投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フェアリーステークス2018 出走予定馬:テトラドラクマ、ここ2走はかなり高いレベル…基礎スピード高く前半ある程度引き上げたい

日程2018年1月7日()
第34回 フェアリーステークス(GIII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
フェアリーステークス2018の予想用・出走予定馬一覧

 3戦目での勝ち上りと少し時間を要したが、その勝ちっぷりが圧巻だったテトラドラクマがフェアリーステークスに出走予定だ。マイルに延長し2戦目での勝利だが、ペースを引き上げながら後半長く脚を使って突き抜けた前走は強烈そのものだった。ようやく素質を見出した感、後は中山マイルでそれを引き出せるかどうか。


 面白いなと感じる馬が多いがその中でも見劣らない。特に前走のラップ推移はなかなかのインパクトで、融通が利きやすそうな感じ。


未勝利 2着 13頭6枠9番
東京芝1600m良 1:34.2(+クビ差) 47.9-46.3 S^2
12.6 - 11.3 - 12.0 - 12.0 - 12.2 - 11.2 - 11.3 - 11.6

 新馬戦は1200m戦でついていけずの大敗。そこからマイルに延長して2着となった未勝利戦から見ていく。相手はプリモシーン、ペースは1.6でかなりのスローに突入、そこからのL3最速でTS持続に近い競馬。


 9番枠からまずまずのスタートを切ってそこから様子を見ながら楽に先行、コントロールして2列目の中目に入っていく。やはり距離延長もあって少し折り合い面での課題は見せ、ブレーキしながら3角。3~4角で中弛みの地点で2列目の中目でジッと我慢、4角では徐々にポジションを上げて先頭列に並びかけて直線に入ってくる。序盤で楽な手ごたえで仕掛けを待っていたがそうこうしているうちに外から一気にプリモシーンに来られてしまってそこからの仕掛け。ラストまで踏ん張って抵抗していたが最後は交わされてしまった。


 まあ仕掛けは待っていたと思うけどそれでもL3最速なので脚を出し切る形になっているからそういう競馬ではちょっと難しかったかも?というところ。ただ逆に末脚勝負のウエイトが高い中でこれだけやれたというのは結構驚きではある。折り合い面はともかくとして減速からの再加速が結構楽にできていたし長く脚を使ってきた。コントロールできれば距離にはある程度融通が利くと思う。


未勝利 1着 18頭6枠12番
東京芝1600m良 1:33.9 46.7-47.2 M
12.6 - 10.8 - 11.3 - 12.0 - 12.4 - 11.7 - 11.6 - 11.5

 個人的には前走でパフォーマンスを大幅に上げてきたと思っている。このレースは時計的にはかなり速いがそれだけではなくポイントはやはりラップ推移。ペースを引き上げた前半、中盤で息を入れて再加速するがトップスピード戦ではない、その流れでL1最速を刻んでいるというのはちょっと信じられないレベル。ポテンシャルはかなり高いレベルにあると思うし、しかもそれをペースを引き上げたうえで使えるというのが味噌だろう。


 12番枠から好発、そこから前半無理はせずに進めて先頭列争いに巻き込まれる。そこから控えて2列目で進めていくという感じ。ただ3角手前でようやく壁を作れたがそこまでは壁が無い状況で折り合いはこなしてきた。3~4角の減速で2列目の中目に近い位置で仕掛けを待つ形。4角でそこからスッと外に出して楽な感じで直線。序盤で半馬身ちょっとの差があるが軽く促す程度で楽に先頭。そこからL2の坂の上りでは後続も食らいついていたがL1で鞭を入れて後続に対して差を広げての圧勝だった。


 スパッと切れたわけじゃないが、このペースで後半3Fにかけて加速ラップを楽に踏んでくるというのは驚き。厳しい流れに持ち込んでしまった方が良いタイプだろうと思う。基礎スピードもこの時点で46秒台に入ってきて余力を持ってまとめてきているわけだし、かなり高いレベルにある。


2018フェアリーステークスに向けての展望

 ここ2戦を見ると適性の差を踏まえればプリモシーンとの差は逆転可能。色々な要素から考えれば本命候補の一頭になるかな。血統的にはルーラーシップ×ファルブラヴで母母父にサンデーはいるが色は薄い。ファルブラヴは父とBMSとしてでは結構色が違うイメージで、母父としてならハープスターがわかりやすいが、結構トップスピードタイプの馬を引き出しやすいイメージだ。ただし、この馬に関しては今のところは基礎スピードが強く出ている印象で、極端な上がり勝負よりは全体で厳しい流れに持ち込むことで良さが出ると思う。それと、緩めてからの再加速はできていてギアチェンジもそこそこは上手いし使える脚も長い、ポテンシャルでも高いレベルで未知数なので距離の融通も結構利くだろうと。正直言って化ける可能性は一番高いと思う。ただ、乗り手のバランス感覚が重要なタイプだと思うし、折り合いも3戦目である程度解消してきたがやや不安はある。怖がってペースを落とすと後半型の馬にやられる可能性は高くなるわけで、中山マイルでむしろ少しハイでもいいや、というぐらいの感じでレースを作ってほしいかな。適性・パフォーマンスから総合的に見れば有力馬の中ではこの馬が一番だと今の段階では思っている。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【東西金杯・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03
pngうまスクエア:金杯100_60

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:コウソクストレート、1400mへの短縮も厳しい流れに対応できるか
中京記念 2017 出走予定馬:マイネルアウラート、昨年は殿負けも直線での不利…基礎スピードを活かして縦長で仕掛けを待ちたい
エルムステークス 2017 出走予定馬:クリノスターオー、最後は踏ん張るもコーナーでは置かれる癖…いい位置を取れるかが重要
日経新春杯2018 出走予定馬:ソールインパクト、トップスピード戦では甘く…54kgを活かし前目からしぶとさで勝負したい
毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:トウケイタイガー、園田の星が中央に殴り込み、主導権を取って快挙となるか
東海ステークス2018 出走予定馬:アスカノロマン、中京で高いパフォーマンスも…今は昔、近走の内容を冷徹に判断したい
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミッキークイーン、素材は勿論一流…勝ち切るなら末脚を出し切ってほしい
富士ステークス 2017 出走予定馬:ブラックムーン、嵌った時の破壊力は確かも…出負け癖、二の足遅く噛み合わないと
エプソムカップ 2017 出走予定馬:アストラエンブレム、切れ味は非凡、別定戦で逆転可能もスローの上がり勝負が理想
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:アルバート、58.5kgも出し切れれば1枚上…ギアチェンジが難で上手く進路を作って行けるかがポイント
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:グランシルク、マイルでも安定感は抜群だが…噛み合えば勝ち切れてもいいはず
富士ステークス 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ラストは甘いが瞬時の反応はトップクラスの器用な馬
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、善戦の域を出ない実力馬…器用さはアリ、前目を取れれば怖さはあるが
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP