投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都金杯2018 出走予定馬:キョウヘイ、力の要る馬場でのバテ差しはインパクトあり、高速馬場でなければ注意

日程:2018年1月6日()
第56回 京都金杯(GIII) 京都芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
京都金杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 京都芝外1600mの重賞シンザン記念を制し、古馬のオープン特別でも善戦している実力馬キョウヘイが京都金杯に出走予定だ。昨年のちょうどこの時期にシンザン記念勝利を収めてからは勝ち切れないままここまで来た。ただハイレベルだった3歳マイル路線でも嵌れば強烈な末脚を見せてきた一頭、思い出の地で久々の勝利を味わえるか。


 まだ何とも言い難いが、マイルで軽い馬場だとポジション差でなかなか苦労してしまうかなと。スパッとは切れず、L1のバテ差しが基本の馬なのでそれが噛み合うかどうか。京都マイルはその辺りは噛み合いやすいと思うが、そういうタイプの強敵が多い。全体のペースが上がることと、少し時計がかかる馬場、という条件は欲しい。


シンザン記念(GIII) 1着 15頭5枠9番
京都芝外1600m重 1:37.6 47.1-50.5 H^3
12.1 - 11.0 - 11.4 - 12.6 - 12.4 - 12.8 - 12.7 - 12.6

 シンザン記念勝ちから振り返ろう。結構キャリアがある馬なのでかなり前になるが、重馬場で時計もかなり掛かっていた状況。ペースバランスも3.4で超ハイ、ラップ推移的にも後半は終始12秒台と消耗していた。前半のパワー型基礎スピードに特化したレベルの競馬となっている。


 9番枠から出遅れて最後方からの競馬となる。道中も最後方の内内で進めながら3角。3~4角でも最高峰の内内でロスなく立ち回って中団に取り付きながら直線。序盤でがっぽりとスペースが空いた中目を突いて好位列まで取り付く。L1では前にいたタイセイスターリーが外に寄れたので前が空いてそこを突き抜けての完勝だった。


 3~4角では最後方で最内、ロスを最小限にしつつ直線で捌けるか?というところでモーゼのごとく前が開いたというのは正直相当恵まれたな、という認識。まあもちろんここまで鮮やかに差し切れたという点ではそうで、仮に捌くのに少し手間取ったとしても勝負圏内に絡んでいたのは間違いないと思う。この馬としては前半の基礎スピードを問われる競馬、それもタフで時計がかかる状況でのものなので質的なものではなくペースバランスとして消耗戦に対応できるというレベルでのパワー型基礎スピードが高いレベルにあったというところだろう。出遅れて前半の猛ペースに巻き込まれなかったのも良かったと思うが、後半ここまで伸びてくるには前半の基礎スピードが無ければ難しい。


リゲルS(OP) 4着 13頭4枠4番
阪神芝外1600m良 1:33.5(+0.3) 47.0-46.2 S^1
12.5 - 11.0 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 11.1 - 11.1 - 11.9

 前走のリゲルSは年末にしてはかなりの高速状態での競馬となってしまった。ペースが0.8でややスロー、中盤少しコントロールされてそこからのL3最速タイで11.1。TS持続の側面が強いが前半の基礎スピードもある程度問われた。


 4番枠からやや出負けして無理はせずに後方内目で進めていく。道中も後方でグァンチャーレの後ろ、前のスペースを詰めながら3角に入っていく。3~4角でもグァンチャーレの後ろで進めて少し待たされつつ、4角で前が一気にペースアップ、最短距離で直線。序盤で中団の最内から追いだされるが伸びは地味。L1で前が減速する中で内からジリジリとは伸びているがあくまでジリジリの4着だった。


 レッドアンシェルにあっさり突き抜けられたのは物足りないが、やはり高速馬場でとなると前半の基礎スピード的にちょっと難しいところがあるのかなと。シンザン記念の場合はあの馬場で前があれだけ飛ばせば後半は3秒以上遅くなっている所にバテ差してきた。このレースだと最速ラップ11.1をL3-2で2F刻むことになるし、ここで優位性をなかなか作れずジリジリ。L1でのバテ差しといってもそこまで伸び切れなかったのは前が11.9でまとめてきていたというところはある。良馬場で速いラップを要求されると質的に足りないし、かといってマイルの距離だと前半で良い位置を取るのはなかなか難しい。


ポートアイランドS(OP) 3着 13頭8枠13番
阪神芝外1600m良 1:33.2(+0.2) 46.8-46.2 M
12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.9 - 11.7 - 11.0 - 11.5 - 12.0

 3走前のポートアイランドSは結構面白い競馬ができていた。個人的には早い段階で勢いにつけきってしまえばTS持続で減速地点に伸びてくるというイメージでいいんだろうとは思う。このレースは平均ペースだが終始12秒台を刻まず、L5-4-3と加速してのL3最速でL2-1でハッキリ減速している。この流れで上位では1頭だけ上がり33秒台に入っている。


 13番枠から出負けして後方からの競馬。道中も後方馬群の内内で進めて我慢、3~4角でも最内を立ち回りながら最後方列内で直線。序盤で最内に切って行って前が下がってくる中でジリジリと伸びる。L1で前がハッキリ減速したところを最後までばてずに伸びてきて2着を確保した。


 全体のペースが速かったのもあるが、やはり3角以降でもじわっと加速しながら入っていて、L3ノ4角地点最速で直線では減速しているというのもバテ差しが身上のこの馬としては大きかったと思う。リゲルSでも悪くはないんだが、あのペースでコントロールされてとなるとなかなか決定的に差し込むところまでは難しかった。ただポートアイランドSの方が相手関係的には楽だったと思うので、その点を踏まえるとどちらも大きな差はないかなと。いずれにせよ早めの仕掛けで前がばててきたところを差し込むのがこの馬のパターンで、速い脚を問われると最速地点でのキレでは見劣るので時計がかかった方が良い。


2018京都金杯に向けての展望

 馬場次第の側面が強い馬ではあるかな。前開催の京都を考えれば1か月ちょっとでいきなり高速馬場にというのはちょっと考えにくいし、秋の京都ぐらい時計がかかってくれればこの馬としては阪神2走からパフォーマンスを上げてくる可能性は高い。ただ阪神2走はいずれも最速地点で最短距離を通せているから今回もそういった展開、馬場が噛み合えば。京都だとL4の3角地点からの競馬になると思うのでその辺りは良い材料で、クルーガー辺りとの比較でどうかかな。レッドアンシェルには完敗を喫しているので、完全に良馬場でとなるとハイペースまで上がってこないと難しいと思う。この2頭は手強い、そのうえでリゲルSでロスがあったブラックムーン辺りとの比較でとみるとやはりなかなか手を出しづらいかなあ。重馬場まで行けば面白いと思うんだが、良馬場前提なら序列は下がるかな。3着ヒモで押さえるところまで。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 中山・京都金杯の鉄板3点勝負

 2017年中山・京都金杯もW的中の
 プロ集団が買い目を絞って勝負!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

12/17 阪神9R  5万1590円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中
12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中
12/3 中京12R 5万3170円的中
12/2 中京11R 19万6910円的中
11/26 ジャパンC 1万3340円的中
11/25 京都7R 1万4530円的中

中山・京都金杯の3点を見る方法
pngホースメン会議:金杯300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ナンヨープランタン、前走底知れぬ末脚は魅力も…ペースが上がって対応できるかは微妙
京都大賞典 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、これぐらいの距離が良さそう…京都記念を高く評価したい
中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
京都新聞杯 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、前走4角でも外から置かれず速い脚を繰り出し…ゲート課題も末脚は底知れず
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:アリア、初戦は何とか直線で捕えるも、コーナーでの動きに少し不満があり
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ビービーガウディ、前半ペースが上がってどうかも、2走前モズカッチャンに際どく食らいついた実力は評価
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイセイスターリー、出脚良くなり…基礎スピードを活かす競馬で勝負したい
セントライト記念 2017 出走予定馬:サンシロウ、新潟内回りで捌くのに苦労もラストは成長の証…相手強力も不気味さはある
アルテミスステークス 2017 出走予定馬:トーセンブレス、前走坂の上りでの強烈な加速は目を見張るが…完成度はかなり低く
札幌記念 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、馬場が悪いと不安も…良馬場なら条件は揃っているはず
小倉9R 小郡特別 予想:本命06アイファーヴリル
京都大賞典 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、デムーロに替わってどんな競馬をしてくるか?…京都の2400mで前半のペースと位置がカギとなりそう
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走2着馬は中京2歳Sでも2着の実力馬…完成度高く信頼しやすいか
AJCC2018 出走予定馬:ショウナンバッハ、なかなか圏内まで突っ込めないがパフォーマンスは上昇…ノってる戸崎であと一伸びとなるか?
小倉10R 天草特別 予想:本命06タガノアンピール
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP