3角で中目、4角で外目から出口で大外に持ち出し直線。序盤でそこからジリジリと伸びてくるが目立たない。L1でもなだれ込むだけで最後はハトホルにも差されての5着完敗だった。


 毎年冬は苦手なんだっけ…この開催の福永は酷いな…。まあ出遅れはたまにあるから仕方ないけど、ここもスローの段階で最後方でジッとしてペースが上がってから外目に持って行ってと何のアイデアもない。まあアルテミスは流れた中での脚だし、今回はスローでしかも最後方からだからね。馬としては展開も噛み合ってない、騎乗は出遅れ含めて最悪に近い、という中では割と頑張った方かな。ただ後半要素をスカーレットカラーが伸ばしてきたことを考えるとこの馬はどちらかというとマイラー色が強いと思う。最終的には1400~1600辺りが合うんじゃないかな。そういう馬で出遅れて後半特化の展開ではね。


6着テトラドラクマ


 16番枠から五分には出てそこから無理はせずに好位の外、ただ2角で折り合いを意識して壁を求めて内に入ろうとしたところ、まさかの藤田菜七子に外に張られてはじかれる。という展開。壁を作れずにかかってコントロールを意識しすぎて前のペースを突けずにフラフラ先頭列。そうこうしているうちに3角では捲られてブレーキを踏まされ2列目外でこれをやり過ごす、そこからはロンスパでペースが上がる中で中目を追走も外から今度は蓋をされて包まれた状態で直線。序盤で進路確保はスムーズも延びは無く。ジリジリと下がって6着完敗を喫した。


 まあ…あんまり言いたくないけどはっきり言ってヘタレ騎乗ですわ。大外枠だから難しいってのは分かるけど、やっぱり最序盤から壁を求めすぎだし菜七子ちゃんにはじかれてからは何もできなかった。Bプランが無かったからそこからは折り合いに苦労して前にもコントロールされてと最悪な展開になったし、そこを突かれて捲られたことで3~4角での仕掛け、後半勝負のウエイトが大きくなりすぎた。これでは辛い。この馬の武器が何なのか?ということをしっかりと考えて競馬をすべきで、簡単に隊列に入ろうとせずに外からプレッシャーをかけてペースを引き上げないといけなかった。もちろんこの馬だけでなくサヤカチャンも同様に全体の競馬を作らなきゃいけないのにこの2頭が自分のリズムを早い段階で放棄している(サヤカチャンは松岡というより行き脚の問題だが)から後半型にはありがたい展開だったと思うわ。3角までに負けるべくして負けるなと感じるレースってのはこういうこと。石橋脩にちょっと期待したんだけどなあ、もうちょっと頑張れよ。出負けとかなら仕方ない面もあるが、自分のペースに持ち込める馬はしっかりと持ち込んでください。


7着ライレローズ


 5番枠から五分のスタート、そこからスッと最内に進路を取って中団を確保。向こう正面ではそこから一つ外に出して中団馬群のちょうど真ん中で進めていく。3~4角では前にスペースを置きつつ進路ができるのを待つ4角で更に一つ外でテトラドラクマの後ろを狙うがここでテトラが少し下がってきたのでブレーキ気味で中団で直線。序盤でそこからテトラの後ろを狙うが伸び自体は地味。L1でもジリジリと伸びあぐねてなだれ込むだけの7着完敗だった。


 ん~まあ4角で少しスムーズさを欠く競馬だったのは確かだけど、L1まで伸びあぐねているしロス自体は少なかった方なので、後半のウエイトが大きくなってしまったのが痛かった感じ。未勝利を勝った時も流れてのものだったからね。展開的に噛み合わなかった面はあるかな。距離に関わらずもうちょっと流れた方が良い。


12着サヤカチャン


 1番枠からまずまずのスタート、そこから押して押しての先行策を目論むが行き脚がつかずに包まれて好位3列目に入り込んでしまって万事休す。3~4角も中団の内内で進めるが直線で内目を拾って伸びは地味、ラストまで良いところは無かった。


 まあスッと前に入られてスローに落とされ主導権を取れなかった時点で苦戦は必至だから仕方がない。同タイプで基礎スピードを活かしたいテトラドラクマがもうちょっと引っ張ってくれればあの位置でも違ったかもだけど、流石に顕著にスローで4F戦でとなってしまうと違うよなあ…。アルテミス組が最低限やれていることから考えてもこの馬自身がパフォーマンスを落としているのは間違いないわけで、やはり後半勝負にシフトしてはいけないと。前半からある程度引き上げて前半の基礎スピード勝負にする必要はある。リーチの仔はやっぱりそういう感じはするね。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:ワグネリアン、厳しい流れでポテンシャルを爆発させての完勝!
ダービー卿チャレンジT 2017 レース回顧・結果:ロジチャリス、スローを番手でと理想的に進めて抜け出し完勝!
京都金杯2018 レース回顧・結果:ブラックムーン、武豊の仕掛けがズバリ…遅いラップの4角で早めに動いて出し切った!
アルテミスステークス 2017 レース回顧・結果:ラッキーライラック、現時点での完成度の高さを見せつけての完勝!
noimage
noimage
noimage
紫苑ステークス 2017 レース回顧・結果:ディアドラ、薄氷の勝利が馬の強さを逆に際立てた…ラストの伸びは非凡!
新潟大賞典 2017 レース回顧・結果:サンデーウィザード、終始促しての積極策が功奏…直線叩き合いを制し重賞初制覇!
毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
京王杯スプリングカップ 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、直線まで我慢もしっかり加速し突き抜ける完勝!
セントライト記念 2017 レース回顧・結果:ミッキースワロー、坂の上りで自身推定10秒台、異常な高速馬場を味方に鋭く突き抜けた!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP