投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!

3日間開催で例外的に月曜(普段は毎週日曜)の22:00からツイキャスで両金杯等の重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2018 シンザン記念(GIII) 京都芝外1600m稍
レース回顧・結果

1:37.1 49.0-48.1 S^1
12.2 - 11.1 - 12.4 - 13.3 - 12.8 - 12.1 - 11.7 - 11.5

 想定とは全然違う展開にはなったんだが…ひとまずペースは0.9でややスローとそこそこ流れてはいるように見える。ただし、ラップ推移を見て補正すれば、全体FAが12.14、最遅が13.3、最速11.5でL1.仕掛けが遅いので後半4Fも遅い、13.3と緩いので前半も遅い。なので実態は緩い流れだったとみていいはず。そこからの2F戦となった。雨の影響で馬場が読みにくかったが、思っていた以上にペースが上がってこなかった、仕掛けの意識が遅くなったという認識。ただし、当日は雨の影響で芝のレースは終始時計がかかっていて、8Rの1200mでも500万下で1:10.4だからタフな馬場状態。10Rでは中盤以降で全く11秒台を踏まなかった。勝ち馬がちょっと次元が違ったかも?というのはある。


1着アーモンドアイ


 3番枠から出遅れて最後方からの競馬。そこからは無理せず折り合いを意識して後方で壁を作りながら。ただ向こう正面途中から外に誘導、壁は作るがプリュス辺りを目標。3~4角でも外目を回して我慢しながら武豊プリュスマーク、4角で追い出してそこから外に持ち出す。序盤でそこから追いだされるが反応は決して良くは無くてジリジリと3番手に上がる程度。ここからが圧巻、L1で2馬身半差をキッチリと捕えきっての完勝だった。


 これはね、かなり強いですね。もちろん、ここで強かったというのはパワー型の馬場の中で出し切ってトップスピードを引き出してきたという点になるんだけど。L1が11.5なのでこれを2馬身半で差し切ってきたなら推定で11.1前後といっていいと思う。それぐらいの脚を引き出せているというのがポイントだろう。逆に言えば2,3着馬は先頭列から11.5の地点で0.3差、落としてはいないが11.8前後とみるべき。このレースの中で一頭だけ圧倒的に違う脚を使ってきた。恐らく力の要る馬場適性がかなり高かったんだろうと思う。L2の地点でも伸びてきていたしここ2Fで大体11秒前半を2F続けてきた格好だろう。スパッとは切れないがタフな馬場での速い脚を使えるという点は確かかな。母パンドラも札幌記念で強かったし、ヌレイエフの血が強い血統なので力の要る馬場が噛み合った可能性はかなり高いと思う。それと、このパターンだと個人的な経験則から距離は長い方が良いのは結構自信がある。オークスでは一気に上がってくるが、課題となるのはギアチェンジの性能が微妙なところなので…。府中で不安があるとすれば包まれて緩い流れからスッと加速できるかどうか。出来れば分散した方が良いんじゃないかな。いずれにせよ噛み合えばかなり走ってくると思うけど、出し切った方が良いタイプ。戸崎3連勝だけど、これに関しては馬の性能の問題。


2着ツヅミモン


 7番枠からまずまずのスタート、そこからスッと二の足で楽に先行争いに加わり、最終的にはカシアスを行かせて番手外にポジションを変える。そこからペースも落としているのだが折り合って進めて3角。3角ではまだ緩い流れ、4角でじわっと加速しながら先頭列に並びかけて直線。序盤で追い出されてカシアスの前に出る、L1で叩き合いの状況をあっさりアーモンドアイに交わされるが2着は死守した。


 血統予想に振り切ったレースでは初めてである程度結果が出てよかった。ただ、内容的にはペースが遅くなったことで前半の基礎スピードはそんなに問われなかった。力の要る馬場状態でコントロール、番手で進めて一足で足りた、というパターン。力の要る馬場が合ったのは間違いないと思うしこのあたりは血統的に見てもわかりやすい感じだった。それに加えてどちらかというとマイル寄り長い方が良いかなと思っていたぐらいなので、これぐらい緩い流れで折り合って入って一足、切れ味も問われなければ…という感じで好走は納得。ただアーモンドアイは次元が違った。この馬場で11.1辺りを使えてしまうようではちょっと相手が悪かったというほかない。この馬自身は多分11.7-11.8で我慢しているのでばてているわけではないんだが。やっぱり距離はもうちょっとあった方が良いかもしれんね。2000ぐらいで全体のペースを引き上げてどういう競馬ができるか見てみたいね。


3着カシアス


 11番枠から好発、そこからじわっと出して行きつつ最初は内の様子を見ていたが、内の各馬がペースをコントロールするので思い切って途中でハナを奪う選択。折り合いながら3角でも仕掛けを待ちつつ、4角で競ってきたツヅミモンに合わせてじわっと仕掛けて直線。序盤で外のツヅミモンにスッと出られて苦しいがそこからしぶとく食らいついてツヅミモンとはそう差のない3着に粘りこんだ。


 牡牝の差があるのでそれを除いて1kg重い状況で踏ん張っての3着は結構立派。ラップ推移的にもラストはほとんど落としていないと思うし、この馬場でしっかりと踏ん張れたのだからある程度距離への融通は利きそう。ただ言うまでもないがアーモンドアイとの差は歴然としているし、1800も何とか許容範囲という感じぐらいだと思う。マイルならトップスピード戦の方が良いかもしれんし理想は1400仮名とは思うけどね。キンシャサの仔は基本的には1400ベストと思っていくのが無難だと思う。一番前に行って仕掛けを待てたというのもファインプレーだった感はあるし。


4着ファストアプローチ


 2番枠から出負けして後方からになったし、行き脚もイマイチで促しているにもかかわらず序盤からリカバーできずに後方。道中も緩めの流れで中団の内内で進めて3角。3~4角でも3列目の内内で我慢しながら、4角でベルガドの直後を取って直線で最内。序盤でそこから最内を突くが反応は地味でまだ2列目の一角、前とは少し離される。L1でも脚を使わずの4着完敗だった。


 ミルコも正月ボケしてんのかな。まあ出負けして内でリカバーしようとしてというのはある程度分からんでもないし、前2頭も内目を通しているから出負けしたという前提での選択としては悪くない。そもそも行き脚も微妙だったからね…。動き自体は良く見せたんだけど、本来良かった前半のポジショニングがここまでマイナスに作用してしまうと難しいね…。道悪適性自体は悪くは無かったと思うけどあの位置で前も落とさないでってなると…。アーモンドアイが異常だった感じ。


5着カフジバンガード


 9番枠から出負けして後方からの競馬、道中も後方馬群の中で進めて折り合って3角。3~4角でも後方内内で我慢、4角でも内目で進路が無い状況で直線。序盤で後方中目から追いだされるが伸びは地味。L1でもジリジリとは伸びてくるが最後までそれがジリジリと、という感じでファストアプローチとの差は少し詰めたが5着までだった。


 まああの位置になってしまっては…という感じ。最序盤でちょっと下げ過ぎた感じはあるんだけど、馬場が重かったのは間違いないから難しい選択ではあった。3~4角で内というところに拘っていたので一応出遅れたなりにアイデアを作ってはいたと思う。それでも結果的にあの位置で前を向けない状況で、前が加速している中でそれ以上の脚を使うってのは難しい。アーモンドアイが伸びすぎたのでマヒしがちだけど、普通はこうなる。


6着スターリーステージ


 1番枠から五分のスタート、そこからある程度促して先行争いだが、最終的にはそこから下がって中団で進めていく。道中も中団馬群の中目で進めて3角。3~4角でも中団の中目で我慢しながら直線。序盤でブランモンストルの外に出して追い出されるが伸びない。ラストまでジリジリで良いところなくの6着完敗だった。


 まあ正直もうちょっとペースが速ければなあという感じはあったが、最序盤の行き脚もそこまでよくなかったし、馬場もかなり悪かったとは思うのでコントロールの意識が働いてしまったかな。個人的には逃げに拘っても良かったと思うんだけどね。どうしても後半勝負では分が悪い馬、多少リスクを背負っても前に行くべきだったと。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
京都新聞杯 2017 レース回顧・結果:プラチナムバレット、ドスローの流れで一閃…直線大外一気を決め込んだ!
noimage
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
noimage
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
中山金杯2018 レース回顧・結果:セダブリランテス、スローロンスパの流れを2列目外から正攻法で捻じ伏せた!
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
noimage
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
noimage
フォワ賞 2017 敗因分析・レース回顧:サトノダイヤモンド、馬場に泣いた可能性が高い…ペースはスローからのポテンシャル戦だったが…
中日新聞杯 2017 レース回顧・結果:メートルダール、外から最速地点の直線登り坂で鋭く伸びての完勝!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP